アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ブレーブスTV観戦レポ (2009年)( 47 )


2009年 05月 22日

川上憲伸にしびれたぁ~~

うわわわ、やってくれました憲伸君!

まだ興奮と酒が抜け切れとらんでぃ。

もう、ファンもチームメートもこの日を
待ちわびておりました。
彼のほぼ完璧なピッチングに絶賛の嵐じゃぁ!


e0034987_1382994.jpg


観客だけでなくチームメートからも
スタンディング・オベション。

一番しびれまくったのは (笑)
8回表無死ランナー2塁の緊迫した場面で
その後に続く3打者を凡退にしとめた事。

特に最後の打者に対しては
私の一番好きなスローカーブでお見事み逃し三振!

また出ましたガッツボーズ!!


e0034987_1422680.jpg


あ~かっちょいいのう~

酒が進む~

この日のすんばらしいっピッチングを終え、
ベンチに戻った後もチームメートからの
ハイ・ファイブ大会。


e0034987_144538.jpg


ブルージェイズのエース Halladay、
今期8勝1敗という、化け物ピッチャー相手に
ブレーブス打線もなかなか噛み合っとらんかったんですが、

ピンチをしのいだすぐ後に、
待望の1点が!!!


e0034987_1481161.jpg


ほんま、嬉しそうな川上君。


e0034987_1485050.jpg


実にいい表情してますな。
こっちもニタニタしてまったぞ。


いや、ほんま今日の試合、
永久保存モノですよ~。

ブルージェイズのチーム打率、総得点とも
リーグ・ナンバーワン、そんな
凄いチームをシャットアウトしたんじゃけえな。

監督ボビー・コックスは川上のことを・・

"He was just dynamite,"
"I can't say enough about it."

出た~ダイナマイト宣言! (笑)
そして “(彼のいいところは)言い出したらきりが無い”

ゆうことおっしゃっております。

キャッチャー、ブライアンからも

"To beat a guy like that, you've got to do
what Kenshin did tonight,"

"He outpitched him."

凄腕エースに投げ勝つには
彼のようなピッチングすることじゃ。
 
という絶賛のお言葉が。

そしてその凄腕エース、Halladayも
川上を賞賛、

“When you run into a guy who’s pitching well,
it makes it tough,”

“We ran into one who was pitching well.
You have to tip your hat to him.”

この訳、ヤフー・ジャパンのニュースによると、

「いいピッチングをする投手にぶつかれば、勝つのは難しくなる。
そして今日、俺たちはいいピッチングをする投手にぶつかった。
彼には脱帽しなくちゃならないな」


になっておりますが、

”You have to tip your hat to him.”

の部分は脱帽っていうより、
尊敬するべき、じゃないっすかあ? ヤフーさんよ。

ま、人の訳にケチつけるほどの
もんじゃないけーここは引っ込んでおこう。


で、今日のブレーブス公式サイトに
川上のトータル7奪三振ビデオ、ありますので
同じくしびれたいお方は
こちら をどうぞ。

こんなんなっとるで。 記事もここから抜粋しました。


e0034987_2213591.jpg


ちなみに私は何回観たか数え切れんわ。
サムにも強制的に見せたったしな (笑)

ファンの間では、

“これが川上の本当の実力じゃー”

“川上をあきらめんで本当に良かった!!”
(おいおい、おきらめとったんかい?(笑)

“Halladayに投げ勝ったとはたいしたもんじゃー”

というコメントがほとんど。

そして、“I hope he can keep it up!”
もよく聞かれました。
ほんま、そう願いますで。


いやあ~今日はウキウキ気分(死語?)で
ビールいけるぞお~~

あぁぁぁ これでカープも勝ってくれりゃあ・・・
って
確か前も言ったよな・・とほほ


勝手に 野球仲間

by Godeepsouth | 2009-05-22 23:32 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(2)
2009年 05月 17日

ブレーブス川上、よう頑張ってくれたんじゃが・・・


山での修行を無事終えて我が家へ。

家のトイレはやっぱ落ち着くなあ~
いうのを再確認したところで (笑)

さぁ、今夜は川上の三振ショー観ながら飲むかぁ~
っと、気合も万全。
彼の立ち上がりも万全のようじゃ。

e0034987_0255739.jpg


川上が直球で三振決めた時のポーズ、
何となく松坂を思わせるのですが、どがなでしょう?
(写真のように右手ちょこっと挙げるポーズ)

さて、
1回の投げ見た所で、お?今日は調子いいんじゃないかい?
なんてウキウキ(死語?)でしたが
2-3回でいきなり捕まってまいました・・・。

味方のまたちょんぼな走塁ミスなどもあって
絶好のチャンス潰されたし・・・

それでも3回以降はぴしゃり。
この日は結局5回投げて痛い3失点・・・
ま、一応4奪三振じゃったんで
そこまで悪くはなかったんじゃないかい?
しかも与えたファーボールは一つだけ!


e0034987_0354157.jpg


これは見逃し三振にしとめた後。

彼のスローカーブ、たまら~ん。
バッターはタイミング合わせづらいみたいですねえ。

いやーこれでまた不運な5敗目になってまったが、
我ボビー・コックス監督は彼のピッチングについて:

"Kawakami was OK,"
"He struggled the first two innings, then got better."

今回は短くまとめておられますな。
ほんま、おっしゃる通りでございます。

ここでの “OK” は
良くも悪くもない、って意味でのオーケーですな。
そして、

「最初は苦しんどったようじゃったが
回を重ねていくごとに “better” になった。」

というお褒めの言葉も忘れておりません。

いい監督じゃ。

記事ソース

まあ今回は残念無念のヤケ酒になってまいましたが
(カープも最近打てんし勝てんし....むなしいよのぉ)
何か手ごたえを感じだした、という
憲伸君の肯定的な姿勢に安心した所だ。

英語訳ではこう書かれてありました。
"I feel like I've been grasping something lately.
It's getting better"

これぞプロゆうもんじゃ。
(ワタシがいばってどうする・・・笑)

相変わらずサムはうるさいうるさい。

「うわ~~なんじゃあ?今日も カワカミは Kawa-killing-me じゃねえかい」

奴を黙らせる為にも
頑張ってくれ~川上君。


 

by Godeepsouth | 2009-05-17 17:48 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)
2009年 05月 10日

ブレーブス川上、今日はホンマ頑張りました。

毎度のことながら
ハラハラしっぱなしでしたが、
見事1ヶ月ぶりの初白星に一安心。

2勝4敗と1勝5敗じゃあ えらい違いじゃもんな。

本日のブレーブス公式サイトには
川上ビデオが。

e0034987_2573859.jpg


もちろん何回観ても気分爽快~
(呆れるほどの野球オタクでごめんなさい)

しかし川上の凄いところは、
連続ファーボールなど自分で招いたピンチを 
自ら切り抜けれる所だな。(連続三振とかで)。

毎回そうなんじゃがこの日も
見逃しさんしーん、って場面で
思わず出たおたけびの凄いこと・・・女を忘れた瞬間だ (笑)。

前にも言ったが彼の
"Mental toughness" には感心させられます。

観よるこっちの方が落ち着いとれんけえな、
修行が足りんつうことか。


e0034987_3195151.jpg


ますますメジャーの貫禄が出てきたなあ・・・かっちょい~。


さて、我が監督、ボビー・コックスから
またまたお褒めの言葉が。

"Kawakami pitched a gutsy game,"

"He had great stuff and kept the left-handers off balance."

"There's no need for anybody to get down on him,"

"I like his stuff. Just give him time."

おお~ボビーはほんとに川上を気に入っておるようじゃ。

to get down on him とは 責めるという意味の口語。

「彼を責めるべきでは無い」
そして、「長い目でみてやれ」ゆうこと申しております。

直訳じゃないのであしからず 
(自慢じゃないが翻訳苦手なもんで)

ちなみに gutsy とは日本語でもよく使われる
ガッツ (石松じゃないぞ) の形容詞です。

a gutsy game ここではピンチを何度も切り抜けた試合
という意味合いで使われております。

さっ 勉強じみた事はさっさと切り上げて、
勝利の美酒で乾杯だ。

ワンパターン化してきよるが我慢してくれ~




e0034987_3355088.jpg



ああ・・・これでカープも勝ってくれりゃあ・・・
頼むよブラウン君。

カープファンのぼやき

by Godeepsouth | 2009-05-10 20:53 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(2)
2009年 05月 05日

ブレーブス川上、初ガッツポーズ出た~


また負けがついてしまいましたが・・・。

e0034987_2142689.jpg

(本日の公式サイトより)

それでもですね、
打たれまくってKO喫した前の試合より、
断然見ごたえありました。

この日は5回投げて
2失点
8被安打
7奪三振

毎回ランナーを背負いながらも
連続三振などで自ら招いたピンチから脱出!

しびれた~ (酒が進むぜ)
何だこの精神的な強さは。

特に5回表、2アウトランナー2、3塁の場面、


e0034987_2162415.jpg


見逃し三振!

バッターはしばらく呆然。

ここで出ました、川上のミニ・ガッツポーズ!
(撮るのが下手ですいません)


e0034987_2172073.jpg


彼がマウンドで感情を表したのは初めてじゃ!

アナウンサーも彼のリアクションを褒めておったぞ。
"Nice emotion from Kawakami (キャワカーミ  笑)!"

でもほんま、気迫に満ちた彼のピッチング、
かっこ良かったなあ。

でも相変わらず打線の援護が・・・。
頼むぞスラガーども。

あの口の悪いサムも、
「彼は負け投手になるほど悪くはなかったんじゃが」

おおー 珍しくポジティブな発言が!

それでも川上のこと、

"Kawa-killing me!"

なんて呼びやがる・・・。
思わず うまい! 
なんて言ってしまうところであった・・・すまんよケンシン君。

歌丸さんも、座ぶとん持ってけー
申しております (笑)。

さて彼のここまでの成績・・・
1勝4敗目と、どうも負けが続いておりますなあ。 

でも負けたとはいえ
今日の内容は決して悪くはなかったです。
緊迫した場面での奪三振は大いにプラスだ。


ブレーブス、ボビー・コックス監督も

"I thought Kawakami pitched a courageous game,"

"Having that many pitches in five innings,
he did a great job of keeping us in there.
He's one tough cookie."

っと、褒め言葉のオンパレード!

記事ソース 

ちなみに・・
「one tough cookie」
とはタフな奴じゃ、ゆう意味ですが、
ちょい歳のいっとる人が
若いモンに愛情を込めて使う表現です。

ボビーはほんま、いいおじいちゃんだ。

おぅ、
試合前の写真を共同ニュースから見つけました。


e0034987_249661.jpg


メッツ、高橋建さんとのツーショットだあー!
これは凄い!ダブル・ケンじゃないか。

すいません、ちょっと今鼻息荒いで (笑)

いづれは 川上対建さん、実現するかもなあ。
考えただけで脈が乱れそうだ。

現実に戻ろう。


e0034987_2525255.jpg

おっと失礼・・・
変なおじさんがテレビに映っとったもんで・・・。

ちょうど5日はメキシコの祝日にあたるんで
それにあやかってか?


e0034987_2561465.jpg


このおっちゃん、まさか
自分のアホな姿がお茶の間に映し出された
とはこれっぽちも思っとらんだろう。

しかし人がビール飲みよるのん観たら
アレだな・・・。

ムズムズしてきたのでここにて失礼。

by Godeepsouth | 2009-05-05 23:03 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)
2009年 05月 02日

テレビつけると日本人 (メジャーリーグですが)

いや~立て続けに3人出てきたもんで

同じ日に、それぞれ違うリーグでプレーする
日本人選手らを見るとは人生初じゃ。

こんなこと、つい5年前じゃあ
考えれんことじゃったのに。 
(進化し続けるメジャーって事か・・)

さて最初はなんてったってこのお方。

e0034987_22464596.jpg


Throwback uniform 姿のイチロー様!
しかも生中継だ。

(昔のユニフォーム。たまに記念試合などで
使われとります。レトロな感じがいいですねえ)

これは貴重だ~。
イチローなんてこちらでは
なかなか生でお目にかかれる事ないけえな。


e0034987_2305294.jpg


しかもこの打席でいきなりヒットじゃけえな。
スムーズ過ぎる!

滅多に見れん南部の日本人ファンのために
打ってくれたんだろう・・・と勝手に解釈したところで (笑)



e0034987_2335523.jpg


うわっ 出た。

ちっこい方の 「松井」
これは予想外・・・
アストロズにおるとは知らんかったぞ (ワタシとしたことが・・・)。

しかも 名前が "KAZ MATSUI" になっとりやがる。
まあ アメリカ人からすりゃあ
確かに KAZUO よりか発音しやすいだろうな。

でも今日のアナウンサー、 
“キャーズ” と呼んでおったのでわろうた (笑)

そして更には・・・・


e0034987_2310523.jpg


おおおお~ 
元カープ在籍の40歳サウスポー、
高橋健さんだぁ~!

興奮のあまりブレてしまった・・・。
これまたびっくり。
やっとメジャーに昇格してこの日が初マウンドかい?
投げたんはちょこっとだけじゃったが
無失点に抑えてくれて、 敵チーム、メッツといえど一安心。

やはり自分より年上の選手を見たら
嬉しくなるなあ~・・・
最近若いのばっかりじゃけえなーんかとほほだ。

で、健さんを初めて見たサムは・・・

“なんじゃ~この日本人ピッチャーは? 
やけにジジぃじゃないかぁ~?”

・・・・ てめーとあんま年かわらんくせにボケが。

と言ってしまった張本人も苦笑いでしたが。

っといったところで、
今週も皆様お疲れ様でした。

来週も美味い酒のためにがんばりましょう。


e0034987_23231488.jpg


また怪しくてすいません。
ちょうどしらふからほろ酔いへと移行する過程が
カメラにおさまりました (笑)

おとなしゅう家で飲みよんじゃえ良かろう。

by Godeepsouth | 2009-05-02 18:34 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(2)
2009年 04月 27日

テレビの前で絶叫!


e0034987_335349.jpg


ウオ~~~!!
飛んだ~~!

と、我ながらやかましいなー、
と思わせた(笑)このクラッシュ!
でもコレ観て絶叫せん奴おるんかいな。

しかもゴールまであと1周で・・・・

あっこれは
日曜日にアラバマ州 TalladegaであったNASCAR レースです。
アトランタ・ブレーブスがボロ負けしだしたので
急きょ、チャンネルをレースに切り替えたわけだ。

負け試合なんて誰が最後まで観るかっ・・・

さて、トップを走っていたレース・カーが
宙に舞ったその直後・・・
全てテレビ見ながら撮ったモノです。



e0034987_353199.jpg


うおぉぉぉ~~ フェンス激突じゃあ!


e0034987_381367.jpg



e0034987_391365.jpg

観客は大丈夫なんじゃろか~??


e0034987_3124121.jpg



e0034987_3134680.jpg


おお良かった!ドライバーは無事のようじゃ。
(ちなみに彼の名は Carl Edward)

脱出成功した後・・・
走る!!


e0034987_315181.jpg


さあ、どこへ向かうんじゃろかー?

おお~
チェッカーライン、ゴール地点!


e0034987_3172354.jpg


最後まで何とかして完走しようとする
このドライバーの努力に感動!!
彼のこの頑張りに観客はスタンディング・オベーション!

レースの規定で完走にはならなかったものの、
(チェッカーラインは車も一緒に超えないといけんそうだ)
これで彼のファンが増えそうだ。
ワタシの中でも株が上昇中 
(え?別に聞いとらんわいって? 笑)

でもほんま大事に至らんで良かったわ。


e0034987_3293917.jpg

レース後のインタビューで彼は
すぐ両親と、ワイフに自分の無事を報告した、
とのことです。(家族第一、なんていい奴じゃないか)

しかし、久々レースで大興奮したぞ~。
自分の絶叫マシーン度にもびっくりこいたし (笑)。

ま、出るモンは出しとかにゃあね。

おっと、なんだか脱線してきたのでここにて失礼。

by Godeepsouth | 2009-04-27 13:10 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)
2009年 04月 26日

とホホな野球観戦 ブレーブス・カワカミ偏

日曜午後の対シンシナティー・レッズ戦.

カワカミ先発ゆうことで
他の用事何も入れずテレビの前で
構えとったんじゃが・・・。

e0034987_2283822.jpg


この表情が全てを語る・・・・。

4回に入るまではノーヒット・ピッチング、
一回は死球与えていきなりブーイング出てましたが (笑)
ま、敵地じゃけえしょうがない。

4回に打たれた2ランHRで崩れてしまいました。
結局8失点で降板。
(中日時代にもこんな失点出したことあるんかいな??)

その上今まで川上をリードしていたキャッチャーは
先週から故障者リストに入ってまったので
ミスコミュニケーションもあったんかも。

それでもブレーブス監督、ボビー・コックスからは
ねぎらいの言葉が。

"I thought he pitched good for three innings,
real good,"

Braves manager Bobby Cox said.
"Then he started getting his offspeed stuff up a little bit
and his fastballs, and he got hit."

(公式サイトより抜粋)

おお~ボビーは実にいいおじいちゃんじゃ。

サムによると、この監督は昔から、
よく頑張る選手にはたとえ成績悪かろうが、
チャンスを与え続ける主義。

逆に努力を怠る選手は厳しくあたり、
時には落とす。

らしく ボビーは川上のこと、
入団当初から気に入っておるようなので、
今からも先発投手として使っていくこと間違いなし。

それでもファンの反応は賛否両論のようです。
ファン・フォーラムなぞ読んでくとがっかりしそうなので
避けてはおりますが (小心者と呼んでくれ・・・笑)。

そして口の悪いサムは・・・
“また日本人がトラブルもたらしてくれたわい・・・”

おい、「また」とはなんじゃ、またとは。
もう無視に限る。

とにかく
また幸運に見放されてしまった川上君。

ワタシがそばにおったら肩なぞポン、っと
叩いてあげたいもんだ。



e0034987_2236275.jpg


彼の名前入りグローブがテレビでズーム・イン。

まあブレーブスの連勝は止まってしまったが、

今日の元気の元はなんてったって、
カープ対阪神で始球式が死球式になったこと。(笑)


e0034987_22564594.jpg

Sanspo.com

ユニコーンのメンバー、やってくれました。お見事!
ほんまにカープのサイン通りじゃったりしてね (笑)

そして中国新聞さんのこの文章、

「EBIさんが投手を務め、
奥田民生さんら4人は内野の守備位置へ。
大声援の中、投じた球は阪神の1番打者、
赤星憲広選手の尻を直撃した
。」

こういう事がマジメに記述してあり実に笑える。
鼻からコーヒーでるとこだったぞ...
朝っぱらからツボにはまったわい。

この「尻を直撃」記事のおかげで
ブレーブス敗戦も乗り切れそうだ。

中国新聞、いいねぇ~ (笑)。

by Godeepsouth | 2009-04-26 21:00 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)
2009年 04月 21日

ブレーブス川上、チョンボな守備にまた黒星。

なんだか・・・
川上の登板する試合に限って味方の

エラー、
走塁ミス、
決定打不足。

がいつもより多いような気がするんじゃが、
どうしたことかいな。(野次おやじ入っとります)

本日のブレーブス公式サイトのトップ:

e0034987_2264027.jpg


この試合、ずっと観てましたが
今日の川上、
前回同様ストライクで追い込む場面あまりなく
連続ファーボール許したりで
もうハラハラしっぱなし。
まるで我が子のピッチング観とるような気分だったぞ (笑)。


それでもですね、
アトランタの地元新聞によると、
彼の評判はなかなかいいようです。


e0034987_237548.jpg


これはまだ川上が1勝1敗の時の
アンケートですが。

川上のここまでのパフォーマンスに
ほとんどの読者は満足、という答え。

ちなみにベスト・アンサーは最後の項目、
(まだシーズン始ったばっかりじゃけえ何とも言えん)
じゃ思いますが。


さてこの記事には;

彼がブレーブス入りしたことは
ジョージア州に在住する日本人 
約8000人(この中にワタシも含まれとるんじゃろうの?)
にとっても喜ばしいニュースであり、

現にスタジアムを訪れる日本人の姿が目立つようになった、

それ以上に日本からの報道関係者が倍増、

地元の大学に通うとある日本人は
ケンシン・カワカミ ファンクラブを立ち上げる予定である、

ということが書かれております。

(記事&写真http://www.ajc.com/sports/content/sports/braves)

うわ~カワカミはいつの間にか
物凄い存在になっておりますなあ。

それでもポジティブな存在でいてくれるのは
誠にありがたい事じゃ。

次こそは勝ってくれ~・・・


おう、地元新聞 (ajc.com) からもう一枚。


e0034987_337279.jpg


報道陣にたかられるケンシン君。
回りの人達、
もう少し楽しそうに出来んのでしょうか?
(右のがちと怖いで)

ワタシがインタビューして見本見せたろか。

「アトランタでごっつええバーあるんじゃが
試合後、いかがでしょう?」

なーんてね。
し・・失礼しました (苦笑)


メジャーを語る仲間達

by Godeepsouth | 2009-04-21 23:18 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)
2009年 04月 20日

More 元祖野球界のイケ面

再度すいませんな・・・ 
(興味の無い方もおるんじゃ思いますが)

先週野球界の元祖イケ面、
元アトランタ・ブレーブスJavy Lopez が地元マイナーチームの開幕戦で
始球式にやってきた際、
いい写真が撮れなくてずーっと悔しい思いをしておりました。

BUT...

地元のローカル新聞でナイス写真を見つけたので
彼の甘いマスクをシェアしたい思います。

e0034987_22495280.jpg

Courtesy: Rome-news tribune

左側のおっさんは違うぞ (笑)。
一目瞭然じゃ思うが。


さて、日本プロ野球界の元祖イケ面:
なんてったって
高橋慶彦さん以外思いつかんのじゃが。


e0034987_23233297.jpg


いや~当時の彼の人気は凄かった・・・(古いなあ~ワタシも  笑)

「一番 ショート、高橋慶彦」

っていうアナウンス流れると

キャ~ 
よっしひこさぁ~ん、 頑張ってえ~
というおなご達のキャーキャー声 (死語?)
テレビからも聞こえよったもんな。


e0034987_2371529.jpg


銀座のホステスらもメロメロじゃったゆうし。
(元カープ、長島清之氏曰く)
そりゃ当然でしょう。
江藤のとなり座るよか断然慶彦さんの方が良かったなあ~
(おっと失礼 またポロっと・・・)


今ではロッテのコーチをされているとの事。

去年スペシャル番組で久々テレビに登場。
50過ぎたとはいえ、
ええ感じじゃないっすか~。


e0034987_23172812.jpg


長嶋一茂(左)と対談される慶彦さんです。
歯が白~ (笑)

でもいい歳のとり方してらっしゃいますねえ。
現役時代とはまた違う魅力あって
こっちも思わずニタニタしてしまいました。

なんだか
仕事どころではなくなってきそうなので、
しぶしぶ退散とするか・・・(笑)

by Godeepsouth | 2009-04-20 22:38 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)
2009年 04月 16日

今年はマリナーズが熱い!そしてイチロー様・・・

いや~今年は
開幕以来マリナーズ、ようけ勝ってまんなあ。
(我ブレーブスが3連敗中だけに羨ましいぞ~
それに最近カープも勢い無いし)

それにしてもイチロー様様。
もはや彼に値する褒め言葉、いくらあっても足りません。

監督からも
肩もみもみサービス (笑)。
なんか可愛い~

e0034987_236770.jpg

Courtesy:Getty image

地元のマリナーズファンも今年は熱いようです。
なんせチームが7勝3敗で
アメリカンリーグ、Western Division もちろんトップ。

試合の視聴率もアップだそうで、
ケーブルネットワークもにとってもありがたい事じゃ。
ほんま、他球団のことなのに
こっちまで嬉しいぞ。

マリナーズ・フィーバーは日米だけに留まっておりまへん。
こちらはカナダからのメッセージ;

“We get a lot of M's games on T.V in Canada,
so it's nice to see the M's off to a good start.
Always fun watching Ichiro,
but nice to see the team winning too”

そうか、シアトルはカナダに近いもんな。
ジョージアの端っこに生息する(笑)ワタシらにとっちゃあ
シアトルなんてよその国みたいじゃ。

さて我アトランタブレーブス、
この日は川上があっさりメジャー初黒星
(いっきに現実にもどったような・・・)

しかしですな、メディアが
彼のバッティングを褒めておるのがおもしろい!


e0034987_2349717.jpg

Courtesy: atlanta.braves.mlb.com

なんと彼はこの日、2打数2安打!!
打率も5割と一気にアップ!

ピッチャーからスラガーに転向しても
ええんちゃう? 思わせるようなナイスバッティング。

まあそれでもチームが負けてもうたしなあ~

結局川上は・・・
6回投げて7奪三振取りながらも自責点4

ってことで
敗戦投手になってまいました・・・とほほ。
それでも監督、ボビーコックスは

“ホームランを打たれた球を除いては
Outstanding だった”

と一言も川上を責める発言無しで、
ほんまいいおじいちゃん、いや、監督じゃないですか。

まあちぐはぐな守備、そして
味方の援護不足も絡まった敗戦でしたが、

それでも

"It's really my fault for giving up that home run."

っと、一発打たれたことは
全て自分の責任である、と堂々と言ってのけた川上、
次回はぜひ勝ちを与えてあげたいものです。

頑張れ憲伸君!


メジャーを愛する仲間達

by Godeepsouth | 2009-04-16 22:50 | ブレーブスTV観戦レポ (2009年) | Comments(0)