アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 03月 14日 ( 1 )


2017年 03月 14日

日本遠征記Vol.61 ずっこけ入国審査 @サンフランシスコ国際空港


いよいよ
ミッドナイトフライト搭乗

e0034987_0505282.jpg

アメリカの空港じゃ
あまり見る事ない飛行機にうっとり。

こんなオタク的な楽しみも
羽田ならではじゃね。

e0034987_0511020.jpg

こうして約11日過ごした日本とは
しばしのお別れ。

家から家へ帰るという
複雑感、何年経っても変わりません。

e0034987_0532394.jpg

じゃが太平洋の果てまで
飛ぶとは言え

8時間もすりゃ
サンフランシスコ着くんじゃけぇ
今さら的ではあるが

e0034987_054959.jpg

西海岸から
日本行き来出来る方たちが
心底裏やまぴー

それでも座席両隣
デカいのじゃったせいで

e0034987_0543438.jpg

もう二度と真ん中の席で
海超えするまい、誓いました。

デカいのが席立ったついでに
窓の外パシャっ

e0034987_0544724.jpg

そんな酷なリターンフライト
酒無しで耐えたものの

e0034987_056678.jpg

もっと酷なのが
アメリカ入国。

この国の住人なのに
入国の列で
指紋採られるようなり出してから
別室行き扱い。

e0034987_0573882.jpg

ここから長文失礼。

ワシの指紋から
すでに要注意人物として
マークされとるらしいね。

こんなエエ子に更生したのに。
(前も言うたか)

まぁ今回も
覚悟はしとったのですが

優しげな女性の審査官じゃったけ
お姉ちゃんなら逃してくれるかな~うへへ

けしからん期待とは裏腹に
わしの指紋がいらん反応、

Secondary Inspection(尋問室)へ。

そこじゃ1年のうちに何度も
出入国繰り返したという外国人が
長~い尋問受けとったけ
余計待つハメに。

同じ部屋に
日本人もおったけど(サラリーマン風)
スマホ使いよるの
厳しい口調で注意されよった。ぷぷ

待つこと15分、名前呼ばれ
検査官3~4人待ち構えるテーブルへ。

アジア系の検査官が
ワシのパスポートと中年顔
まじまじ見るなりイヒヒ、不可解な笑み。

今のステータスだけ聞かれた後
「ハヴァナイスデー♪」

わし思わず「ほえ? That’s it?」

検査官はニタニタするのみ。

今思い出しても
ワケ分からんやり取りで
未だ不可解なんじゃが。

前回LAでも
あっけなく解放されたの考えると
すんなり入国させやがれ、思うよね。

じゃがオバマの時でさえ
この扱い、

大統領変わった今‥
考えとうないのぉ

e0034987_11455.jpg

「自由の身」となり
せっかくじゃけ
サンフランシスコ体感したく
ちょちょっと空港から出てみたり。

西海岸の空気じかに吸うの
実に24年ぶりじゃ無かろうか。

e0034987_113457.jpg

ピチピチ10代じゃったのが
そりゃ歳食うハズじゃわ。
(ほっとけ)

e0034987_122092.jpg

さすが IT都市だけあって
空港もモダンでハイテク環境充実、

ちゃちいアトランタの
国内線ゲートに比べると
ずいぶんお洒落。

e0034987_124810.jpg

どこ歩いても(トイレでも)
充電出来るのは非常に有り難い。

e0034987_13563.jpg

後はアトランタへ飛ぶのみですが

更に5時間たぁ
遠いのぉ

e0034987_15234.jpg

当然この頃から
疲れと眠気であまり記憶が‥

e0034987_18717.jpg

懲りずに
売店で買うたSushi ロールで
現実に戻ってきたんじゃ、

ため息ついたのは覚えとる。

e0034987_130549.jpg

次回は
いよいよ日本遠征記・完結編!

(もっと延ばしたかったが‥)

e0034987_1101411.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2017-03-14 01:32 | 2016年ニッポン遠征 | Comments(8)