アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 14日

感涙寸前!究極の村人サポート


先月のじゃけど
帰宅するなりびっくらこいた。

この量!山!はなぢ

e0034987_1192496.jpg

夢のような焚き木オブジェに
アゴ外れるか思うたけ。

e0034987_1194822.jpg

ポーチだけじゃ無しに
ここにも圧巻・焚き木の山!

e0034987_1201366.jpg

おいちゃんによると
朝から村の定年組総出で
(7人のお爺ちゃん軍団)

中途半端なまま
休止しとった巨根プロジェクト

e0034987_1212570.jpg

おいらの為にわざわざ
手伝いに来てくれちゃったらしい。

うわぁぁ事前に知っとりゃ
仕事サボ、、休んどったのに。

e0034987_1215762.jpg

その親切行為の証
おいちゃんが
見せてくれたんじゃけど

e0034987_1221413.jpg

ぬおおお極太巨根!

最低数百年
ここに立っとったとの事。

e0034987_1223725.jpg

巨根、いや自然のパワーに
改めて圧倒されるよね。

e0034987_1241194.jpg

至る箇所に
積み上げられた焚き木

e0034987_1252070.jpg

更にもう1台の
薪割りマシーンも加わり

朝からブオンブオン鳴らせよったらしい。

e0034987_1254142.jpg

7人のスーパーお爺ちゃんに
二台の薪割り機、
そりゃ圧巻じゃったろう。

その場におれんかった事
心底悔やみました。

e0034987_1263888.jpg

ちなみに
片足びっこ引いて歩きよった
チビ猫にゃん、

e0034987_1271815.jpg

数週間で
普通に歩けるようになっとるのも
びっくらこいたよ。

自然治癒力って凄いね。

e0034987_1274365.jpg

一番成長遅いぶん
贔屓めに面倒みよるけ

期待に応えてくれたんかね。
(都合のエエように考える)

e0034987_1283770.jpg

で、この日の
ビューティフル助け合いの証!
じ~んと来ちゃった。

e0034987_1322037.jpg

今まで
倒れたままじゃった巨根が

e0034987_137497.jpg

焚き木に変身したおかげで
こんなスッキリ!

e0034987_1353196.jpg

寒いなか
大掛かりな作業引き受けてくれちゃった
村のスーパー定年組は

まさしくおいらのヒーロー。

e0034987_136447.jpg

「何かと厳しい田舎村で
村人がヘルプし合うのは普通の事じゃ」

貫禄お爺ちゃんらの
寛大スピリット、

e0034987_1375492.jpg

お礼しきれん代わりに
ぜひわしらが受け継ごう思いました。

怪我人背負って
自分ひとりが苦戦強いられとる
思いよっただけに

e0034987_1372485.jpg

この親切行為に
どれほど救われたことか。

これからはこころよく
村人のお手伝させてもらいまちゅ。

e0034987_1395598.jpg

改心してエエ子なった
思わせといて

フヒヒ
e0034987_1405442.jpg

パンチラ遊びの
バリエーションは尽きません。

e0034987_1411285.jpg

そこ子ちゃん今日も元気に
股間おっぴろげパフォーマンス♡

e0034987_1412851.jpg

これも芸術じゃ
思やぁエエ。ふひひ

e0034987_1421795.jpg

ウヒヒヒしながら
こうに撮りよるの

端から見ると
ドン引きレベルであろう。

e0034987_1433542.jpg

そこ子ちゃんが
暴走しよるだけじゃけ。うへへ

e0034987_1444743.jpg

(執拗に出す)

ハイ退場

e0034987_145262.jpg




にほんブログ村へ

by godeepsouth | 2015-01-14 01:53 | ド田舎ならではネタ | Comments(14)
Commented by getteng at 2015-01-14 07:12
じぇに-さん
巨根伐採後には何本か桜の木を植えたらいかがですか。
春になったら、村のおじいちゃんやおばあちゃんらを花見にご招待するとか・・・。
次はぜひ桜プロジェクトを始めてください。
Commented by kaneniwa at 2015-01-14 11:10
私のところでも
「お布施」
として薪木をもらうということがあります。

しかも
「庭木を処理していてゴミにするしかないと思っていたら
 お寺さんが喜んでもらってくれてありがたい」
と、差し出す方がありがとうを言いながら
手向けてくれるのです。

じぇにーさんのところもそうですが、
薪ストーブっていろんな意味で暖かい。

BYマーヒー
Commented by kaneniwa at 2015-01-14 11:16
ちょっといい話のようなコメントをした後で
恐縮ですが、
うつ伏せアートに続く形態アート作品として
実写での「パンチラアート」はいかがでしょう?
R18指定ブログになってしまうかもしれませんが
ファン垂涎のアートとなることでありましょう。

BYマーヒー
Commented by tuguki2964 at 2015-01-14 14:14
きった~~!
7人て、7人て、7人って~~~!
じぇに~白雪と7人の小人?
Commented by dranino at 2015-01-14 17:03
そういえば、木の種類にもよるけど
木の寿命って凄いよね。(^-^)
何百年も元気に立つ木。
そんな木の成分を使ったら、
人間の上半身も下半身もビンビンに
元気になれないかな?(^-^)

しかし、なんでパンチラは白に
限るのかな?
清潔感!?(^.^)

退場。
Commented by getteng at 2015-01-14 21:07
じぇに-さん
今、JAZZ Ballads Vocalを聴いているのですが、
Milddred balleyの「Georgia on My Mind」はなかなかいい感じですよ。
Commented by Godeepsouth at 2015-01-14 23:53
Gettengさま、実は桜の木
前から欲しい思いよるんですよ。
ちゃんと花咲いて花見できるようになるまで
おいら生きとりゃエエのですが
盆栽サイズなら
手っ取り早いかな❀ 

花見ってほんま素晴らしい習慣ですよね。
まぁ花は無くても
毎日花見みたいなんしよりますが。

夜はいつもJAZZバーでの
妄想晩酌されておるのですか♪
妄想美女付きの(笑
Commented by Godeepsouth at 2015-01-14 23:55
マーヒーさま、こういう
生活必需品の「お布施」って
ほんま有り難いですよね。
薪ストーブデビューして以来
村人&巨根とのふれあいも増え、
まだ完治しとらんおいちゃんの代わりに
薪運びそして
灰捨場へ行ったり来たり、など
運動不足解消に大いに貢献、
中年の生活レベル大いに向上しましたよ。
余分な筋肉付いちゃったけど。

ぷぷぷ、
こういうパンチラトークあってこその
マーヒー様でありますけ。
実写版、あと10くらい年若けりゃ
酔うた勢いで、ポロッとやってしまいそうですが
その当時まだ
携帯カメラ発達しとらんかったのが
幸いでした。

なんだかこのブログ
すでにR18 指定なっとりげなですが‥
Commented by Godeepsouth at 2015-01-14 23:55
Tugukiさま、ぷぷ
白雪姫より白髪婆ぁかな。
チェーンソー抱えてやってきた
荒野の7人(爺ちゃん)
密着できずに残念でした‥
Commented by Godeepsouth at 2015-01-14 23:56
draninoさま、
また巨根シモトークしとってじゃ。うぷぷ。
でもあんなズッシリぶっとい木も
実は中身スカスカじゃったりするけ
やはり年重ねると
徐々に機能せんようになるんじゃね。
明日は我が身? 
おとうちゃんはまだまだ大丈夫でしょ^^; 

やっぱスカートめくって
白いの見えると一番うれしいよね。
ノーパンよりそそるし。

巨根からどさくさ紛れの
パンチラトークにまた乗せられた‥ ( ̄▽ ̄;) 
Commented by 泊まりのトトロ at 2015-01-15 08:46 x
巨木もただの薪になっちゃうんですね〜
でもそれが生きていくためなんですよね。
Commented by Godeepsouth at 2015-01-15 22:48
泊まりのトトロさま、
ですよねぇ。
まぁ木に生かされとるおいらも
最後は皆灰になりますもんね^^; 
Commented by getteng at 2015-01-16 14:24
じぇに-さん
絶対サクラを植えてください!
「日系人・ジェニ-死してサクラを遺す」と石碑まで建ててくれるかもわかりませんぞ。
そうしたら、他界した後もず~っとジョ-ジアに姉御の名前は生きるというものです。
渡辺淳一の「桜の樹の下」に死体が埋まっているじゃないですが、
桜木の下にお墓をつくってもらうとか・・・。
これグッドアイディだと思うのですが・・・。
Commented by Godeepsouth at 2015-01-17 01:13
Gettengさま、
すでに田舎の教会に
自分の墓場確保しておるので
桜の根っこの邪魔に
なることは無さげなです(笑

でも一度
不慮の事故で動かんなってしもうた
外猫を埋めた箇所から
綺麗な水仙生えてきて
ビックリした事あります。

やはり自分が後世の為に
桜咲かせてみようかなぁ(笑
名前
URL
削除用パスワード


<< 日本遠征記~イカしたお爺ちゃん...      中年の弾丸遠征~感動の再会wi... >>