アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 30日

中年の密林川下り Part 3 ~釣り合戦からの脱力


地元ジャングル突き進む
中年カヌー

e0034987_22554685.jpg

途中キラキラ煌めいたり

e0034987_2256628.jpg

だら~ん緩うなったり

e0034987_22562457.jpg

急カーブで傾いたり

目まぐるしゅう変化する
原始の小川、

e0034987_22564239.jpg

こりゃ撮っとかにゃ~勿体無いわい、
よそ見しよると

枝に頭突っ込んだり。

e0034987_2257511.jpg

中年らしい鈍くささも
密林探検の醍醐味。

用足しスポットで
乙女スクワットするため
いったん上陸、

e0034987_22574089.jpg

足に飛び散らんよう
尻浮かさにゃいけんのじゃけど

雑草生い茂っとるけ
ナマ尻にチクチク当たって

e0034987_2258818.jpg

変なお仕置きされた気分でした。
(わりと好き)

ああ
すっきり♡

e0034987_22583360.jpg

その合間にも
ようけ釣れとりやがる。

e0034987_2301587.jpg

おおこれは
ビューテホー小魚!

Bluegill の一種らしい。

e0034987_2303893.jpg

ずっと顔すっぽり
隠しときんさい。ガハハ

e0034987_231570.jpg

わしも
負けちゃおれません。

e0034987_2312942.jpg

小魚用の浮きで
バス釣れたんじゃけ。
(ふひひ、密かに自慢)

e0034987_2315345.jpg

デカぁは無いが
この日唯一のバスじゃったけぇ
勝った気でおる。

e0034987_2321596.jpg

エエ気分で
ジャングル住民成りきりよると

e0034987_2323720.jpg

急流が見えてきました。

e0034987_2331656.jpg

かつてここ流れる際
大木に直撃、

カヌーひっくり返しそうになった
危機一髪体験あるだけに

e0034987_235872.jpg

毎度緊張しながら
流れに身を任せるんじゃが

e0034987_2361295.jpg

今回は
無事突破。

e0034987_2363018.jpg

あとは緩~い流れに
プカプカ浮いとりゃエエだけじゃけ

e0034987_2375424.jpg

ぷはぁ♥ フヒヒ

e0034987_2383215.jpg

釣り探検のエメルギー補給には
これ以外考えられません。

まぁ呑みだすと
釣りよりダラ~んなるよね。
ガハハ

e0034987_23124235.jpg

次回は暴走完結

(退場



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2015-09-30 23:16 | 地元の密林探検&呑み | Comments(9)
Commented by getteng at 2015-10-01 06:06
じぇに-さん
ここにはピラニアなどの危険な魚もいそうですね。
カミツガメやワニや毒蛇とかも・・・。
乙女スクワット姿の決定的瞬間の写真はない?
ビ-ルを呑みながら揺られたので”エメルギ-補給”と声まで揺れているようですね。
Commented by kaneniwa at 2015-10-01 08:12
おいちゃんの釣り名人ぶりは何度も
このブログにて拝読いたしましたが、
おいちゃんが今までで釣り上げたいちばんの大物は、
何と言っても じぇにー姐さん であります。

BYマーヒー
Commented by Godeepsouth at 2015-10-02 00:04
Gettengさま、
ピラニアまではおらん思いますが
毒蛇たまに泳ぎよったりするみたいです。
アマゾンと同じく澄んだ水じゃない分
むやみに浸かっとれんですよ。
何潜んどるか分からんですけ。

中年の放尿マニアじゃ
思われるかもしれませんよ。笑
Commented by Godeepsouth at 2015-10-02 00:05
マーヒーさま、
うはは、また朝からうまいこと
ゆうとってじゃ。

一度や二度逃したようですが
しつこく釣り続けたようです。
なぁんて自分の都合のエエこと
ゆうてみたり♪
Commented by getteng at 2015-10-02 07:19
じぇに-さん
中年どころか老年ですが、貴国には女の立ショングッヅが売っているので、こういう場合は携帯されてはいかがですか。
すると、あまりスクワットをしなくて済みますので、一度ぜひトライしてみてください。
大昔は田舎の畔でおばあさんが堂々と器用に立ちションしていた光景が懐かしいですよ。
Commented by tuguki1964 at 2015-10-02 12:42
あ~~っ、水面に煌めく木漏れ日~~~!

そうそう。
乙女スクワットの際は、足に飛沫が降りかからないように
足と足の間をガッツリ開き、姿勢は高めの中腰。
落下地点にいたずらにしぶきをまき散らす草の葉や
小石がないことを確認するのが基本の基!
けっこうテクニックいりますが、でも、あの解放感って
...。
まぁ、全てまでは申しますまい。
Commented by getteng at 2015-10-02 17:20
じぇに-さん
あるブロガ-から、愚生の投稿が一日なかったら、どうかしたのかと指摘されてしまいました。
目下、投打ともに絶不調だと言っておきましたが、とにかく最近やる気をなくしております。
元気なのは”屁”だけです。
昨日、CDで思いきりでかいくしゃみをしたところ、たまたま居合わせたおばあさんが「あああxxxxxxxっぁ」と
神にでもすがるような声を発しました。
”お、驚いた!””どうもすみません”でことを済ませましたが、下手すると心臓まひやひきつけを起こす人もいるかも知れず、
今後は注意しなければいけませんや(-_-;)
Commented by Godeepsouth at 2015-10-02 22:04
Gettengさま、
野原のようなオープンフィールドでなら
堂々立っしょん飛ばしてみたいものですが
密林のようなボーボー箇所では
雑草かきわけ
しゃがむほうが良さげなです。

そちらでも立っしょんオバサンというもの
存在するんですね♪
ちょっと安心しました。

誰にでも不調・好調の波ありますもんね。
こっちも
今じゃ習慣と化したブログでさえ
たまになかなか取り掛かれん日ありますし。
長~い記事更新した後は
しばらくブログから離れとうなりますし(笑

不調な時はいくら頑張っても
波乗れんもんですけ
たまには思いっきり休まれてもええんですよ。

でもブログ更新で
生存確認しておりますけ
お迎え来そうになられたら
せめて一行だけ
書き残していただきたい思いよります。
そのような日は
まだまだ来んですよね?!
Commented by Godeepsouth at 2015-10-02 22:05
Tuguki様、そうなんですよね!
いざ飛ばす箇所にあわや石ころが、
なんて計算ハズレな事態ならんよう、
特に密林でのスクワット場は
常に精密に定めよります。

最近じゃ腰浮かしてしばし静止、
という姿勢保つのでさえ
キツうなりよりますけ
下半身もっと鍛えよ思いよります。

ふふふ。
ほんま自然と一体化したかのような
あの開放感、、
やめられんですよね~密林放尿。笑
名前
URL
削除用パスワード


<< 可愛いサプライズ~迷い猫の萌え観察      中年のガーデン作業その後~予想... >>