アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 01日

メジャー観戦 inアトランタ~試合前のブルペン覗き


ブルペン真横の席から
眺める呑んだくれエリア

e0034987_1542340.jpg

そもそも
この席にこだわったのも

e0034987_1552099.jpg

ブレーブス投手ら覗き見出来るけぇ♥

カメラ2台& ビール抱えて
へらへら構えよると

e0034987_1562099.jpg

おおお、いきなり
キャッチャーのMcCann君登場!

e0034987_1571049.jpg

心の準備しとりゃせんけぇ
当然ブレた。

e0034987_1572787.jpg

あああ
もうちょっとゆっくり歩いて~~

e0034987_1574064.jpg

でもこういう
乙女のドキドキ感たまらんね♡

グランドでは
先発Alex Woodくんの(画面右)
ユニークな投げも確認

e0034987_158329.jpg

ちいちゃ過ぎて見えんか。

金曜限定・スペシャル赤ユニ戦士達の
セクシーストレッちに脈拍活性化。

e0034987_158321.jpg

鮮やかな芝に映える
赤ってやっぱエエね。

ムンムン戦士らの戯れに見とれよると

e0034987_1593911.jpg

うおおおお
試合前の本格ブルペンセッション
始まっとるで!

e0034987_20650.jpg

至近距離にまで迫ったAlex君に

またも焦って
あ~あブレまくりじゃ。

e0034987_205627.jpg

彼の個性的な投げモーション、
徹底的に撮ろうしたのに

片手にビールじゃけ
携帯滑らせて落としそうなるわ、

e0034987_211154.jpg

とっさにデジカメ掴んだ際
設定狂わせてしもうたり。わや

(あくまでもカメラのせい汗)

e0034987_21476.jpg

ああ
見えそで見えんこのもどかしさ。

e0034987_215799.jpg

それでも赤ユニAlex君が
手の届きそうな距離おるだけで

乙女のドキドキMAX☆ きゃー

e0034987_221417.jpg

7~8分程度のブルペンセッションでしたが

e0034987_241246.jpg

これ以上贅沢な
酒のつまみあるでしょうか..

e0034987_225239.jpg

ちなみに国歌斉唱時は
選手らも皆起立して

星条旗のほう向いてらっしゃいました。

e0034987_23479.jpg

その後もニヒルな投手コーチが
嬉しいファンサービス♪

e0034987_244989.jpg

お茶目なブルペンコーチは(左)
応援アイテムで遊びよってじゃし。

e0034987_25522.jpg

そしたら仲良しブルペン組が
「わしにもくれ~や」

てカワイくおねだり。

e0034987_254133.jpg

アイラブ・ブルペン覗き♥

投手らも
快くサインしてくれてじゃし。

e0034987_26456.jpg

あの席いつも狙っとるんじゃけど
なかなか取れんのよ。当然か

e0034987_262812.jpg

先発オーダーアナウンスで

ブライス・ハーパーの名前読まれた際
湧きおった大ブーイング、

e0034987_28498.jpg

素敵すぎてちびりそうなりました。

そして色男
Chris Johnson様の名前
アナウンスされた際の桃色声援♡

e0034987_2113790.jpg

即トイレに駆け込みました。


そのクリス様、
ズームでようやくキャプチャ出来たのですが
ううぅブレとる。(右から二番目)

e0034987_2104542.jpg

オタク用高機能カメラの必要性を
痛いほど感じました。

さ、花火どっか~んと共に火蓋を切った
熾烈な闘い、

e0034987_212343.jpg

乙女の目にどう映ったのでしょうか
(ぷぷぷ)
ダラダラ続くで。

それにしても我ブレーブス、

e0034987_2131889.jpg

3連敗くらった後あっさり4連勝!

マジックも17なった思やぁ

e0034987_2134357.jpg

今日の時点で鼻血ナンバー!

e0034987_214427.jpg

8年ぶりとなる地区優勝へ
このまま独走?! ビールかけ? きゃー

e0034987_2141978.jpg

今週末からフットボールも開幕、

戦闘物資は整った。

e0034987_2145074.jpg

ガハハ



にほんブログ村 アメリカ南部へ飛びま~す

by godeepsouth | 2013-09-01 02:20 | 生観戦(野球&フットボール) | Comments(10)
Commented by getteng at 2013-09-01 06:51
じぇに-さん
優勝のビ-ルかけにはビキニ姿で参戦してください。
少々のちびりがあっても区別が付きませんので大丈夫です。
Commented by dranino at 2013-09-01 07:29
試合前のブルペンからサインして
くれるとは、、、(^.^)
さすが、メジャーリーガーじゃな~。(^-^)
日本のプロ野球でも、外国人助っ人選手
は、快くサインしてくれる選手が
多いなぁ~。(^.^)
日本人って、習慣で?試合前は、
練習、練習って感じで・・・。(*_*)

それでも、昔は広島市民球場のフェンスの
隙間から色紙出してドラゴンズの選手に
サイン書いてもらった思い出ありますよ。
(*^^*)
ファールグランドが狭かった市民球場
ならではかな?
選手との距離も近かったですよね。(*^^*)

Commented by kaneniwa at 2013-09-01 15:46
ブルペンという言葉の由来は複数あるみたいですが、
闘牛場の牛を囲っている柵という説がありますね。
名だたるメジャーリーグの強打者の前に
出ていく準備をするワクワクするような場所ですね。
闘牛というよりは、投手は闘牛士のような存在ですが。

ブレーブス優勝時の、このブログが楽しみです。

BYマーヒー
Commented at 2013-09-01 15:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tuguki2964 at 2013-09-01 16:48
ビールと携帯とデジカメと...。
ほんと。
こういう時って、なぜ、人間にはてが二本だけなんだ~~~! って、思いっきり思いますよね。
Commented by godeepsouth at 2013-09-02 01:32
Gettengさま!はい、優勝なんてなりゃ
ビキニどころか、興奮のあまりすっぽんぽん
なってしまやぁせんか心配です笑

でも原始に帰って真っ裸のまま
おもいっきり大地に
染み込ませてみたいですね。

Commented by godeepsouth at 2013-09-02 01:32
draninoさま!やっぱ
試合前サインしてくれるの
メジャーリーガーだけなんじゃね。
試合前の打撃練習でも
野手らが気軽にサイン応じとってじゃし。
こういうファンサービス、
プロ野球でも
気軽にしてくれればエエのにね。

確かに市民球場って
狭かったぶん
選手とより密着出来た感ありましたよね。
フェンスの隙間、ってのも
市民球場らしくて懐かしいです♪
更に昔は気軽にファンも乱入出来よったし。
あの頃のワイルドな思い出は尽きんですよね☆

Commented by godeepsouth at 2013-09-02 01:32
マーヒーさま!その闘牛場から
来た由来、聞いたことありますよ!

投球セッション追えた中継ぎ投手が
いざマウンドへ駆ける際、
ブルペンの扉がセキュリティによって開かれるのですが
それはまるで放たれた闘牛。

投手がキンブレルじゃと
まさにスター闘牛士ですよ☆
あの盛り上がり、
ぜひマーヒー様にも体感して頂きたいです。

優勝時、いかに狂った反応なるか
私も楽しみです笑

Commented by godeepsouth at 2013-09-02 01:32
鍵コメさま!
きゃーどうも有難うございますヾ(*´∀`)ノ
中年のぶっちゅー仕返し~♥ 

あっちで非公開にしとるのは
勝手な都合で(笑)
生まれた年オンリーですけバリバリ公開なっとりますよ♪
ただプロフィールはお友達にしか見えんように設定したけ
ちょっぴりプライベート倶楽部☆な感覚に
勝手に浸っております。

まぁ要は知られとう無い人に
見つからんよう逃げとるだけじゃけど(苦笑

そうそう、吉川晃司ニュース
きゅんきゅんしましたよ!
広島ピースナイターの様子観ると
あの街で生まれた偶然にしみじみ感謝しましたよ。

私がこっち来て以来
日本の夏は厳しさ増したみたいじゃけど
それでもやっぱり
夏の広島、またいつか体感したい思うんよ。
ほいで花火大会でナンパとかしてみたーい☆うへへ

Commented by godeepsouth at 2013-09-02 01:33
Tugukiさま!そうなんですよー☆
場が場じゃっただけにもう焦りまくって
うまい具合撮れとらんかったのが非常に残念です。

デジカメで動画も試したのですが
とっさに掴んだ際
押しちゃいけんボタン押してしまい
暴言寸止めに苦労しましたよ汗

やっぱ多少お金かけて
ぶれんカメラ購入したほうが
良さげな気がして参りました。 あ、常識でしたか^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 中年の秘境川下り探検~呑み始め編      西の果てから届いた絶叫サプライズ☆ >>