アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 29日

裏庭の萌えチビ猫アップデート


裏口で固まる
4つのフワフワ

e0034987_5341420.jpg

黒いの2匹
白黒2匹

e0034987_5345824.jpg

それが

3匹なっちまった・・

e0034987_5351635.jpg

一番毛ェフワフワして
おっきく見えた黒いチビ雄が

今週始め、
放し飼いされたどっかの犬にやられ.. 泣

e0034987_5354148.jpg

少し離れた路上におった。身動きひとつせず


また
守ってあげられんかった

お母ちゃんを許しておくれ

e0034987_536886.jpg

悔しゅうて
自分のライフルに弾入れた。
(威嚇用)


まぁ4匹とも
自分でウンチ出来るくらい
無事に成長してくれたんは

e0034987_537187.jpg

今までになかった事じゃけ

それだけでも
有難い思わにゃいけんのよね。

e0034987_5373581.jpg

(眠気と戦うチビ3匹♥)


お前さんたちは
ずっとずっと

e0034987_537581.jpg

無事でおらにゃいけんよ。

(そばおって欲しいんよ)

e0034987_5383013.jpg

ああ
皆ウトウト。きゅ~ん

e0034987_539129.jpg

そんな
ほろ苦気分で迎えた週明けでしたが

プレーオフ進出決めて以来
加速し続けるブレーブスに

e0034987_5393344.jpg

止まらん祝杯☆

カープがトホホじゃけ
まぁ呑ませてぇや。

e0034987_540188.jpg

そして今夜は本拠地にて

チッパー様を称える記念セレモニーが!
(立ち見席オンリーじゃとか)

e0034987_5401558.jpg

もちろん
仕事なんて早々に切り上げました。

(ゆうかサボっ・・ふひひ)

e0034987_5403050.jpg

さ、セレモニーにそなえて
ガハハ

こういう缶はねぇ

e0034987_540421.jpg

開ける寸前に一度ひっくり返したら
シュワシュワ泡立つんよ。

(どうでもええ裏ワザ)



にほんブログ村 アメリカ南部へ飛びま~す

by godeepsouth | 2012-09-29 05:44 | 癒しの4本足 | Comments(8)
Commented by hikaludesign at 2012-09-29 12:09
子猫の写真は、ダメですね見るとめげますわ。
モニターの前で気色の悪いおおさんになってますよ。
「眠たいでちゅか〜。ウトウトでちゅね〜。」って
父性が芽生えますわ。
 
Commented by tuguki2964 at 2012-09-29 14:06
最近、道端で、野良と思われる猫を見かけるだけで...ウルウル。
みんな、幸せに暮らしてくれよ~~! と、祈るような気持ちになります。

夭折したふわ黒チビちゃん。
哀しいけど、でも、短い猫生を愛情深いじぇに~さんの元で過ごせただけでも幸せだったと思います。
Commented by kaneniwa at 2012-09-30 01:35
気のせいでしょうか?
黒ネコちゃんと白黒ネコちゃんの黒い色が、
アリゾナくんの黒である気がします。

BYマーヒー
Commented by godeepsouth at 2012-09-30 01:51

ツキノワグマ様! 私も子猫話しかける自分の声に
思いっきりドン引きしょうりますよ。
こんなキモい中年の声は
ぜったい世間に晒しとうないです。
(でもやめられん.. )

ツキノワグマ様が
「眠たいでちゅかぁ」なんてゆうちゃった日にゃ
ぜったい萌え~なります。

いつの日かゆうて下さい♫ 私に。笑


Commented by godeepsouth at 2012-09-30 01:52
Tugukiさま!わぁぁ
ウルウルきそうなお言葉感謝です!
ほんま突然の別れほど
虚しい事無いですよね~
自分ではどうにもならん出来事じゃと余計に。

今回は4匹とも皆順調に育ってくれよったけえ
今までこんな事無かったなぁ
って安心しよった矢先のお別れで・・

ほんまこの村で外猫として生き延びる事が
いかに大変か、思い知らされたですよ。

ふわ黒くん兄弟達の無事を
毎日確認できる瞬間に
感謝の日々でございます☆

Commented by godeepsouth at 2012-09-30 01:52

マーヒー様! 
この子猫達が生まれたのは
アリゾナ君召された2日後じゃった、
っていう偶然のタイミングを考えると
やはり気のせい、以上のモノ感じますよ☆

フロントポーチで
裏の猫ニャンを外敵から守ってくれた
アリゾナ君でしたが
彼の代わりになるような犬
いつか来てくれるかな・・


Commented by まき at 2012-10-01 18:37 x
防ぎようのない突然の別れほど辛いことはないですね。
だけど、じぇにーさんの愛情を全身で感じていただろうから、
深い一生だったはずです。
そんなチビちゃんの生涯を、奈良から見守れてよかったと思います。

みんな元気に育っておくれよ~
Commented by Godeepsouth at 2012-10-01 23:14

まき様!ほんまこればかりは
しょうが無い、とは思うですが
まだ生まれて6週間のちいちゃい無抵抗の子狙うってのに
行き場の無い怒り、久々味わいましたよ。

これも自然界の掟として受け止めにゃいけん思うのですが
なんとも虚しい話ですよね・・
せめて自力で生活出来るまでは
ずーっと見守ったげたかったです。

この村におる限り
出会いと別れのエピソードが尽きんって事を
肝に銘じながら残りのチビ猫ニャン、
思いっきり甘やかそうっと♪

いつも見守って頂き感謝です☆

名前
URL
削除用パスワード


<< 中年のニッポン遠征記~癒しの鈍...      中年の西部遠征紀~ルート66と... >>