2013年 11月 09日

中年の紅葉作業ビフォア&アフター 


秋色に染まった
裏庭ビアガーデン

e0034987_15515.jpg

枯葉じゅうたんも
ピークを迎え

e0034987_1563952.jpg

踏みつけるたび
ワサワサパリパリ音するんが快感で

e0034987_1565264.jpg

おいらガキンチョ、

e0034987_1572640.jpg

走り回って遊びよるんよ。

(すぐに息切れが)

e0034987_1574040.jpg

ほいでも貧乏ヒマ無し。

枯葉シーズン恒例、
屋根登りをしなくては無りません。
(当然しらふじゃ)

e0034987_158045.jpg

そう、
溜まりに溜まった枯葉の除去作業。

e0034987_1585955.jpg

積もり過ぎると
雨降った際泥混じって

変な植物生えたりするんよ。
(得体の知れんキノコ)

e0034987_1593761.jpg

ありゃ、屋根まで付いてきよるんね。

このオチビちゃんまで

e0034987_1595572.jpg

オバちゃんの作業に
付きおうてくれるん♥

e0034987_23330.jpg

すぐもげそうな
しょぼいホウキで頑張ったわいや。

こうに
枯葉で覆われとったのが

e0034987_24321.jpg

あらスッキリ。

褒めて♡

e0034987_242887.jpg

この時点で汗ばんできたけ

(寒うてもちょっと動きゃ
すぐ汗出る困ったお年ごろ♥)

e0034987_252786.jpg

向こう側の箇所は
別の日にやるつもりじゃったけど
ついでじゃけぇ

e0034987_263849.jpg

こっちもやっちゃるで~
(作業後のビールを糧に)

ほいじゃが
うぅ、誰かビール持ってきてくれんかいの。

e0034987_273789.jpg

そんなブツブツ独り言しながらも

やれば出来た。
また褒めて♥

e0034987_28488.jpg

こうに努力した結果、
ハッキリ分かるのがエエね。
(自画自賛)

e0034987_28207.jpg

そりゃアンタぁ
自分の努力の賜物なんじゃけ

ずーっと眺めとりたいわいねぇ。

e0034987_284291.jpg

今でしか堪能出来ん
秋の彩りにしばし浸った後は

e0034987_285693.jpg

皆で愉しむ紅葉ビール。

近々屋根上での呑みも.. お叱り来るかな。

e0034987_291590.jpg

叱って♡ ふへへ


にほんブログ村 アメリカ南部へ飛びま~す

by godeepsouth | 2013-11-09 02:16 | ド田舎ならではネタ | Comments(9)
Commented by getteng at 2013-11-09 08:15 x
じぇに-さん
最近猫ちゃんまでビ-ルに付き合うようになりましたね。
ところで、屋根の枯葉を一瞬にして吹き飛ばす掃除機みたいなものなかったですか?
ジョ-ジアは田舎だから、そういうものは不要ですよね。
昨日、浅野の殿様の別邸・縮景園に行きましたが、紅葉の旬は月末から来月初めのようです。
昨日17:00付縮景園をご覧ください。
Commented by godeepsouth at 2013-11-09 23:29
Gettengさま!
はい、猫にゃんまでビール缶
ぺろぺろしょうります。未成年なのに(笑 
でもたまにはひとりで呑むより
賑やかなんもエエですよね♫ 

こちらにも木枯らし、のような強風くるんで
それで庭の枯葉一気に吹き飛んでくれよりますよ。
車庫の屋根は泥も溜まってしまうけ~
毎年上がらにゃいけんですが。
眺めええですよ。たまにちびりそうに‥

縮景園はあと数週間ですか、
じゃその際にも紅葉レポート宜しくです。
しかしあの池、
おぞましい量の鯉にたかられるんですね笑
Commented by kaneniwa at 2013-11-10 01:00
婚約中の妻 to be と一緒に、東京阿佐ヶ谷の神明神社の境内での
山下洋輔コンサートに行ったことがあります。
今頃の季節でした。
開演前から、隣にビールを豪快に飲んでいる
陽気なおばあさんが居ました。
隣になった私の 妻 to be をとても気に入ったようで、
その陽気な酔っぱらいおばあさんと仲良くしていました。
ただ、そのおばあさん、演奏中は静かにしているのですが
曲の合間に
「こらぁ洋輔!お前は墜ちたな!堕落したな!」
などと、プロ野球の野次のような言葉をJAZZの巨匠にむかって
平気で飛ばすのです。

陽気な人のいいおばあさんだと思ったら、何だか嫌だなぁ…
と思っていたら
「実は今日、この近くに住んでいる私の少年時代の
 ピアノの先生が来ているんだよね、何だかやりにくいなぁ」
とコメントしたのです。

(長いので続く)
Commented by kaneniwa at 2013-11-10 01:01
山下洋輔のそのコメントを聞きながら
隣でニヤニヤしているそのおばあちゃんこそ、星野さんという
まさにそのピアノの先生でした。
その時、風が吹いてきて境内に枯葉が舞い散り、
すると突然、山下洋輔は「枯葉」を演奏しだしました。
風が強い時にはフォルテシモ、
風が弱くなるとピアニシモ、
まさに自然に合わせた華麗な即興芸であり、
そんなことができるのは山下洋輔しかいません。
曲が終わった後
星野のおばあさんが野次とは違った静かな声で
「洋輔、今のは最高だった、成長したなぁ」
と言い、涙ぐんだのです。
そのいい余韻に浸り、私と妻 to beは、
何だかそれぞれの自宅に戻れなくなって
思わず井の頭公園沿いのラブホに入りました。

私の「枯葉」の思い出。

BYマーヒー
Commented by getteng at 2013-11-10 08:45
じぇに-さん
一時縮景園の池から錦鯉が消えてしまったことがありました。
よ~く見たら、ボラやチヌといった黒っぽい海の魚に占拠されていました。
京橋川とは続いている部分があり、海水が流れ込んでいるのです。
その時分はゴイサギなどの鳥も多く飛来しておりました。
これではいかんというので、これらを追い出し元に戻したという経緯があります。
Commented by godeepsouth at 2013-11-10 08:46
マーヒーさま!あはは、
貴重な枯葉エピソードありがとうございます!
JAZZの巨匠にまつわる
ほんにエエ話じゃのう、思うて
ふと和みよったとこでラブホのオチ。
目尻のシワ更に深ぁなりました笑

しかも夜の井の頭公園からラブホコース、
実に想像しやすいセッティングに笑ったです。
当時はまだ別々の場所に住んどっちゃったのですね。
素敵なひとときに酔いしれたとこで
あっさりおうちなんて帰れんですもんね。

文章ではお互いの合意、という事に
なっておりますが
実際ラブホへと誘導されたのは
やはりマーヒー様じゃったのですよね?
うへへ、いらん想像までしよりますがな^^; 

「枯葉」効果、恐るべし。
Commented by godeepsouth at 2013-11-10 08:55
Gettengさま!おぉ~
そういう状況じゃったのですね。
海水の混じった京橋川と
まさか繋がっておったとは!
あんなに鯉が密集するの見たこと無かったもんですけ
ビックらこいたですよ。
流川時代はあの辺りにも潜伏しとったけ
三越以外でも
すれ違っておったかもですね笑♪

ちなみに
酔っ払って潰れた際
京橋川に転落したのに
かすり傷程度で生還した
とんでも無い呑んだくれを思い出しました。
私はその人の次女です。
Commented by tuguki2964 at 2013-11-10 17:08
あっ、あの...。
じぇに~さんって次女なんですか~~!
アテクシ、まったくもって勝手な思い込みで、長女だとばかり思ってた~~!
あっ、きっと...。
じぇに~さんの言動のいさぎよさが、わが姉とシンクロする部分が多いゆえの錯覚ですね。
Commented by godeepsouth at 2013-11-11 00:45
Tugukiさま!あはは、そうなんんですよ。
おいら次女同士、て知った際は
余計に親しみ感UPしましたですけ☆
こちらで次女、ってったら
Rebelゆうイメージあるみたいですね。
長女はしっかりモノってイメージ、
うちでは全く存在しません(笑

潔さ、、ワタクシの場合ただ単に
計画性の無さ、なんですよ。
思いつき行動って
次女次男に共通するですかねぇ。
そんなですけ
つぐき様のお姉さまレベルには
程遠い、断言できますよ^^; 
名前
URL
削除用パスワード


<< 中年の川下り探検~やかましく完結編      ニューメキシコ州古代ロマンの旅... >>