アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 26日

とホホな野球観戦 ブレーブス・カワカミ偏

日曜午後の対シンシナティー・レッズ戦.

カワカミ先発ゆうことで
他の用事何も入れずテレビの前で
構えとったんじゃが・・・。

e0034987_2283822.jpg


この表情が全てを語る・・・・。

4回に入るまではノーヒット・ピッチング、
一回は死球与えていきなりブーイング出てましたが (笑)
ま、敵地じゃけえしょうがない。

4回に打たれた2ランHRで崩れてしまいました。
結局8失点で降板。
(中日時代にもこんな失点出したことあるんかいな??)

その上今まで川上をリードしていたキャッチャーは
先週から故障者リストに入ってまったので
ミスコミュニケーションもあったんかも。

それでもブレーブス監督、ボビー・コックスからは
ねぎらいの言葉が。

"I thought he pitched good for three innings,
real good,"

Braves manager Bobby Cox said.
"Then he started getting his offspeed stuff up a little bit
and his fastballs, and he got hit."

(公式サイトより抜粋)

おお~ボビーは実にいいおじいちゃんじゃ。

サムによると、この監督は昔から、
よく頑張る選手にはたとえ成績悪かろうが、
チャンスを与え続ける主義。

逆に努力を怠る選手は厳しくあたり、
時には落とす。

らしく ボビーは川上のこと、
入団当初から気に入っておるようなので、
今からも先発投手として使っていくこと間違いなし。

それでもファンの反応は賛否両論のようです。
ファン・フォーラムなぞ読んでくとがっかりしそうなので
避けてはおりますが (小心者と呼んでくれ・・・笑)。

そして口の悪いサムは・・・
“また日本人がトラブルもたらしてくれたわい・・・”

おい、「また」とはなんじゃ、またとは。
もう無視に限る。

とにかく
また幸運に見放されてしまった川上君。

ワタシがそばにおったら肩なぞポン、っと
叩いてあげたいもんだ。



e0034987_2236275.jpg


彼の名前入りグローブがテレビでズーム・イン。

まあブレーブスの連勝は止まってしまったが、

今日の元気の元はなんてったって、
カープ対阪神で始球式が死球式になったこと。(笑)


e0034987_22564594.jpg

Sanspo.com

ユニコーンのメンバー、やってくれました。お見事!
ほんまにカープのサイン通りじゃったりしてね (笑)

そして中国新聞さんのこの文章、

「EBIさんが投手を務め、
奥田民生さんら4人は内野の守備位置へ。
大声援の中、投じた球は阪神の1番打者、
赤星憲広選手の尻を直撃した
。」

こういう事がマジメに記述してあり実に笑える。
鼻からコーヒーでるとこだったぞ...
朝っぱらからツボにはまったわい。

この「尻を直撃」記事のおかげで
ブレーブス敗戦も乗り切れそうだ。

中国新聞、いいねぇ~ (笑)。

by Godeepsouth | 2009-04-26 21:00 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< テレビの前で絶叫!      春の光景ど田舎バージョン >>