アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 01日

ブレーブス川上 vs レッドソックス松坂 @ オープン戦


いやいやいや オープン戦と言えど、
こりゃ~凄いマッチアップじゃないかい!

日本のスポーツメディアにとっては
大スター同士が投げ合う理想的な試合、
実に30人以上の報道陣がオーランドに集まったそうだ。
しかも公式戦ではないのにスタンドは満員!

翌日ブレーブスのメインサイトは
当然川上がトップ独占!

e0034987_22575573.jpg


インタビューで川上は
松坂とのピッチング対決に、
「エネルギーが沸いたし同じ試合で投げることが出来てハッピー」
っと言うようなこと申しておりました。

実は5回の攻撃中に
川上が、今度はバッターとして松坂と “直接対決”
するという、又とないチャンスがあったのですが、
ここは監督が代打投入してまったので・・・こりゃ残念。
日本のカメラマン達もちとがっかりじゃったろうに。

で、試合後のインタビューで
バッターボックスで松坂と直面したかったか?
っと聞かれた川上、

なんと英語で

「No chance」

と返したとか。
なかなかおちゃめじゃないか~川上君よ。

ついでに本日の成績は?

川上:6回投げて 4被安打、4奪三振、2失点(2自責点)、2四球
松坂:5回投げて 2被安打、2奪三振、2失点(1自責点)、3四球、

こりゃーほぼ互角じゃないですか。

決して素晴らしいとは言える結果じゃないが、
ブレーブス監督、ボビーは
"He can rise to the occasion, you can just see it in him,"
と満足げ。
大試合にも強い所を見せてくれたっちゅうニュアンスですな。

彼の株が上昇したところで(笑)
本日のよくがんばりましたで賞:



e0034987_23273527.jpg


ドイツより BECKS DARK
ダーク・ビールの中で個人的には
一番気に入っております。
全国広い範囲にわたって出回っているようなので
知名度も高いインポートモノ。

私事ですいませんが、
貧乏苦学生時代、
給料出たらよくご褒美として頂いておったので
それだけにこの味を舌が「感知」すると、
少しノスタルジーに浸ってまうのだ。

さて (他人のノスタルジーは別にええわいって?)

そのお味;
ダークでありながら、
ギネスみたいな「重み」が無いので気軽に
ダーク・ロースト風味が楽しめます。
(ギネスも美味いに越したこたないが、あれは食べるビールなので。)

これぞ、ダークビールの基本が詰まったBecks Dark.

常に素晴らしいクラフトビールを我々に提供してくださる
ドイツの方々に Vielen Dank だ。

ビール世界一周の旅はまだまだ続く・・・・。


(かれこれずっとドイツ止まりじゃが・・・ 苦笑)

by Godeepsouth | 2009-04-01 19:45 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 日本:公式戦開幕 ちまたの田舎...      地元名門大学ドライブ (その2) >>