カテゴリ:地元の密林探検&呑み( 88 )


2016年 10月 18日

中年の夏記録【Part 3】 密林川下りアドベンチャー完結編


カヌーにゆられ
一時間もすりゃ

e0034987_6341239.jpg

古代魚「GAR」
とも遭遇するくらいの原始林

e0034987_6343872.jpg

開けた海とは違い
日陰多いのは嬉しい限り。

e0034987_634491.jpg

ゆうたとこで
すぐ開けたとこ出たり。

これは原住民

e0034987_6352235.jpg

ここでいったん陸地にあがったのは
もちろん
スッキリさせる為。

e0034987_6354614.jpg

きゃーひんやり気持ちいい~♥

e0034987_636899.jpg

こんな自然のセッティングで
乙女スクワット、

e0034987_6364072.jpg

もちろん隠れること無く
中年尻を太陽にかざし

思いっきり飛ばしました。
(いちいちエエか)

e0034987_637333.jpg

さ、ちょっと身軽になったとこで

e0034987_6371699.jpg

ぷち
アドベンチャー気分になれる
急流スポット突入

e0034987_6373163.jpg

奇声発しながら
流れに身を任せるあの快感

今となっちゃ恋しいのぉ。

e0034987_6375249.jpg

それにしてもこの密林、

川水が
ミルキー色に見える箇所あるの
不思議じゃね。

e0034987_6381420.jpg

愛するアラスカの氷河水思い出し
きゅーん。
(すでに次回の探検プラン練りよる)

e0034987_6383486.jpg

よう見たら
亀さん乗っかっとるの見えるかね。

e0034987_6384722.jpg

結局この日
一番の大魚は

e0034987_639715.jpg

おいちゃんの釣った
「Largemouth bass」

e0034987_6393433.jpg

うれげに撮るだけで
リリースしましたが

おいちゃんの顔うまい具合に
隠れてくれたわい。

e0034987_6394815.jpg

こうして
ぷかぷか浮くこと数時間、

ゴール地点でもある
村仲間の敷地が見えてきました。

e0034987_6401048.jpg

毎度のことながら
快く使わせてもらいよるのは有難い。

e0034987_6403193.jpg

ゴール地点まで
スーパーお爺ちゃんわざわざ
トラック持って来てくれちゃったし。

カヌー運ぶ筋肉作業は
もちろんおいちゃん。

e0034987_6405053.jpg

こういうラクな
密林探検もエエのぉ。フヒヒ

それでもスタート地点に
おいちゃんのトラック置いたままじゃけ

e0034987_6412153.jpg

今回久々
お爺ちゃんの古トラック(Ford)
操縦させてもろうたんよ。

e0034987_6415159.jpg

きゃー見晴らしエエ~

これからトラックギャルなろうかなぁ♡
(足はかろうじて届いた)

e0034987_6421121.jpg

ほいじゃがわし
なんか釣ったかいのぉ。

エエんよ
楽しめりゃガハハ

e0034987_6422671.jpg

ハイ退場



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-10-18 06:44 | 地元の密林探検&呑み | Comments(12)
2016年 10月 08日

中年の夏記録【Part 2】 密林で遭遇!大迷惑な魚 「Gar」


夏恒例
探検カヌーでの川釣り

e0034987_6104166.jpg

密林言う割には
ハイウェイの下くぐるんじゃが

しかもその先には
ほのぼのカヤック親子

e0034987_6112436.jpg

でもちょっと進みゃぁ

そこはもう原始のジャングル

e0034987_612537.jpg

密林のひんやり風浴びると

e0034987_6144547.jpg

知らん間に
股オープンするのも

不思議な自然現象と言えよう。

e0034987_6151446.jpg

原始とか
うれげに語っとると

e0034987_6164154.jpg

また人工物。

でもこれは
南北戦争時代の名残り。
(以前にも載せた橋の跡)

e0034987_6162479.jpg

地元のプライドかけて戦いながらも
戦争集結見る事なかった

村人達のことも忘れるまい、
そっと股を閉じました。

e0034987_617597.jpg

撮り専に徹したわしとは
対象的に

e0034987_6181238.jpg

ホイホイ釣りよる。

e0034987_6182477.jpg

いちいち魚の写真撮るのも
めんどくさぁなってきましたが

e0034987_6184180.jpg

デカイのかかると
何釣れたんかワクワクする感じ、

e0034987_6185957.jpg

なんぼ年くうても変わりません。

おぉ、久々のナマズ!

e0034987_6193357.jpg

エエ肉付いとったけど
今回は放してやろう。

e0034987_61956100.jpg

で、我々中年探検隊、
何度もヒマげに
川下りして来たわけじゃが

e0034987_62012100.jpg

この年なって
初めて遭遇したんよ。

見えるかいね、
じーっと動かん不気味な物体、

e0034987_6215145.jpg

これこそ
主にアメリカ東部に
生息する古代魚「ガー」

有名なのは一番でかい種の
アリゲーターガーですが

e0034987_6255514.jpg

ここのは
Longnose Garと言われる
大昔からあまり進化しとらん
古代魚、、

言うたら
ロマン感じるかもしれんけど
なんせ不気味

e0034987_6263581.jpg

カワエエも無いし
食用なるほど旨く無いくせして

美味しい小肴
食いまくる
実に大迷惑な存在なんよ。

e0034987_6282915.jpg

そんなGarが
ちまたのジャングルに生息したとは。

これまだちっこいほうなんじゃけど

e0034987_6284635.jpg

Longnose Gar
画像くぐったら
不気味なのいっぱい出てくるよ。

e0034987_6272040.jpg

こがぁなん
釣れても抱える気にはならんのう。

e0034987_629975.jpg

じゃが
初めて目にしたGar、
あまりにインパクト強うて

e0034987_632020.jpg

あれから
おいちゃん何釣ったか
覚えとらんわい。

e0034987_632205.jpg

中年の夏は
つづく

e0034987_6323350.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-10-08 06:39 | 地元の密林探検&呑み | Comments(6)
2016年 10月 01日

中年の夏記録~恒例・カヌー川下り探検 @地元の密林


はぁ二ヶ月前のですが
これせずして
夏は終われません。

e0034987_544308.jpg

鉄橋の下に
カヌー下ろすんじゃが

e0034987_5451094.jpg

トラック2台がかりでの
下準備から
(到着地点に一台置いとくため)

カヌー運びまで全て人任せ、

e0034987_5453556.jpg

こういう時(だけ)
女の子で良かった~思うよね。

e0034987_550128.jpg

じゃが
ジャングルでは必須、
虫除けスプレー持ってくるの忘れて
本気でガクーンしよったら

そこらに落ちとったの発見。
サンキュージーザス

e0034987_6185173.jpg

じゅうぶん使える量
残っとったけ
ありがたく使わせて頂きました。

e0034987_5541399.jpg

川沿いでは
さっそくお決まりの立っしょん、

石に当てると
跳ね返るじゃろうに。

e0034987_5544988.jpg

昨年もおととしも
同じ場所でマーキングしよるの
載せたような。

来年も出るで。

e0034987_555224.jpg

さ、ここから
川に乗る中年探検隊、

e0034987_556230.jpg

人工物見えとる時点で
密林だの言うとれんのじゃが

e0034987_5564276.jpg

川にふわっと浮いた瞬間
湧き出るアドレナリン

e0034987_557530.jpg

そして
長らくご無沙汰じゃった
秘境探検スピリット、

e0034987_55853.jpg

風雲たけし城の
冒険テーマ鼻で奏でました。

e0034987_558367.jpg

じゃが
密林探検ならではの緊張感、
この中年カヌーにゃ存在しません。

朝のヒンヤリ空気
美味しゅうて
気持ちエエて

e0034987_66173.jpg

即股間に
ジャングルの風を送り込みました。

e0034987_559206.jpg

そんないらん事に
時間費やしよったばかりに

最初の一匹目
あっさり釣りやがった。あー悔ぴ

e0034987_601242.jpg

じゃが
肝心の一匹目がこうに小ちゃいと
屁で反応しとうなるわい。

e0034987_612770.jpg

いうて
小馬鹿にしよったら

うわ、あえて
目前で見せつけ。

e0034987_61487.jpg

今度はお腹部分が黄色い
「Pumpkinseed Sunfish」

呼ばれる小肴

e0034987_631976.jpg

釣ったのはもちろん
写真だけ撮ってすぐリリース。

ちょうどエエがぁに
顔隠れとるのナイス。ぷぷぷ

e0034987_634259.jpg

そろそろワシも
釣りモードに入ろうかいのぉ

(退場)

e0034987_662477.jpg

へなちょこ探検は
つづく

e0034987_685759.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-10-01 06:30 | 地元の密林探検&呑み | Comments(8)
2016年 06月 24日

続)中年のダラダラ湖上釣り【撤退編】


おっさんの立っション
目前で見てしもうたもんじゃけ

e0034987_2291861.jpg

こっちも乙女ガマンの限界に達し
わしだけいったん上陸。

e0034987_2582667.jpg

ボットン便所(Outhouse)へ通じる
トレイルまであるのは
さすが有料RVパーク

e0034987_2313646.jpg

まぁさすが
ボットン臭は強烈でしたが

それでも中覗いてしまうのは
野生の習性じゃろうか。(単なる変癖?

e0034987_233489.jpg

じゃがおいちゃんに
しばし放置プレイされよる感

お仕置きみたいで
悪うは無い。フヒヒ

e0034987_2341552.jpg

さ、ここから
湖の奥へ進むんじゃが

e0034987_2352598.jpg

奥言うた割には
キャンプ用施設から

e0034987_2354953.jpg

手入れされた芝生そして

人工ビーチまで見えてきよる。

e0034987_237823.jpg

ま、今回はファミリー向けRVパークで
釣りしょうるけ
秘境いう感じはせんものの

e0034987_2372933.jpg

海岸線から遠く離れとっても
こうして水遊び出来るよのは
有り難い。

e0034987_2375550.jpg

ただこのRVパーク
せっかく極上呑み環境揃っとるのに

飲酒一切禁じられとるのが
残念で仕方ありません。

e0034987_2421177.jpg

もしここでBBQ呼ばれたら
来るまでに
ひとしきり呑むの必須じゃね。

e0034987_24320100.jpg

そんないらん事ばかり
企みよると

うお、なんか
デカそうなのかかっとる!

e0034987_2443332.jpg

この暴れよう、
普通の小魚じゃ無い確信、

e0034987_246726.jpg

うお、バスじゃバス!

e0034987_2465777.jpg

Crappieばかり釣れよる中
いきなりバスとは
湖も愉しいねぇ

e0034987_2472647.jpg

せっかくじゃけ
自己満ショット。

わしが釣ったワケでも無いのに。

e0034987_248921.jpg

おぴっこ用の穴も
ちゃんと付いとるんよ。

e0034987_2483039.jpg

ほいでも
バスは食べんけすぐリリース

キープ用肴も
相変わらずおいちゃんとこホイホイ

e0034987_2492191.jpg

いちおわしも
数匹釣ったんじゃが

e0034987_2503867.jpg

おいちゃんのしか
画像撮れんかったけ
ここで自慢できずにおる。ちっ

e0034987_2511371.jpg

ほいじゃが朝こそ
鏡のように穏やかでしたが

数時間すると風強うなり

e0034987_252108.jpg

波でボート左右に揺れ出したけ
ここでUターン

e0034987_2523691.jpg

当時5月中旬で
まだ肌寒かったのに
湖浸かっとるのがおる。

e0034987_2525569.jpg

アメリカ人の異常な体感温度
一生理解できません。

脂肪がヒートテック代わりか。

e0034987_2531255.jpg

波あると海でクルージングしよる
感覚にもなるんじゃが

緑色の水なっとるのは
植物のせいじゃろうか。

e0034987_253355.jpg

湖ほぼ無臭なぶん
やっぱ潮の香り恋しいのぉ。

e0034987_2541117.jpg

ボートをトラックに
繋げたりの上陸作業は

もちろんおいちゃん任せ。

e0034987_2544446.jpg

次回はプリプリ裁きアクションじゃ。

もちろん人任せ。ふひひ

e0034987_2552148.jpg

じゃがここでの飲酒、
自己責任として解禁させようや。ちっ

e0034987_2562189.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-06-24 03:00 | 地元の密林探検&呑み | Comments(8)
2016年 06月 18日

今年初の本格・湖上釣り @近場のRVパーク


肴ネタ続きなんじゃが

やれ週末
早起きして向かったは(先月)

e0034987_355386.jpg

ロッキーマウンテンいう
紛らわしい名の付いた
RV Park & Public Fishing Area

e0034987_361868.jpg

わりと近いけ
たびたびこの湖で
酒の肴調達しよるんじゃが

e0034987_365861.jpg

ボート降ろすのから
全部おいちゃんやってくれよるけ
実にラクちん

わしには
任せとうないらしい。ちっ

e0034987_372142.jpg

じゃが
この時点で朝7時過ぎじゃのに
すでにこの混み具合。

e0034987_375769.jpg

ちまたじゃ釣りが
ナンバーワン娯楽いうの納得。

鏡のような湖面浮かぶボート乗り込むと
ふわっ

e0034987_381250.jpg

空中に座っとる感覚
たまりません。

e0034987_382887.jpg

早朝ならではの
幻想的な湖、
e0034987_385970.jpg

そして
ひんやりフレッシュな森の香り、

e0034987_392979.jpg

そんな癒しの環境で
美味しいもん釣れるワケじゃけ

一人で来とって人多いのも納得。

e0034987_3114893.jpg

ここでは白身フライに最適な
Crappieいう小魚
ようけ釣れるんじゃけど

いつものように
竿ダラ~っと降ろし

e0034987_3101314.jpg

ボーっと浮きの動き
観察しとりゃエエだけじゃけ

e0034987_3103553.jpg

これ程中年に適した
釣りワザ存在しません。

e0034987_3125419.jpg

お、さっそくおいちゃんに
一匹目掛かっとる!

e0034987_3131923.jpg

これはじゅうぶん
キープできる大きさ。

e0034987_3134485.jpg

更に引っかかっとるのはエエが

e0034987_3151867.jpg

なぜかおいちゃんとこばかり
来やがる。

e0034987_3153144.jpg

撮りよるばっかりじゃけ
いう言い訳はあるが

果たして
わしにも釣れるんじゃろうか。アクビ

e0034987_3162021.jpg

うわ、目の前で
立っしょんまでかまされる屈辱。やれん

e0034987_3164764.jpg

放線描くおぴっこモロ見えしとったけ
やむを得ずモザイク。

じゃがわしもボートに立って
思いっきり飛ばしてみたいよのぉ
爽快じゃろうて。

e0034987_3171460.jpg

(つづく

このまま言い逃げ退場しよ
思うたが

今日ばかりは
ここで絶叫せずにおれません。キャー!

e0034987_3174939.jpg

ああもう
夢じゃなかろうか‥

4点リードされとったの
終盤でひっくり返し4連勝!
(しかも9回裏ツーアウトから)

e0034987_3201587.jpg

そして
まさかの首位独走!

ほんまにわしらのチームなんよね‥

e0034987_318874.jpg

浮かれぽんちなった矢先にトホホ‥
とかならにゃエエが

これまで味わえんかった喜び、
抑えきれんのよ。
今年こそ期待してエエんよね‥キャー!

e0034987_321782.jpg

25年ぶり
狂い咲き祝杯の準備は整った。

e0034987_3221672.jpg

ビールかけもフヒヒ




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-06-18 03:27 | 地元の密林探検&呑み | Comments(4)
2016年 03月 19日

裏の密林潜入パトロール~洪水の跡


密林トレイルまたがる
ちょろちょろ小川も

e0034987_0482787.jpg

ここまで氾濫、
行く手を阻んどったのですが

e0034987_049637.jpg

一週間後なんとか
わしの短い足でも
またげるようになったけ

e0034987_0502437.jpg

探検隊らしゅう
ヒマげに視察。

e0034987_050437.jpg

変色した枯れ葉見て

かなりの広範囲で
氾濫しとったの確認

e0034987_05193.jpg

ここら一帯
湖状態じゃったらしい。

e0034987_0512397.jpg

メインの小川へ
繋がるトレイルも

洪水の跡あらわに!

e0034987_0521684.jpg

枯れ葉無い箇所は
流れが特に
激しかったの分かるんじゃけど

e0034987_0533020.jpg

その流れた葉っぱが
水位あったとこまで
巻き付いとるのビビったけ。

e0034987_054274.jpg

枯葉の壁までできとる。ひょえぇ

e0034987_1172571.jpg

しかも辺り漂う
フレッシュな土の香り‥

地球の皮むけると
こんな匂いするんじゃ、

e0034987_0544870.jpg

もろ体感する自然のスケールに
人間の小ちゃさ再確認。

e0034987_0551272.jpg

トレイルの終わり、
メインの小川寸前まで来て

再び行く手を阻まれました。

e0034987_0554410.jpg

まだ完全に水引いとらんけ
トレイルから外れ、
大回りするしかありません。

e0034987_1184889.jpg

そのためには密林かき分け

強行突破せにゃいけんのじゃが

e0034987_057245.jpg

バキバキ言わせながらの
ゲリラ突進がまた楽しゅうて。

たまに蜘蛛の巣だの
顔面直撃するんじゃが

e0034987_0574753.jpg

これもジャングル探検の原点じゃウヒヒ。

思うとやめられんのんよ
川口浩探検隊ごっこ
(年代がばれる。もう遅)

e0034987_058125.jpg

そして辿り着いた
探検のアジト、

e0034987_0583015.jpg

雨季通常の水位に
戻っとるとは言え

e0034987_0584135.jpg

上流から流された
木だの枝だの座礁しとる!

e0034987_0594949.jpg

木に木が
引っかかっとるし。

e0034987_101448.jpg

こんなの
今まで見たことありません。

e0034987_111024.jpg

後になって知る洪水の規模‥

e0034987_122988.jpg

川沿いまで葉っぱや小枝
流れた跡あるけ

e0034987_103226.jpg

普段緩やかなこの小川も
突如牙を向け

モンスター化したに違いない。
(ああ見たかった。

e0034987_135857.jpg

探検アジト(たまに呑み場)
に続くトレイル、

勝手に「Jenni Trail」と
名付けたんじゃが (どうでもエエ情報)

e0034987_144825.jpg

ここで一年間
ヒマげに季節の移り変わり
追い続けた記録も

またうれげに
紹介してこ思い寄ります。

e0034987_161093.jpg

自称探検隊として
密林パトロールは必須なんよ。
(メタボ予防)

勝手に付いてきよるのもおるし。

e0034987_16318.jpg

そして今日も
ヒマげに散策

e0034987_17859.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-03-19 01:21 | 地元の密林探検&呑み | Comments(11)
2016年 02月 07日

地元ジャングルのちょっとした謎スポット


前から気になっとる
箇所があるんよ。

e0034987_5261162.jpg

裏の探検トレイルから
ちょっと外れて

足場の悪いジャングル突入、

e0034987_5263998.jpg

雨季だけよみがえる
ちょろちょろ小川越えると

e0034987_5265032.jpg

小高い丘なっとるんじゃけど

e0034987_527782.jpg

密林の謎は
その丘登ったとこに鎮座。

e0034987_5274472.jpg

自然に出来たとは思えん
石の塊? 岩?

まるで入り口のように見えるの
分かるかね。

e0034987_5281589.jpg

しかもその「扉」部分
不自然に凹んどるけ余計に。

e0034987_5301825.jpg

周り見渡しても
こういう石どこにも
見かけんぶん

まるで別場所から
運びこまれたげな。

e0034987_531326.jpg

こんもりした丘なっとるけ
地下ピラミッドにも
見えんこともないんじゃが。

e0034987_5323065.jpg

そんな考えだすと
神秘妄想広がって
しょうがありません。

e0034987_5342630.jpg

元々この辺り
チェロキーインディアンの定住地で

かつて使われた
道具の一部も出土しとるだけに

e0034987_5325976.jpg

この丘には
我々のまだ知ることのない
古代ミステリーが
隠されとんじゃなかろうか。

(つい大げさ反応)

e0034987_61569.jpg

そんな田舎村ミステリー、
TBS世界ふしぎ発見に
嗅ぎつかれる前に

我々がまずこの凹み部分
発掘してみよ思いよるんじゃが

e0034987_5355468.jpg

まずは金属探知機が
どう反応するか試してみにゃいけん、

思いながら洪水で
アクセス困難なっとる上

e0034987_5521243.jpg

やたら寒いけ
未だ行動に移っとりません。

ちなみに
丘降りた先には

e0034987_5415382.jpg

雨季だけ
水たまる小川あるんじゃが

e0034987_5422367.jpg

知らん間に
なんか怪しいトレイル出来とる。

いちお私有地じゃけ
わしら以外に誰も入れんハズ。

e0034987_5431911.jpg

てことは
動物じゃろうか。

それとも謎の原住民・・

e0034987_5441853.jpg

ああもう
なんだかワクワクしてきました。

こういう謎追うの好きなんよ、
自称ミステリーハンターじゃけ。
(歳なけど)

e0034987_5474550.jpg

の割には
やっぱさぶいけ
密林探検休業ちゅう。

e0034987_545319.jpg

じゃが
こっちのほうは
休業なんてあり得ません。ふひひ

e0034987_548378.jpg

スーパーボウル観戦呑みの
準備は整った。

e0034987_5481855.jpg

こういう段取りなら
テキパキこなせるのに。ぷはぁ♥

e0034987_5483122.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-02-07 06:04 | 地元の密林探検&呑み | Comments(15)
2015年 11月 13日

中年の鱒釣りアクション【シーズン完結編】@街中の清流


地元民にしか
知られとらん穴場

e0034987_2345565.jpg

こう見えても
いちお街の中心部、

川水もそこまで澄んどらんのに

e0034987_2351494.jpg

わしでも釣れた!ウハハ

おいちゃんだけ
エエかっこさせてたまるかいやガハハ

e0034987_235275.jpg

釣り上げる際つい
ギャーギャー奇声発してしまうのですが

この瞬間、
なんぼでも味わっとりたいよね。

e0034987_2355452.jpg

更に小川の向こう側まで
歩いてくと

e0034987_2361744.jpg

キャンプ場みたいなのが
見えてきました。

e0034987_2363350.jpg

この場所こそ
川沿いに造られた憩いの場

Rolater Park (Cave Spring, Georgia)

e0034987_2372933.jpg

地図で確認すると
まさに街中

まぁ田舎と街中との区別が
よう付かんとこじゃけど。

e0034987_237279.jpg

家族連れが戯れる中

e0034987_238531.jpg

わしらは探検隊らしゅう
橋の向こうへ行進。

e0034987_2391589.jpg

Park内でもいちお
釣れるらしいんじゃが

初めて来たわしにとっちゃ
わくわく観光気分。

e0034987_245488.jpg

いやん気持ちエエ~

e0034987_2403072.jpg

今となっては
これも中年の夏メモリー

e0034987_2411240.jpg

ネオンで街の
お水遊びもエエが

やっぱこういう
大人の水遊びたまらんね。
(いちいちエエか)

e0034987_2412940.jpg

当然まともに
釣れるワケも無く

e0034987_2434796.jpg

またの再訪を誓い
Uターン

e0034987_2442043.jpg

釣った肴抱えると
足取りウキウキ。ガキか

e0034987_2462998.jpg

ああ今となっては
新緑が眩しいのぉ。

(今ほぼ散り去った)

e0034987_2465755.jpg

またお世話になるであろう
民家の庭に

導かれた喜びも
夏の思い出。

e0034987_2482392.jpg

じゃがこの日の
一番の収穫はウヒヒ

近場じゃ文句なしのサイズ。

e0034987_2485552.jpg

これが
更に酒呑み仕様に変身
キャー 

e0034987_2491749.jpg

前にも載せたようなけど
お腹にレモン詰めてスモークするのが
お爺ちゃん流

e0034987_2494233.jpg

その後
これ以外の展開は
あり得ません。ふひひ

e0034987_250152.jpg

来年の鱒シーズンまで
あと4ヶ月ちょい(長っ)

プロ野球開幕と
ちょうど重なる頃じゃけ
呑みよりゃすぐ来るわい。

e0034987_2502470.jpg

ふひひ



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2015-11-13 02:56 | 地元の密林探検&呑み | Comments(8)
2015年 11月 09日

中年の密林開拓~よみがえった小川 Before & After


スーパーお爺ちゃんの
手がけた
密林トレイル

e0034987_038518.jpg

「開通」して
一年ちょっと。

e0034987_0402756.jpg

あれから季節と共に

ダイナミックに変化する密林
(9月の終わり当時)

e0034987_0404661.jpg

ヒマげに
追い続けとるんじゃが

(今現在の様子)

e0034987_04109.jpg

画像溜まって
収集つかんなりだしたけ

(オーガナイズスキル皆無)

e0034987_042364.jpg

今回は秘密基地ナンバー2へ
向かう途中にある

Dry Creekの移り変わりに
勝手に痺れたい思います。

e0034987_0445119.jpg

Creekいうても
雨季だけ水の流れるちょろちょろ。

ここ跨ぐトレイル作ってくれたのが
昨年9月、

e0034987_045433.jpg

直後は掘り返された土でフワフワ。

まだ乾季じゃったのもあり
川もこの状態。

e0034987_0452982.jpg

その一ヶ月後

(2014年10月28日当時)

e0034987_0461494.jpg

まだ水リターンしとらんけ

枯れ葉で覆い尽くされとる。

e0034987_0463083.jpg

ちなみにほぼ一年後
2015年10月24日

変わりゃあせんか。

e0034987_0471467.jpg

あれから
水スムーズに流れるよう
新たにブロック設置されたんじゃが

e0034987_0473942.jpg

これ撮った直後
待望の雨季到来。

一週間後
おおぉ

e0034987_0491371.jpg

チビチビ流れ出しよる!

夏の間ずっと乾いとった箇所

e0034987_0492477.jpg

こうに潤い出すと

e0034987_0493548.jpg

もうウキウキ。

e0034987_0502269.jpg

密林で一人ニタニタしながら
撮りよる姿は

まるで
とり憑かれた原住民。

e0034987_051546.jpg

じゃが
本場のようなゲリラ雨降る
ちまたの密林、

三日後にゃ
ここまで膨れ上がっとる!

e0034987_052353.jpg

つい2周間前
こんな乾いとったのに

e0034987_05357.jpg

一週間前から
ジワジワ

e0034987_05497.jpg

膨れだし

e0034987_0551135.jpg

今や
立派な小川に

e0034987_0553050.jpg

もっかい
Before雨季

e0034987_056886.jpg

After

ずっと乾いとったのが
潤い出すってエエね。

e0034987_0562283.jpg

(自分の中年肌触って我に返った)

ここまで水量膨らむと

e0034987_058963.jpg

乙女股間全開で
またがにゃいけん。

足もうちいと長けりゃねえ。
(胴体は長い)

e0034987_0582133.jpg

ちなみに
この密林トレイル

e0034987_101997.jpg

できたてホヤホヤ当時は
こんな感じ。

e0034987_0584552.jpg

ここからさらに歩くと
狩り&釣りベースキャンプこと

秘密基地ナンバー2あるんじゃが

e0034987_0594358.jpg

年間ヒマげに記録し続けた
色彩の変化

また後々
うれげに載せてこ思いよります。

e0034987_11281.jpg

とりあえず
クイック疲労回復

e0034987_111640.jpg

オフシーズン
ノープロブレム

e0034987_11365.jpg

げっぷ♡ 



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2015-11-09 01:10 | 地元の密林探検&呑み | Comments(14)
2015年 11月 07日

中年の鱒釣りアクションPart 2 @街中の穴場 


民家の庭
潜入させてもろうたんじゃが

e0034987_23502469.jpg

この眺め
日々堪能出来る家主が

e0034987_23471559.jpg

羨ましゅうてなりません。

e0034987_23473965.jpg

カメラ女子にゃ (わしじゃ)
釣り竿投げるより
撮るのに夢中なっちまうなぁ

e0034987_23462991.jpg

しかもこの色!

e0034987_23514471.jpg

綺麗な川にしか生息せん鱒
街でも釣れるいうことは

ずっと自然のまま
保たれとるんじゃろうね。

e0034987_23522615.jpg

ゆうとりながら
昔活躍したという
Pumping Stationの跡が。

e0034987_23555724.jpg

すでに林の一部なっとるけど

廃墟オタクの (わしじゃ)
ハートがときめきました。

e0034987_23583065.jpg

民家の庭抜けると

e0034987_005346.jpg

街のど真ん中まで
出るらしいが

e0034987_012420.jpg

実はこの街Cave Spring、
いちお市でありながら

e0034987_021467.jpg

人口1200程度の
小規模コミュニティ。(調べた)

e0034987_014537.jpg

地図見て気づいたんじゃが
民家からちょっと歩いて来たとこ

すでに
ダウンタウンらしい。

e0034987_023631.jpg

ああなんて
のどかなんでしょう。

e0034987_03186.jpg

わしらの田舎街にも
劣らん緩さ。

e0034987_034736.jpg

ここで鱒釣りしながら
アヒル観察する老後もエエなぁ

本気で思いよる。

e0034987_035742.jpg

この橋辺りが
中心部らしいが

e0034987_052685.jpg

今まで原始の密林でしか
鱒釣りした事ないけ
かなり違和感。

e0034987_093152.jpg

ジャングルの原住民が
いざ街出て
びっくりする感じってこれか。

e0034987_055281.jpg

こんなとこでも釣れるんかいな、
思いよったんじゃけど

釣れるらしい。

e0034987_06572.jpg

それだけ
水質エエがに保たれとるんじゃね。

でも残念ながら

この光景
もう見ることはありません。

e0034987_063128.jpg

あれから
川辺のモーテルが
プライベートエリアにしてしもうて

モーテル側
今立ち入り禁止なっとるらしい。
ガクーン

e0034987_07478.jpg

まぁ向こう側からの
釣りならOKらしいけ

来年もホイホイ釣って
うれげに披露できるハズ。ふひひ

e0034987_074567.jpg

おいちゃんばかり
やたらエエかっこしょうるが。
ちっ

e0034987_0111926.jpg

穴場散策
つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2015-11-07 00:18 | 地元の密林探検&呑み | Comments(6)