アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 20日

中年の西部遠征記~砂漠Highwayラスト疾走 


ニューメキシコ州北西部の
砂漠アジトから
旅立つ日が来てしまいました。

e0034987_2471287.jpg

家主のジミーおじさんが寛大にも

「ソファーベット持ってってエエで、
わしらにはこま過ぎるけえのう」

ゆうてくれちゃってから。
(完璧な硬さで気にいっとったんよ)

e0034987_2474658.jpg

トラック押し込んだはええが
雨降りそうなけ
ちゃんとしたシート買え~ゆうのに

ゴミ袋強引にかぶせようとするおいちゃん。
(当然あとで後悔することに)

e0034987_248349.jpg

さ、荷造り中途半端なまま

しかもジミーおじさんの
ムチムチワイフ(きょにゅう)写真も
撮れぬまま
主要ハイウェイに乗った我々 (I-40 East)

e0034987_249491.jpg

早くも雲行き怪しゅうて
わらけるんじゃが

e0034987_2523063.jpg

広い土地ならではの
ダイナミックな雲の動きから
目が離せません。(気象オタクなんじゃもん)

e0034987_253117.jpg

どこで雨降りよるんかも
ひと目で分かるし

向こうのお日様照っとるとこまで
見晴らせるんじゃけ。

e0034987_2532569.jpg

ハイウェイにも
陽が当たりだしたぁ思うたら 

e0034987_2553099.jpg

雨雲迫ってきよるで。

極地的な雨降っとるの
ひと目で分かるのもエエね。

e0034987_256351.jpg

もうここで
雲の動き観察しながら
メシ食ってけたらなぁ。本気で思いました。

e0034987_257042.jpg

いらん妄想に浸りよると
ぽつぽつ来だしたけ

e0034987_2573058.jpg

ハイウェイ脇に一旦停車。

ここで初めて
ゴミ袋が雨除けシート代わりにならんの
認めてやがる。

e0034987_2575756.jpg

隊長の言う事聞かんけえじゃ。ぷぷぷー

(結局翌日の土砂降りで青いシート購入)

e0034987_2583940.jpg

まぁ
すぐ晴れてくれたけホっ

ここまでお天気変わる砂漠体験
初めてじゃけ。

e0034987_30316.jpg

さ、ハイウェイ乗って2時間ちょい、

徐々にでっかい街が
向こうから見えてくるわけじゃが

e0034987_303849.jpg

まだ見せんで。じらすで
ガハハ

もうちいと
この砂漠ハイウェイ堪能させてえや♡

e0034987_321981.jpg

(飽きたゆうても続くで)


さ、今週の便乗呑みイベントは
St. Patrick's Day.

e0034987_335644.jpg

アイルランドの
伝統的なお祭なわけじゃが

直接関係無いおいらでも
とにかく緑色のん寄せ集めて呑むのが
愉しいんよ。(ついでに赤いの♥

e0034987_343199.jpg

ほいでうれげに写真撮って
ネットやSNSにアップするのが

ナウい今風ヤングスタイル。

e0034987_35135.jpg

ああでも
呑み出すといけんね。

とことん浸ってしまいよる。
(便乗呑み第2ラウンド)

e0034987_352756.jpg

青春真っ盛りなんじゃもん。

e0034987_355019.jpg

ガハハ


にほんブログ村 海外生活ブログへ飛びま~す

by godeepsouth | 2014-03-20 03:29 | 中年の西部探検 | Comments(8)
Commented by getteng at 2014-03-20 08:33
じぇに-さん
この砂漠を突き抜けるには何キロあるのですか?
気が遠くなるような距離のようですね。
しかも、核実験したくなるような砂漠です。
我が国はプルトニュムを米国に返還するとか・・・。
既に核を保有している噂があり、今度の核サミットで追及されるかも?
Commented by kaneniwa at 2014-03-20 09:11
おお、セントパトリックデー、なつかしいです!
実は私、ロサンゼルス東本願寺で働きつつ
地元のルーズベルトハイスクールというところに通っていた
(ぶふふ、27歳で高校生活)
のですけれども、
先生がアイルランド人の巨乳美人で
「明日はセントパトリックディーだから、
 服装の一部分だけでいいから緑のものを身につけて
 くれたら嬉しいわぁ」
なんてことを言われ、
「そうか、春彼岸の入りの日あたりがそういう日なのか」
と思いつつ、
映画の『幸福の黄色いハンカチ』という映画の
ラストシーンへのオマージュもあり、
(あれは緑色でなくて黄色ですが…)
古着屋をまわって
「全身をグリーンにして」授業にのぞんだのでありました。
アイルランド人の先生は感激しつつ
「マーヒー!」
と強くハグしてくれたわけで、
それを思い出すと、
胸が熱くなり、
そして、巨乳が強くハグしたわけで、
思い出すと股間もちょっと熱くなるわけで

BYマーヒー
Commented by godeepsouth at 2014-03-20 22:56
Gettengさま!この辺りの砂漠抜けるのに
飛行機でさえも数時間かかるくらいですけ
車じゃと1000キロは超えるでしょうね。

ちなみにネバタの砂漠まで含むなら
ノンストップで15時間、
走行距離1650キロいう数字でました。
(ヒマ人では無いですが
Reno, NV周辺からAmarillo, TX間ちょっと調べてみた)

ネバダでは昔核実験やりよったですが
あの辺公開されとらん基地もあり
ほんま不気味なですよ。
Commented by godeepsouth at 2014-03-20 22:56
マーヒーさま! おぉ、マーヒー様も
この国でセントパトリック体験されたのですね!
しかも巨乳にまつわる思い出っていうのが
また特別ですね☆ 羨まし~
とは思うたですが
当時の巨乳先生、今じゃもうおばちゃん、
いやお婆ちゃんになっておられるかもですね。
巨乳ハグの後にすかざす股間オチ、
さすがです(笑


それでもLAのお寺で働きながら
同時にハイスクールも通われとっちゃったですか。
マーヒー様ならではの
ユニークな経歴、なかなか他に無いですよ。
これからも掘り起こせば
どんどん粋なエピソード出てくるのでしょうね。

全身グリーンで登場、と聞いて
こちらでGreen Giantと知られる
ムキムキマンキャラ(画像くぐって頂けると
すぐ出てくるですよ)
つい想像してしまいました。ぷぷっ
Commented by kaneniwa at 2014-03-20 23:56
日本で大学院修士課程を終えて
マスターオブアーツとなり、
バイト先のジャズ喫茶(古うぅ)で
「文字通りのマスター」
と呼ばれつつ、
まさか最終学歴が
LAのハイスクールになるとは…
と思いつつ、
何とその後には東京の東本願寺に勤務先が移り、
新宿歌舞伎町のキャバクラ
「新宿平成女学院」
が私の最終学歴になろうとは…

はい、もう全部卒業いたしました。

BYマーヒー
Commented by godeepsouth at 2014-03-21 04:52
マーヒーさま、あはは
シビれる程素敵な学歴では無いですか☆
ジャズ喫茶、いう響きだけでも
ウキウキしてしまいよりますが
その新宿平成女学院、かなり気になります。
私もそこ入学しときゃ
トップは行かんにしても優秀な成績で
卒業出来たでありましょうに‥
今でもその学校、
いやキャバは存在するのでしょうか。

ちなみに流川から卒業して
20年経ってしまいました。
復帰するにしてもママにならん限り
やってけん年齢ですけ
ここで勝手にママしよる次第です。
未だ顧客が数人しかおらんですが‥

Commented by tuguki2964 at 2014-03-21 13:59
あ~~っ、本当に...。
あの、砂漠の一本道でも走っていない限り
これから雨に突入して、その後、すぐに、また晴れ上がるぞ~~!
なんて、予測ドライブはないですよね。

あの、頭上の空はピーカンなのに、行く手には怪しい雨雲が...でっ、その怪しい雨雲のあたりにたどり着いたらちゃんと雨が降っちゃってるって体験、日本では全く考えられないですよね。
Commented by godeepsouth at 2014-03-21 23:11
Tugukiさま!ほんまそうなんですよね。
お天気予測ドライブできる箇所って
アメリカでも限られとるですもんね。
たしか数年前縦断した際、
オクラホマ大平原でも極地的豪雨に
見舞われたのですがほんの5分後にはカラっ
ちまたでは見れん現象に
ひたすらオーバーリアクションしよりました。

嗚呼、、こういう話しよると
1ヶ月くらい休みとって
もういっかい端から端まで
駆けってみとうてたまらんなってきました。
最終地点は居酒屋つ・ぐ・き♥
その前にアリゾナかニューメキシコのI-40 で
タイミングよくかち合えたら、、なぁんて
夢のような妄想しよります。きゃー
名前
URL
削除用パスワード


<< 再登場・更に進化した刺青野郎 @職場      猫ニャンのぷにぷに肉球観察 >>