アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 02月 28日

西部遠征記~砂漠の凸凹道で得た運転テクニック

灼熱の太陽による疲労で

中途半端に終わった遺跡探検

e0034987_425140.jpg

リベンジ再訪を誓い、
古代世界を後にした我々。

再び試練のオフロード突入

e0034987_464910.jpg

疲れた老体に
とどめを刺すガタガタ道、

少々ヤケ気味で
行きよりもスピードアップさせて
強行突破試みたんよ。

e0034987_454072.jpg

まぁデカいタイヤ付いとるけ
無謀な走り出来たんじゃろうが

これが帰って正解でした。

e0034987_4374921.jpg

凸凹道ゆっくりチビチビ行くと

揺れる衝動モロ受けするんじゃけど

e0034987_495163.jpg

スピード出だすと
ボコボコ部分とタイヤとの接触が縮まるぶん

身体への衝撃かなり和らいだんよ。
(分かるかな)
e0034987_4114043.jpg

おかげで行きに45分かかった
約18マイルの凸凹道、
帰りは30分以内で完走!

(もっと早くに気づけきゃ良かった)
e0034987_4131674.jpg

この嬉しい発見
さっそくナバホの友達に伝えたら
一言 「それ常識」

e0034987_4173254.jpg

ありゃ、さすが
砂漠を知り尽くしたナバホ・インディアン、

彼らの知識にはとうてい敵いません。

e0034987_416189.jpg

まぁ尻をくすぐる
ぷるぷる振動が快感なりよったし

e0034987_4181943.jpg

何かと面白かった
秘境オフロードから離れるのは
ちと寂しい気もしましたが

e0034987_418416.jpg

舗装された道路が見えた時は

さすがに安堵の奇声発したよ。

e0034987_419618.jpg

タイヤ破裂せんで良かった‥

e0034987_4192380.jpg

それだけに何も無い砂漠で

舗装された道路走れる有り難さ、
身に沁みました。

e0034987_421710.jpg

砂漠ゆうても当時は(7月)
モンスーンの影響で
かなり緑が多かったんよ。

e0034987_4231392.jpg

そんなナバホの大地を
延々と走っとりたい、本気で思いました。

e0034987_4254899.jpg

撮り専じゃいう言い訳で
ずっと助手席座っとれたけ余計に。
e0034987_426188.jpg

ほいじゃが
撮るほうも下手っぴなけ~やれん

これは実に悔しい一枚。

e0034987_426427.jpg

中年探検隊の珍道中、
まだ続くで。


さ、MLBオープン戦の開幕そして
我戦士らの始動を祝って
e0034987_429910.jpg

(色男クリス様婚約しやがった勝手に)

放課後の部活動。
e0034987_429401.jpg

毎日こじつけ呑み♡
フヒヒ


にほんブログ村 海外生活ブログへ飛びま~す

by godeepsouth | 2014-02-28 04:44 | 中年の西部探検 | Comments(6)
Commented at 2014-02-28 08:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaneniwa at 2014-02-28 11:19
舗装路はもちろん、舗装されていないオフロードもまた
「人の歩んだ跡がそうなった」
という感動を呼んでくれる写真です。
ロードムービー系ブログ、またのナバホ再訪を
楽しみにしております。

BYマーヒー
Commented by tuguki2964 at 2014-02-28 14:51
四駆の車でオフロードを走るのが趣味だった夫に付き合い、北関東と北海道の林道を走りまくった若かりし日々。
でっ、なんと、我新婚旅行は...。
オーストラリアのアウトバックを四駆の車で走り抜け、砂漠のど真ん中の、ちょ~~マイナーな (郵便すら週に1回しか届かないと言う...。) 南半球の天体観測だけが売りのダサダサリゾートを目指すと言う物でした。
なので...。
すみませんが、ナバホの民と同様...それは常識よ~~!

でも、今から4~5年前に、砂漠の真中で道に迷い、ほんとう~~~に “生命の危機” を感じて以来、わたしは “No more off-road!”を宣言。
さすがに奴も堪えたらしく、最近は、トレッキングの際の最後の数キロ意外は積極的に走らなくなりました。

こちら...。
http://tuguki3964.exblog.jp/9642896/
本気で死ぬかと思った砂漠旅行のお話です。
Commented by godeepsouth at 2014-02-28 23:54
鍵コメさま!電波さえも届かんような
とこですけぇ
レスキューなんて来んでしょうね。
このオフロード、
パークレンジャーが1日に一度だけ
往復する程度じゃとか。
(しかも日照時間帯オンリー)
それだけに入口に
警告サインデカデカと出とったですよ。
道に入るのは自己責任で、ゆうて。

ほんまおいらを巻き込まんで欲しいですよね。
言い争いはあの二国だけに
留めておいて欲しいですわ。
ほんまあれだけ勃ってくれりゃ
少しは平穏なれるのにね笑
Commented by godeepsouth at 2014-02-28 23:57
マーヒー様! たしかにオフロード、
人が走り続けて出来る自然の道なんですよね。
そんなオフロードで育ってきた
地元ナバホの人たちの逞しさには
ほんま尊敬致しますよ。
彼らは車イカれるのを想定して
走っとるようで、ささっと修理できる
メカニックが多いのも納得です。

今年はナバホ再訪無理そうな分
これまで溜まった膨大な画像
飽きられるくらいアップしてく予定ですけ
覚悟のほどを‥ いや、
しばしお付き合い頂ければうれぴーでちゅ♪
Commented by godeepsouth at 2014-02-28 23:57
Tugukiさま!きゃーまさに
アウトドア好き同士が結ばれたのですね!
四駆で駆けるアウトバック
そして林道オブ・Love、キャー!
(こっちが照れちまったわ♥)

おぉぉ、その無謀砂漠探検レポ
一気に全部読破させて頂きました!
廃墟マニアにはたまらん鉱山跡、
そして白いド迫力マウンテンに
すでに脈拍乱れたのですが
山を走る恐怖のオフロードは強烈ですね!
ハンドル操作のわずかなミスで
One way to 天国、いう状況に比べると
おいらの走った平地オフロードが
かなり安全に見えるですよ。

でも舗装道走るあの言葉にならん安心感、、
よーーく分かりますよ。

やはり数週間前の
ヒヤヒヤ雪道運転でもそうじゃったように
危機的状況から得る教訓って
ほんま貴重なですよね。
今こうして語る事できよるだけでも
有難い思うとります。

あぁでもRed Rock Canyon、
なんて素敵なんでしょう。
古炭鉱の街住み着いて
おみやげ屋のおばちゃんになりたい‥
名前
URL
削除用パスワード


<< 田舎村サバイバル、一大プロジェ...      氷の癒し初体験 @裏庭ビアガーデン >>