アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年 08月 24日 ( 1 )


2016年 08月 24日

動物との葛藤記録~必死のチビ山羊レスキュー編


6月末
待望の仔山羊に恵まれた我々

e0034987_365886.jpg

実はメス山羊、
初産には珍しゅう
他に2匹産んどったのですが

元気な状態で出てきたのは
このチビのみ、

e0034987_372539.jpg

一匹は生まれた時点ですでに息絶え

もう一匹は
かなり弱った状態で手足バタバタ

e0034987_374974.jpg

自力で立ちあがれんけ
ママのミルクも呑めず

おいら帰宅した時点で
かなり衰弱、

e0034987_381721.jpg

あわてて購入した
哺乳瓶とチビ山羊用の粉ミルクで

なんとか小ちゃい命救おうと
懸命のレスキュー

e0034987_39679.jpg

一晩以上
ママのミルクありつけられんまま
放置されとっただけに
生き延びる率低いの承知でしたが

このまま見殺しなんて
誰ができよう。

e0034987_3104254.jpg

深刻な状況でありながら

皆で風呂浸かっとるように見えて
ウケた。

e0034987_3115100.jpg

「エエ湯でちゅか」

言うとる場合じゃないが

e0034987_31236100.jpg

元気なチビ山羊が
その場でじっとしとるの
萌え~

e0034987_44392.jpg

そんな合間に
チラっ

e0034987_3135775.jpg

わしらが必死こいとる中
アンタぁエエ身分よね、

種付けだけして後ほったらかし。
(全ての雄はそんなもんか)

e0034987_3151253.jpg

でもカルロス君から
白いお耳受け継いだおちびちゃん、
なんとか救ってやりとうて

e0034987_316414.jpg

山羊ケアのエキスパートでもある
現役ナース、おいちゃんのいとこに
ヘルプ要請、

それまで引き続き
懸命のミルクやり

e0034987_3165448.jpg

哺乳瓶の「おっぱい部分」
ちゃんと咥えて飲んでくれよるのが
嬉しゅうて

e0034987_3181464.jpg

これで少しは
体力つけてくれるじゃろうか、

わずかな希望にすがる
我々レスキュー隊(勝手に)

e0034987_3192162.jpg

立ち上がれん以外は
お目目ぱっちり、綺麗な顔しとるし

立派に成長させちゃりたいんよ。

e0034987_3202245.jpg

そして
元獣医アシスタントでもある
いとこのReneeオネエチャン登場、

タイミング良く
ちょうど休暇中のようで
つきっきりで看てあげられん
おいらに代わり

e0034987_3205790.jpg

彼女が預かってくれる事に。なんて優しい‥

もうこの時点で
おいら出来る限りの事はしたけ

この仔がどうなっても
後悔は無かったんよ。

e0034987_3225177.jpg

そして翌朝
Reneeオネエチャンから
無念の知らせあったのですが

すんなり受け止める事できました。

e0034987_3233588.jpg

そりゃ生まれて即
看病してあげとれば助かったかもしれん、
悔いはありますが

半日以上放置されとりながら
ここまで頑張ってくれたのは

e0034987_323558.jpg

わしらの必死の看病に
応えてくれたんじゃろうて。

僅かな間でしたが
こんなカワエエ仔と
触れ合えて良かった、今は思いよる。

e0034987_3241988.jpg

まともに寝ず看取ってくれた
Reneeオネエチャンにも感謝。

e0034987_3245565.jpg

それだけに
唯一元気なのがおるってのにゃ
ずいぶん救われよる。

e0034987_327087.jpg

あれからこの子にも
振り回される事になるのですが

4本脚との葛藤は続く。
(二本足もか)

e0034987_3273677.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-08-24 03:36 | 癒しの4本足 | Comments(10)