アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 07日

アリゾナ古代浪漫の旅~新たな探検お姉ちゃん

久々
古代の洞窟にタイムスリップじゃ

e0034987_282368.jpg

人がやっと入れるくらいの
空洞を発見した我々中年探検隊

うんちんぐスタイルで侵入。
(スクワット言えですか)

e0034987_294664.jpg

赤パン見えとるでおっさん。

まさかこのパンチラが
日本へ勝手に発信されとるたぁ
思いもせんじゃろう。ガハハ

e0034987_2104598.jpg

狭い入り口の中は
プライベート部屋みたいなっとるけ

ここで
ムフフな事が営まれたのでしょうか。

e0034987_2123293.jpg

休憩も一泊も可。いやん♡ 


狭い空洞を出ると

e0034987_2125957.jpg

うおお

ここにもあるで意味深な壁画!

e0034987_214369.jpg

これもシンディおばさん曰く
生と死を意味しとるとの事。

言われてみれば
ジワジワ伝わって来るんよ古代の息吹

e0034987_2143592.jpg

蛇みたいなんおるが
何を意味するんじゃろうか。

次々に遭遇するミステリーに
取り憑かれたように硬直しよると

e0034987_215535.jpg

背後から
何やらガサガサ足音

うおお!
こんな秘境に駆けつけてくれた探検仲間こそ

e0034987_2154685.jpg

シンディおばさんの孫19歳(ああ名前忘れた‥)
そして4本脚の荷物持ち。

若いのに近くのNational Parkで
馬乗りレンジャーしとってらしい。

e0034987_2162180.jpg

もちろん砂漠で生まれ育った秘境のプロ。
キャーお姉ちゃんバリかっこええ!

(顔チラ見せは後でじゃ)

こうして新たな助っ人を迎えた
我々の秘境探検、

e0034987_2172596.jpg

ここから一番過酷な
灼熱トレイルへと挑むわけではあるが

相変わらず
水の残り気になってビクビク

e0034987_2184284.jpg

 もつんかいな。神様

(続く



にほんブログ村 海外生活ブログへ飛びま~す

by Godeepsouth | 2013-03-07 02:22 | 中年の西部探検 | Comments(13)
Commented by kaneniwa at 2013-03-07 02:38
あああ、水が気にかかる!
(助かったんだってばぁ)

そして、孫娘、振り向いてくれるのかどうか、
そこんところも気になって仕方がない!

BYマーヒー
Commented by Godeepsouth at 2013-03-07 03:20
マーヒー様!わはは、
ナイス自己突っ込み♪ 
た、確かに助かったワケじゃけども
久々味わう危機感に
暑さと乾きでぶっ倒れる人の
気分がよう分かったようなです。
実際倒れる事までには至らんかったですが
(おっとネタバレしちまいそ)

孫お姉ちゃん、
ナバホ系混じってらっしゃるようで
かなりのべっぴn
(おっとバラすんここまでにしとこ笑

Commented by Godeepsouth at 2013-03-07 03:22
訂正: ナバホ系じゃなしにラテン系じゃったかな。
いずれも若さ弾ける
べっぴ‥ 


Commented by getteng at 2013-03-07 08:45
じぇに-さん
ここは古代の葬儀場だったのかもわかりませんね。
掘れば人骨等が出て来るのではないでしょうか。
明日は黄砂が押し寄せるそうで、家の中に籠ります。
Commented by tuguki2964 at 2013-03-07 15:31
ぷぷっ。
たしかに~~!
無事生還したからこそこのブログがあるんですよね。
でも、砂漠で水の残量が気になりだしたら、ほんと、死活問題まで考えちゃうのはたしか。
特に...前夜飲み過ぎて二日酔い気味だったりしたら、渇きにもだえる率も数倍アップ!
Commented by Godeepsouth at 2013-03-07 23:45
Gettengさま!もしかしたら
葬儀場じゃったんかもしれんですよね。
真っ暗じゃったけ
部屋の中ちゃんと確認出来んかったのが悔やまれます。
次回は骨発掘できるよう頑張ります☆

黄砂体験した覚え無いのですが
かなり迷惑な現象なんでしょうね‥

Commented by Godeepsouth at 2013-03-07 23:46
Tugukiさま!そ、そうなんですよ。
今じゃけぇ笑い飛ばしながら語れるですが
あん時は久々ピンチ!いうの感じたですよ。

もうここでぶっ倒れる覚悟までしておった程ですけ
ほんま砂漠を舐めちゃいけん、思うたです。
砂漠のプロでもあるシンディおばちゃんと
孫娘さまがいかにタフか、
ゆうのに感心させられたですよ。
二日酔い時では
絶対挑戦したくないトレイルでしょうねぇ(苦笑

Commented by dranino at 2013-03-08 08:35
水の残量が残りわずか・・・。(>_<)
車のガソリンランプが点灯した
状態で走ってる感じですかね?
ヒヤヒヤです。(^_^;)

ワンちゃん、荷物を背負って
えらいですね。(^-^)
名犬ですね。(^-^)
名犬ラッシー、流行りましたね。
あの当時、皆がラッシーを飼いたい
って思ってたはず。(^-^)
Commented by godeepsouth at 2013-03-08 11:32
draninoさま!いやぁまさに
ガス欠寸前状態じゃったですよ。
まだまだ古代壁画に
シビれとりたい一方
もうそろそろ引き返さんとヤバいなぁ
とも思い始め‥ 
今年はぜひリベンジ再訪せんといけんです。

名犬といえばラッシーですよよね。
おいらの頃は
フランダースの犬も流行っとりましたが
ストーリー思い出すたび
また鼻じゅる出そうなるけいけんわ(苦笑

Commented by すぱな at 2013-03-08 14:20 x
すんごいええ状態で残っとるね、壁画。
生と死かあ。
なんか切ないねえ。

それにしても、
若いオナゴは後姿がちがうね!後姿が!
歳とったら背中に肉がつくつく!
Commented by hikaludesign at 2013-03-08 16:14
うーん。わしも何かしらメッセージを刻んでおかんといけんような気がして来ました…
廿日市の堤防に壁画描いとこ♪
働くワンがかわええです。あの黄色いバック、わしも似合うかね。
 
Commented by godeepsouth at 2013-03-08 23:54
すぱな様!ここまで保存状態エエと
1000年前に描かれたってのが
ほんま信じられんですよ。
やはりあまり知られとらん秘境なだけに
訪れる人も少ないけ
そのままの状態保たれたんかね。

ほんまピチピチ10代は違うな思うたですよ!
肌もツルツルでから
怪しい思われん程度にジーっと観察しょうったです。
背後から横から正面から(笑

Commented by godeepsouth at 2013-03-08 23:54
ツキノワグマ様! ぜひぜひ
何か刻まれてください。生きた証を(笑
私ゃ呉のお山のてっぺんに‥
(おっと、時効じゃけエエですよね。も消えとるじゃろうし)

ほんまあのワンちゃん、
タフでおりこうさんじゃったですよ。
過酷な探検じゃったですが
4本脚の存在には癒されたです。
黄色いバッグ、
ツキノワグマ様もぜーったいお似合いなハズ♪
ハイハイのポーズして頂けたら
背中に掛けて差し上げますよ☆ ぷぷ

名前
URL
削除用パスワード


<< 続)おっちゃんの絶品グリル@ ...      本格・外呑み集会☆へなちょこ助... >>