アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 15日

アラスカ遠征記~極寒・川釣りバトル【撤退編】


Kenai River
最後の釣りスポットで

e0034987_595674.jpg

ガイドのJason君が
3匹さばき終えるまでに

なんとか
あと一匹釣り上げようと
必死こく我々中高年、

e0034987_510233.jpg

再び時間とプレッシャーとの戦いに
なりましたが

e0034987_5104434.jpg

まぁ
この絶景の一部になれたただけでも
満足じゃわい、

e0034987_5113872.jpg

諦めモードなっとった
その時

うおお、
プリプリ赤いの掛かっとる!

e0034987_5115471.jpg

お爺ちゃんとこに。 ガクっ

まぁとにかく釣れたけ
ウホウホしよったんじゃけど

e0034987_5131390.jpg

この赤いの、
6月~7月までしかキープできん
Sockeyeサーモンじゃけ即リリース。とほほ

(わしらの目当てはシルバーサーモン)

e0034987_5142387.jpg

このSockeyeサーモン
すでに産卵時入っとるけ

役目終え川に散ってく
雌もようけ見かけたんよ。

e0034987_5154427.jpg

鮭のはかない一生さえ美しい‥。

ここで
無情のタイムリミット。

e0034987_5174769.jpg

こっから終着点まで
ノンストップクルージングなるわけじゃが

出発して約10マイル
下ったらしい。

e0034987_5185248.jpg

結局わしは
何匹か引っ掛けたものの
ボートまで釣り上げること出来ず

恥ずかしながら
坊主でございました。ああかっこわり~

e0034987_5192795.jpg

前日の秘境釣りでかました
輝かしい大逆転で
ヘラヘラ浮かれとったの

釣りの神様よう見とるんじゃのぉ。

e0034987_520540.jpg

まぁそれでも
手の感覚失う過酷な状況で
3匹キープは文句無し。

e0034987_5202873.jpg

そりゃわしだけ
坊主じゃったとは言え

船着場での心地ええ達成感、
プライスレス。

e0034987_5204817.jpg

今回の無謀探検、
忍耐という中年には辛い
ハードル超えただけでなく

e0034987_5211332.jpg

初・極寒チャレンジにして
いちお結果出せたワケじゃけ

我探検人生の
中年ハイライトと言えよう。
(勝手に浸りよる)

e0034987_534797.jpg

でもやっぱ
デカイの釣りあげたかったのぉ。

来年すでに
リベンジ再訪するつもりではおる。
(日本が先か?!)

e0034987_5345435.jpg

ちなみにアラスカの肴
いつが釣り時か
ひと目で分かるチャート。

e0034987_5353431.jpg

Trophy、てのは
釣り上げずデカさだけ記録して
競い合うキャッチ&リリースプログラム。
(でかい魚保護の為でもある)

アラスカにハマったおかげで
やたら鮭に詳しゅうなったはエエが

e0034987_536188.jpg

知識はあってもまず釣り上げにゃ
知ったげ言えんよね~。ちっ

(缶詰になるのは主にピンクサーモンらしい)

e0034987_537616.jpg

こんな見よると目の毒じゃけ

さっそくちまたで
欲満たして参りました。

e0034987_5374241.jpg

そりゃ本場アラスカのにゃ敵わんが
ちんけな田舎じゃ
これでじゅうぶん。

なんてったって
呑みダチとの酌み交わしぷはぁ~☆

e0034987_538347.jpg

ああこれで来週も闘える‥。

じゃが最近
ラテン系ばっかりなのビビったけ。

e0034987_5382026.jpg

中南米のアミーゴ達が
握ってくれる寿司、
ここらでしか体験できまい。

就労ビザ目当てかいの、
思わずにおれんけど。

e0034987_5385753.jpg

コソ撮りヤヴァかったかね。
(もう遅い

撮り逃げ~

e0034987_5392334.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-02-15 05:47 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(16)
Commented by getteng at 2016-02-15 08:29
じぇに-さん
Salmonって、こんなにも種類があるんですね!
何となく赤身が濃い方が旨そうに見えます。
最後のNorthern Pikeってのは怖そうな顔してます。
いずれにしても腹身の燻製は酒の肴には最高です(◎_◎;)
Commented by Cross (クロス) at 2016-02-15 10:49 x
我が家の食卓ではSockeyeがメインです。アトランティック・サーモンは脂っこいと嫁が食べないので、、、

Commented by cloversdesign at 2016-02-15 10:55
勉強になりました!
一度、夫もアラスカ釣りクルーズに行っとりましたが(通訳のためタダ)
釣った魚を全部ドレスにして、真空パックにして送ってくれるんですよね
めちゃ感動しました。アラスカ探検紀行?楽しかったです。行ってみたいなあ
Commented by getteng at 2016-02-15 13:04
じぇに-さん
元日本人メ-ジャ-リ-ガ-でMLBの指導者(含臨時)になるって誇らしいですね(◎_◎;)
松井(NYY)、斉藤(ARI)、野茂(SD)、長谷川(LAA)等々。
Commented by godeepsouth at 2016-02-15 23:26
Gettengさま、
確かに身が濃いほうが
うまそげじゃけピンクサーモンは
缶詰行きなるのでしょうかね。
アラスカでは大ぶりで濃厚なキングサーモンが
一番人気な気がします。
個人的に刺し身にするなら
シルバーかSockeyeでしょうね。

デカくてキモいNorthern pikeも
釣り上げてみたいです。

やはりプロ野球よりMLBに籍置くほうが
活動しやすいのでしょうね。
一度メジャー経験すると
NPBシステムに違和感あるでしょうし、
厄介なOB多いし(笑
Commented by godeepsouth at 2016-02-15 23:26
クロスさま、
Sockeye食卓に並ぶとはなんて羨ましい!
これまで会ったアラスカンも
Sockeye推し多かったような。。
彼ら曰くナチュラルスモーキーフレーバーが
たまらんらしいです。
今回持ち帰ったシルバーサーモンも
かなりお勧めですよ!
Commented by godeepsouth at 2016-02-15 23:26
クローバーさま、
いやぁワタクシも鮭に関しちゃ
アラスカ行くまで全然知らんかったものですけ
エエ勉強なりよりますよ。
通訳ていうことは
ご主人さまもバイリンガルなの素晴らしい!
タダクルーズ、まだ募集しとらんですかね(笑

真空詰めにして発想してくれますよ。
ゼニようけ飛ぶけ
次回は自分らでIce packに詰めて
持って帰ろうか計画しょうります。

アラスカ遠征記、
実はまた新たな探検に‥苦笑
いつもダラダラすいません^^; 
Commented by naozoom at 2016-02-16 03:05
記事を拝見したら、刺身と寿司(にぎり)が無性に食べたくなりました。
目の毒です・・・嗚呼。
アラスカ遠征記、まだ続くんですね。楽しみにしてます♪

Commented by godeepsouth at 2016-02-16 04:17
Naozoさま、
ほんま目の毒ですよね。。
当時のサーモン写真見返すたび
手がプルプル震えよりますけ。あぶなっ

はい、翌日に更なる探検控えとるのですが
またねちこく語ってしまいそなの
お許しください (苦笑
Commented by getteng at 2016-02-16 16:13
じぇに-さん
今日はFirefox経由でコメントを入れても蹴られます(;^ω^)
これは行くかな?
Commented by tuguki1964 at 2016-02-16 16:28
チャート、並びに、アラスカンフィッシュの画像、ありがとうございます。
ほ~~っ、そうか、そうか。
あっ、本日の我が家のメインはアメリカの鮭缶。
当然、ピンクサーモンでした。
Commented by getteng at 2016-02-16 16:55
じぇに-さん
先日呑んだ大吟醸五橋は杜氏でも変わったのか何となく違和感がありました。
贅沢言うな!ハイ、ハイ。。。
やはり、幻黒ラベル(8千円弱とやや高いが)が一番かな?

今日は旧市民球場・中央公園辺りをうろつきました。
9千歩弱の歩きでした。
シャレオ第一サティアンでマ-キング(・∀・)
Commented by godeepsouth at 2016-02-16 23:35
Gettengさま、
今日もマーキング活動お疲れさまです。
毎日優雅にブラブラできよっての
心底うらやましいです。ため息

スマホでもコメント見れん時あるけ
未だ不安定なですよね。
いざいう時の為にGoogle Chromeも
お使いなられてはいかがでしょう♪

五橋いう贅沢品で
違和感じゃとかクヌヤロウ~笑
しかも幻黒ラベルまで
堪能しよってじゃとは。
クヌヤロ~~~Again(笑
Commented by godeepsouth at 2016-02-16 23:36
Tugukiさま、
ちょうどええ参考画像&チャート拝借できて
こっちも大助かりでしたよ♪

おぉ、タイムリーにも
ピンクサーモンがメインでしたか!
小ぶりで脂身の少ないピンクサーモンが
一番缶詰に適しとるらしいですが
缶でも十分美味しいけ
こちらでも晩酌のお供に欠かせません☆
Commented by hana at 2016-02-17 06:43 x
じぇにーさん、おお~サーモン!
大好きです。

小さい頃はうち、父が伊豆大島出身でして、だからとにかく魚好き。
肉があまり食卓に上らず、魚に飽き飽きしてました。

が、今はもう魚のほうが好きです。
Sockeye、こっちだと缶詰とかでもよく見ますよ。
うちらが一番好きなのはchinookです。

下のTKB48笑いました。
そしてさりげなく(でもないか)平均年齢を吊り上げるおじいちゃん。
いいですねー。

それにしてもそちらはお寿司握るのもラテン系とは!
Commented by godeepsouth at 2016-02-17 23:42
Hanaさま、サーモンってほんま
缶詰でさえ美味しいんですよね!
うわぁ毎日魚料理とか
まさにドリーム食卓☆
まぁ日本じゃスーパーでも新鮮な肴並ぶのが
当たり前じゃ思いよったけ
今から思うとなんて贅沢な環境、
思うですよね。

そちらじゃ
Chumの缶詰も売られとるんですね♪
濃厚で身の厚いKingサーモンは
アラスカでも一番人気みたいです。
シルバー&Sockeyeの刺し身も大当たりでしたけ
また来年アラスカ再訪目指して
我慢の労働に励みます。

TKB48、これからも
年齢バランス保てるとええのですが。
確実に平均年令上がってくのは確かです(苦笑

ラテン系の寿司職人
違和感あって未だ慣れません^^; 
名前
URL
削除用パスワード


<< 今季初・焚き火ファイアー囲み呑...      今季初、村人の焚き火集会~スモ... >>