アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 07月 15日

日本遠征記Vol.17 中高年の遠足~ワラビ採り初体験


滞在丸5日目

e0034987_4221262.jpg

この日は
ママンパパンと山奥へ。

4年前に同じ中高年メンバーで
寂地峡行った際も

e0034987_423997.jpg

ここでマーキングした覚えあるんじゃが

e0034987_424106.jpg

今回は
まだ4月じゃったいうのもあり

e0034987_418756.jpg

山のひんやりした空気が
おいしゅうて

e0034987_4253269.jpg

中年にはなかなか辛い
うんこ座りで川に密着。

e0034987_4264779.jpg

ダイナミックな流れ
キャプチャしようと

大股開いて撮ったの覚えとる。

e0034987_4284917.jpg

日本でも
都会だの街中おるより

e0034987_432175.jpg

自然と戯れとるほうが
落ち着くようになったのも

e0034987_4324011.jpg

確実に
歳くいよる証拠じゃ言えよう。

(中身は10才)

e0034987_4293746.jpg

で、今回は
翌週に控えた大イベントもあり

ママンとパパンと
遠出できるような
時間の余裕無かったけ

e0034987_430880.jpg

実家から一時間半くらいで行ける山奥へ
ワラビ採りがてら

お隣山口県まで
田舎ドライブする事になったんよ。

e0034987_4332474.jpg

これが20年前の
ミニスカ全盛期じゃ

ワラビ採りなんてババくさぁ~
鼻で笑っとったんじゃろうが

e0034987_434139.jpg

これが予想以上に楽しゅうてから!

どこじゃか全く分からん山道
降りた時点で
はぁワクワク、

e0034987_4344271.jpg

おいちゃんにとっても
初のワラビ採り、

すでに真剣なっとるのわろうた。

e0034987_4353228.jpg

ワラビホットスポット踏まえとる
ママンとの共同作業が
もう微笑ましゅうて。

ああなんて貴重な。

e0034987_435564.jpg

ここから始まった
中高年の日帰り遠足、

徐々にワラビ採り競争
なってくんじゃが

e0034987_437082.jpg

これが
病みつきの面白さなろうとは!

e0034987_4384398.jpg

田舎活動ってエエね。

e0034987_4375075.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-07-15 04:52 | 2016年ニッポン遠征 | Comments(8)
Commented by 尾道らー麺 at 2016-07-15 10:07 x
私は田舎が嫌でたまらなかったのですが母に連行されワラビ、ゼンマイ、つくしとり、貝取りに行ったのが懐かしいです。
歳を重ねると田舎暮らしに憧れてベランダで菜園なんかするようになりました。
やっぱり田舎もんなんでしょうね。
続きを楽しみにしています。
Commented by すぱな at 2016-07-15 14:07 x
スパ羅漢!なんか懐かしい、ここ数年ちびっこら連れてってないけえ。
街中より自然ん中のほうが落ち着くん、ちょうど昨日うちのおっさんとも話したんですよ。
若い頃は流川に住みたい思うほど田舎や自然に興味がなかったのに、
いまごろは街中の新しいお店なんか全っ然わからんようなってもうたわ。
ワラビ採りってめっちゃテンションあがりますよね!
あれでったいアドレナリン出とる思いますわ。
で、時間を忘れて必死こいてもうて翌日腰痛になるという。
Commented by tuguki1964 at 2016-07-15 15:31
わらび~~!
実は、アテクシ、三歳にてわらびとりデビュー。
‟わらびとりの天才!”とおだてられ、悦に行って
いた幼少時代です。
まぁ、他に何の娯楽もない度田舎で生まれ育ち、なおかつ
めちゃチビだったんで大人と全く違う視点でわらびが見えて
たってだけの話なんですがね...。
今、南からふぉらにあに移住して一番悲しいのは、山菜取りに
お山へ行くことが出来なくなったことかも...。
Commented by godeepsouth at 2016-07-16 01:11
尾道らー麺さま、
同じく日本時代は
自称・都会っ子(死語?)じゃったものですけ
田舎といえば
夏休み以外縁無かったのですが、
今こうして田舎生活しよると
都会で暮らすののが
想像すらできんまでになりました。

やはり昔よく行った
つくし取りや貝掘りの愉しさって
身体で覚えとるんでしょうね。

年よりにとって都会は便利でええですが
何週間もおると逆に飽きそうなので
一生童心のままでおれる
田舎にずっとおる思います。
Commented by godeepsouth at 2016-07-16 01:12
すぱな様、
そういえばぷりぷりハンサムプリンス達も
ここで戯れとっちゃったですよね!
当時の記事もよぉ覚えとりますよ☆ 

ほんま昔は
流川住みとうてたまらんかったですよ!
実際薬研堀から徒歩5分のとこ
いっとき潜伏しとったのですが
今から思うともう
あがぁにビルに囲まれたとこじゃ生活出来ん、
断言できる程です。
ネオン街のあの喧騒は恋しいけど(笑

たまに用事で大都市行くと
最初こそ都会の洗練された雰囲気に
キャピキャピするですが
人混み、渋滞の無い
田舎帰ると毎度ホッとしよります。

それだけに田舎の愉しさ、
やはり童心に帰って
キャーキャー出来ることなんですよね♪
もうわらび見つけた時の
ピュアな喜びいうたら!
あれだけで20年若返った気がしたですけ。
でも翌日の筋肉痛で
若こう無い現実確認‥苦笑
Commented by godeepsouth at 2016-07-16 01:12
Tugukiさま、
おぉ、すでにお若くして
わらび取りデビューされとってなんですね!
さすがMy憧れの大地、
バックヤードで山菜取りとか
なんて素晴らしい環境なんでしょう。

で、まさに娯楽の無さげな
ジョージアの田舎に越してきた際
こんなとこでやってけるんじゃろうか、
不安はありましたが
動物に囲まれ
トレイル開拓したり
秘密基地作ったり、
昭和のガキンちょが見た光景
蘇ったのは帰って嬉しい“誤算”でした。

まぁそれでも
ヤシの木ハイウェイに
ボードウォークにレトロダイナー、、
オールディースな光景に出会える
南カリフラワーもワタクシにとっちゃ
憧れですが☆
Commented by getteng at 2016-07-16 06:21
じぇに-ちゃん
清流にわらび採り・・・日本の田舎っていいなあ!
今では「ふるさと」の歌詞通りの田舎って少なくなりました。
よって、貴重な体験ですよ。
Commented by godeepsouth at 2016-07-17 00:35
Gettengさま、
ほんま日本の田舎の癒やし、
もっと若い時代に気づいとりゃ、、
今さら思いよります。

「ふるさと」の歌詞も
歳とるごとにジーンと響くですよね。
こっちの田舎も勿論ええですが
やはり故郷の田舎は格別です!
名前
URL
削除用パスワード


<< 真夏のザ・ガマン的焚き火メラメラ集会      中年の畑プロジェクトあれから... >>