アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 12月 30日

中年のトホホなホリデーシーズン【水道管破裂編】


過去の教訓
全く生かされとりません。

(3週間前の週末)
e0034987_3181655.jpg

朝の急激な冷え込みにより
外にむき出しなっとった水道管にヒビ入り

破裂

e0034987_3184556.jpg

前の晩
タオルでパイプ巻いとかにゃいけんのう、
思いながら結局ど忘れ。

加齢ってやあねぇ

e0034987_319069.jpg

氷点下の中
決壊したダムのように
凄い水量吹き出しよるいうのに
当時おいちゃんは外出、

携帯にも出やがらず
半パニック状態で
なんとか蛇口レバー慌てて動かしてみるも

e0034987_3193296.jpg

凍てつく冷水顔面に浴びるという
まるで拷問のような展開に。

(それが後々祟って
風邪こじらすとか情けな)

e0034987_32024.jpg

メインの水道遮断する箇所
なかなか見つからず

e0034987_321453.jpg

たまたま
ワンちゃんと新聞取りに庭に出とった
向かい近所のお爺ちゃんにヘルプ要請、
水遮断成功。

一人じゃ何もできんの痛感。

e0034987_3212585.jpg

ようやく散髪から
のほほん帰宅したおいちゃんに
罵声のお見舞食らわすとこでしたが

こういう「破裂ハプニング」に
慣れきっとるんか

e0034987_3215229.jpg

余裕こいて立っしょん、
気が抜けた。

これも田舎モンならではの
対応スキルじゃろうか、

悔しいが見習わにゃいけんのぅ。

e0034987_3222863.jpg

おいちゃんが
パイプ修理用パーツ調達しにいった合間

わしも立っしょん、いや
野外スクワットせざるを得んなり
裏の林踏み入るも

e0034987_3231283.jpg

案の定
うわ、あんたら
いちいち付いてこんでエエのに。

e0034987_3233956.jpg

ここらで
しゃがもうとするも
なかなかどいてくれません。

じゃが
歩くだけで漏れそうなほど
限界に達しとったけ

e0034987_3241184.jpg

生尻を冷気に晒しました。

当時の気温マイナス5℃ 
おぴっこからの
湯気が凄いのなんの。

股間から大量に発する
生温かいおぴっこ湯気
顔面浴びながら思い出したのが

e0034987_3254583.jpg

3~4年前
灼熱のアリゾナ砂漠でナマ尻晒した際
ジリジリ焦げてくあの快感。

いっぽう
氷点下でも
同じ感覚味わえるの新たに発見。

焦げても凍っても尻ジリジリ♥

e0034987_3264278.jpg

これは貴重な
野外おぴっこ体験と言えよう。

しばらく
乙女スクワット箇所から
もこもこ湯気立っとったのわろうた。

e0034987_3274179.jpg

さ、パーツも揃い
破裂したパイプ取替作業。

こういう光景
もう何度見たろう‥

e0034987_3282430.jpg

二度ある事は3度あるって
ほんまじゃね。

e0034987_3285138.jpg

デカい図体で
這いつくばりながら
軒下突入する様子も

以前ここに載せたの
思い出しました。

e0034987_3291861.jpg

いかに失敗から学んどらんか
思い知らされよる。

e0034987_3295450.jpg

再び泥んこなって
がんばった甲斐あり

e0034987_330436.jpg

数時間だけの
断水ガマンで済みました。

e0034987_3311094.jpg

(たまに遊びにくる近所の犬)

わしらの庭も
テリトリーじゃ思い込んどるんか
懐き過ぎてわらえる。

e0034987_331448.jpg

じゃが今度こそ
今回の苦い教訓生かされるんじゃろうか。

時のみぞ知る。

e0034987_333344.jpg

結局ワンちゃんは
荷台に乗せられ
(ていうか自ら荷台に乗り込んだ)
飼い主の元へデリバリー

e0034987_3324285.jpg

考えてみりゃ
この凍える中ナマ尻晒したことで
喉やられたんかもしれん。

クリニックからしっかり請求来たし。トホホ

e0034987_3333638.jpg

ま、おかげで会心のぷはぁ♡

e0034987_334242.jpg

フヒヒ



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-12-30 03:44 | 中年のトホホ (自業自得) | Comments(10)
Commented by getteng at 2016-12-30 09:41
じぇに-ちゃん
貴地は氷点下になるところなんですか!
しかし、お宅の周辺は全部トイレなので便利なところでもあります。
猫と一緒に立ちしょんとはワイルドですね(#^.^#)
常時「チリ紙」をポケットに忍ばせておいてくださいよ。
やはり、携帯用トイレが要りますね。
今年は立ちしょんの話で締めくくりですか。
でも、そちらはあと3日ありますね。
Commented by 尾道らー麺 at 2016-12-30 11:06 x
水道管破裂して大変でしたね、お隣の方が偶然出て来てくれたから良かったですね。大自然の中のお手洗いも勢い良く気持ち良さげでしたね。
前記事の広島ではご兄弟の結婚式でしたか?
おめでとうございます🎵
クリスマスプレゼントはメス山羊さん貰って良かったですね。
また子山羊が増えて賑やかな年明けになりますね。
良いお年をお迎え下さいね。
Commented by godeepsouth at 2016-12-30 21:57
Gettengさま、
こちら盆地のような地形しとるぶん
夏やたら暑いのに
冬かなり寒くなるけ
老体にゃやれんです。

野外で爽快用足し、
本来人間がしてきたことですもんね♪ 
猫にゃんと目が合った時は
ちょっときまずい思いしましたが(笑
気軽にどこでも立っしょん可能な
殿方が羨ましいです。

今年はあともう一回
更新する予定ですが
酒量にもよるかなぁ 
Commented by godeepsouth at 2016-12-30 21:57
尾道らー麺さま、
お気遣いどうもありがとうございます!

自分ではもう
どうにもならんシチュエーションで
向かいのお爺ちゃん
出てきてくれとったのには
ほんま助かりましたよ!

安芸グランドホテルのは
写真撮影の為に親族だけ集合で
着飾っただけなのですが
端から見ると式に見えるですよね。
とうぜん披露宴のように
呑んで食べまくりました♬

はい、山羊増えたおかげで
更に慌ただしい年明けないそうです。
尾道らー麺さま、そしてご家族にとって
素敵な新年になるとええですね☆
Commented by dranino at 2016-12-30 22:43
あっ、時差があるから・・・。
そちらは今、29日なのかな?

こちら日本は、30日を終えようと
しとります。
2016年も、あと一日となりました。

じぇにーさんにとって、2016年は
神ってる年となりましたね。

来年は・・・。(^-^)

勿論・・・。

フヒヒ(^_-)

良いお年をお迎えくださいね。
(^_^)/
Commented by naozoom at 2016-12-30 22:44
焦げるよりも凍った方が個人的にはいいかなぁ。
氷点下20℃~55℃以上の経験はありますが、
暑いほうは立ちションでちん○が本当に焦げるかと思いましたよ。
何せ、事故って路肩に放置された車のボンネットに腐った生卵を
落としたら目玉焼きができたくらい暑かったです。本当に。(笑)
Commented by godeepsouth at 2016-12-31 05:09
draninoさま、
はい、今の時点でまだ30日ですが
今年も日本とこっちの年越し
二度経験できよる思うと
呑みも更に弾みよります♪

たまには日本で
お正月らしい事してみたいんじゃけどね。
そう思いながらダラダラ20数年‥

来年うちら黄金時代再来の年なるけぇ
ドラにはもうしばらく
低迷していただこう。ウハハハ

お父ちゃん、
フライングHappy new year☆乾杯☆
Commented by godeepsouth at 2016-12-31 05:10
Naozoさま、
ちんぽろが焦げる感覚
気になります!
先っちょからジリジリ焼けてくのでしょうか。
毛のほうが先に発火しそうなですが。

凍ったらパイプのように
尿道破裂とかならんですかね。
それかタマと竿がひっついたままなるとか、、

そがな事
真剣に考えよるうちに
あっけなく年越しそうなです(笑
Commented by naozoom at 2016-12-31 17:45
>じぇにーさん

気温50℃を超えるとですね、陽射しが肌に突き刺さるような痛さなんですよ。
Tシャツに短パン、サンダルなんて格好は無理です。すぐに日焼けして火ぶくれ
間違いなし。 真夏のオーストラリアの内陸をバイクで旅していたときは
オフロードバイク用の長袖エンデューロジャケット(ゴアテックス製)と
モトクロスパンツにオフロードブーツ、グローブしているんですけど、
その方が暑さを遮るので何とか耐えられます。
そんな場所では異常な位の汗をかくんですが、蒸発するのが早すぎて全身に
塩が浮いているのを見て自分が汗をかいていたことに気付きます。
そんな訳でおぴっこもほとんど出ないんですが、たまにしたくなって
ちんぽろ出して立ちションすると・・・皮被ってない部分、つまり先っちょに
ズキーンときてから根元まできますね。毛は燃えませんでしたが、さらに縮れた気が・・・。
ちんぽろはあっという間に日焼けします。その後、日焼けで本体の皮が剥けました(笑)

これは友人から聞いた話ですが、反対に気温-30℃以下になると立ちションすると
出たおぴっこがすぐに凍るらしいです。変な話し、不思議なアートができそうだなと
思いましたね。

年末に下ネタバンザイ~ですね♪
Commented by godeepsouth at 2017-01-01 03:13
Naozoさま、
更なる詳しい焦げちんころ描写
どうもありがとうございます!

タマも竿も無いですが
あまりに痛々しそうで
思わず股間抑えた次第でございます。

皮剥けることで
ちんぽろも新たに再生する感じがええですね。
でも焼けると
しばらく機能せんでしょうけ
立っしょんする前に
強力な日焼け止め
塗りたくらんといけんですね。
タマも竿も。

極寒で楕円描く
氷のおぴっこ芸術、
想像だけでも
幻想ファンタジーの世界が広がりました。

こういう
ちんぽろケア真剣に語りながら
初日の出を拝むのも
またええもんですね☆
何ごともこじつけ~♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 中年の田舎っぺな年越し準備      日本遠征記Vol.46 最初で... >>