2009年 11月 04日

アトランタ遠征レポより~キング牧師ゆかりの地を訪ねてみる


もう随分おそうなりましたが

最近ド田舎ネタばかりで
さすがに私も飽きてきたので(笑)

今日は先月のブレーブス観戦がてら
アトランタ観光した際のレポ、お届けしたい思います。
(すぐに載せるはずがずるずる・・)


今回のスポット

e0034987_3234543.jpg


もうこの通りに入ったとたん独自の雰囲気に
(Auburn Avenue)


南部の歴史、いやアメリカの近代史を
変えたといっても過言では無いであろうキング牧師ですが


彼が歴史の表舞台に登場する前に
「活動」していた場所をまわってみました。


この歴史的重要なスポットを巡ることができたのも
 

自称「アトランタを知り尽くした男」、
チャールズおじさん(写真右)のおかげ。


e0034987_3251025.jpg


こう見えても孫が今年大学卒業したそうな・・・何じゃこの若さは。


実はかなり怪しい裏道も通ったのですが
カメラを回す勇気が無くてですねえ (変に小心者)

ほんまにチャールズおじさんおらにゃあ
絶対入れんであろうストーリート歩いた時はドキドキもん。


ダウンタウン周辺には
近寄れん地帯がまだたくさんあるようです。

(建物一階の窓は全て木の板でふさがれておったり・・・おーこわ)


メインストリートは観光地でもあり
綺麗に整備されておりました。


e0034987_3283585.jpg


これはキング牧師の教会


e0034987_3293141.jpg


実際にこの場所で説教や演説行っておられたそうです。


そのとなりにはお墓が。

数年前に亡くなられた奥様の名前も刻まれております。


e0034987_330265.jpg



また凄い3人組を登場させてみました。
チャールズおじさんは鼻ふきふき


e0034987_3344817.jpg


都会のど真ん中なのに静かで神聖なる場所でした。


e0034987_3353338.jpg



その向かいにあるのが
Martin Luther King Jr. 記念館


e0034987_3393468.jpg


ミュージアムの入場料はタダ(寄付制)で
写真撮影もOKでした。

っというわけで記念撮影(?)
リアルに復元されたおじいちゃんと手を繋ぎ。


e0034987_3402754.jpg


こういうフィギュアは蝋人形というのでしょうか?

(しかし蝋人形ゆうたらどうも聖飢魔Ⅱを連想してしまう 笑)


一緒に同行したナバホ・インディアンのラリーおじさん、

インディアン迫害の歴史と重ね合わせずにはおれんかったらしいです。

来て良かった連発しておりました。


e0034987_471113.jpg


こういう大切な場所に別々の人種同士で来れた、

ゆうのにも何だか無感量でございました。

今では皆普通に友達でおれる事が
あの当時は存在せんかったけえねえ。


何だか久々勉強したくなってきたなあ~
(言うは容易い)




さあ久々マジメな事述べた後にこんな
画像載せるのもちいとアレですが・・

昨日のフットボールTV 観戦より、

まだハロウィン気分から抜けきれん大人達を。


e0034987_342573.jpg



e0034987_350693.jpg


解説者まで・・


e0034987_3434832.jpg


まあおいらのチーム(Saints)のファンは

派手な被り物で試合観戦するのが普通になっとりまして。。
(いつかワタシも)


しかし凄い気合の入り方・・・


e0034987_34530100.jpg


後ろの人は迷惑じゃないかい?



e0034987_3462828.jpg


そのままでトイレとかにも行くんじゃろか。


こ、このサングラス欲しい!
(手作り出来そ)


e0034987_3473875.jpg


最後はクオーターバック同士の
汗ばんだ熱い抱擁で


e0034987_3484313.jpg


ニタニタしながら退散じゃ





ぶろぐ村・海外日本人ぶろぐ

by Godeepsouth | 2009-11-04 04:00 | ド田舎ならではネタ | Comments(4)
Commented by ドライチ at 2009-11-04 08:03 x
趣の異なる風景が多々あって、魅力的な街ですね。
なんとしても一度、行ってみたい!と強く思いました。
できれば野球シーズンに行きたいのですが、
年末年始しか長い休みを取れないのが悩みです…。

ちなみに、アメリカで行ったことがあるのはニューヨークと
サンフランシスコとロサンゼルスとシカゴですが、いずれも
プライベート旅行ではないのが悲しいです(苦笑)。

<PS>
「右腕のしなり」……いろんな解釈があると思いますが
基本的に、右肘が先行してから右上腕が遅れて出てくる
状態ですね。「ムチのようにしなる」とも言います。
映像の36秒あたりで静止すると、よく分かると思います。
Commented by tomolin at 2009-11-04 09:39 x
キング牧師の記念館は時間がなくて行けませんでしたが、Jenniさんのブログで行った気分になれました!アトランタはかなり治安の悪い地域があると聞いていて、車で近くは通ったのですが、降りることもなく通り過ぎました。
今日のブログにあるように、昔ならこうして違う人種が肩を並べることもなく、また私自身も旅行することもなかったのですから。時の流れと平和のありがたさを感じます。
Commented by Godeepsouth at 2009-11-04 23:25
ドライチ様~ 分かりやすい説明どうも有難うございます!
ムチのように、と聞いてなるほど納得しながらまた動画観てみました。

もっと長いこと撮るべきじゃった、と今更後悔ですが。
上から観るのもまた新鮮でよかったです。
ナマで観れるとなおさら 笑

あの日の憲伸君はホンマ楽しそうにしておってですね~
試合前もブルペンでは終始ニコニコ。
なんだかメジャーを満喫しとるのが分かるようでこっちも安心しました。
もしかしたらメジャーの方が合っとるのかも?
(日本時代の事ほとんど知らんモノが偉そげに失礼・・)

ドライチ様はアメリカのあらゆる大都市を
訪問されてるんですね! 仕事とはいえ何だか羨ましいです。

ワタシも何年か前にシカゴ出張ありましたが10月初めとは言え
しゃれんならん寒さに参りました。
その分酒で自家発電を促しましたが(笑)

しかし年末しか休み取れないってのも過酷ですなあ
野球観戦バケーション、いつか取れるといいですよね~!

Commented by Godeepsouth at 2009-11-04 23:27
Tomolin 様!あの場所はワタシも初めてだったので
ほんまに貴重なひと時でした。やはり南部に住んどるからには
一度行っておきたかった場所でして。

ただあの通りを少しでも外れるとかなり怪しい感じになるので
(道端に居座る人らの目の焦点が合ってなかったりとか)
カメラは出さない方がいいと判断しました。
車に戻ってからも怪しいエリア走った際はけっこう緊張しましたよ~

やはり色々な人種が共存するこの国では未だに
Racial Tension 、存在するのが現状ですが
これはアメリカに限らずですよね。

そもそも人種が違うといえど
体内の構造は皆同じなのにねえ~とか思ってしまいます。

名前
URL
削除用パスワード


<< 鹿狩りシーズン今季第一号ホーム...      犬に「散歩」されてみた & 川... >>