カテゴリ:中年のアラスカ遠征 in 2015( 48 )


2016年 04月 12日

アラスカ遠征記【完結編】空からの絶景再び~そして新たな冒険へ!


離陸直前

e0034987_1839.jpg

見慣れん飛行機にも
うっとりしよるうちに

e0034987_182048.jpg

ふわっ

e0034987_183273.jpg

うああ
愛しのアラスカの大地、海から
離れてしまいよる。

e0034987_184788.jpg

湾岸の先っちょ越えると

e0034987_19634.jpg

緑色になり

e0034987_110137.jpg

その後すぐ

e0034987_1113714.jpg

茶色の山々登場
したか思うと

e0034987_112717.jpg

あっちゅうまに雪山

e0034987_1123164.jpg

そして
氷河の絶景アゲイン!

e0034987_1134380.jpg

登場の仕方まで
カッコええの憎いよね。

e0034987_1161598.jpg

ダイナミックに移り変わる
アラスカの大地

e0034987_114470.jpg

なんぼ見ても心臓パクパク。

e0034987_1143568.jpg

ここでまたタイミング良く
機長の粋なアナウンス

「しばらく見通しエエけ
窓側おるラッキーなアンタらぁ
ちゃんと氷河見ときんさいよ」

e0034987_1145752.jpg

パイロットにとっても
お気に入りのフライトコースいうんが
口調から伝わって参りました。

e0034987_1154860.jpg

で更にときめいたのが
陽が暮れてくにつれ

e0034987_117818.jpg

トワイライトカラーに染まる氷河!

e0034987_1172844.jpg

雪山がこんなピンク色なるの
今まで見た事無かっただけに

声もアレも出そうな程感激、

e0034987_1175530.jpg

この時点で
アラスカ探検人生選んで
良かった、勝手に自己陶酔。

e0034987_1181125.jpg

そりゃ庶民にとっちゃ
快適な空の旅なんて存在しませんが

窓から眺めるファンタジーは
エコノミーも
ファーストクラスも同じじゃけえね。

e0034987_1184997.jpg

今回の遠征は天気にも恵まれ

おじいちゃんも
ハードな冒険こなし、

e0034987_1193473.jpg

事故も無く
予定通りに全てスムーズに行っただけに

アトランタ着いてからの
大失態が悔やまれる。

e0034987_1195256.jpg

こうしてドンくさ中年らしく終わった
アラスカ遠征、

間際になって
少々完結急いだのにはワケが..

e0034987_1201237.jpg

だって明日から
ばびゅーん!(死語?)

e0034987_1204828.jpg

もちろん直行便ではありませんが
帰郷という新たな冒険へ。

e0034987_121878.jpg

これから約12日間
またチビチビ更新なるうえ
コメント返信送れる思いますが

こっち帰ってから
濃いのお返し致したい思います。

何じゃ~かんじゃいうて
年中遠征レポしょうるような。うへへ

e0034987_1213788.jpg

結局ブレーブス
一勝も出来んまま
しばらく離れるとかトホホ。わろうてくれ

しかもこの時期に限って
無情の円高。ガビーン

e0034987_122870.jpg

ちいたぁ空気読みやがれ~よね。

でもノープロブレム。
共に戦うで!

e0034987_1224055.jpg

Are you ready 肝臓? フヒヒ




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-04-12 01:28 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(23)
2016年 04月 10日

大詰めアラスカ遠征記~アンカレッジの名物バーそして呑み納め


ミッドタウン来たついで、
我々が腹ごしらえに
向かったのは

e0034987_5422835.jpg

アンカレッジで呑みを語るなら
絶対外せんスポーツBar
「Peanut Farm」

e0034987_5425712.jpg

レンタカーで自由に走り回れるうちに
来ときたかったんよ。

e0034987_5433934.jpg

ただでさえ
立派な建物に圧倒されたのに

e0034987_5435049.jpg

小川沿いならではの
この嬉しい眺め!

e0034987_544131.jpg

前回のShip Creekに並ぶ
街中の鮭釣りスポット、
Campbell Creekなんじゃが

これまた
ため息もんの透明度!

e0034987_545356.jpg

すぐ側に
ウォーキングトレイルもあるけ
市民憩いの場にもなっとるんじゃね。

e0034987_5474844.jpg

食べる前からして
はぁ満たされた気分じゃ。

うっとり眺めよると

e0034987_5485037.jpg

タイミング見計らったかのように
うおお
川下りアクション!

e0034987_5504729.jpg

ああもう
ことごとく期待に応えてくれるアンカレッジ、

こんな見た日にゃ
余計帰りとう無いなるよね~

e0034987_551269.jpg

平日のランチ時じゃったけ
バー自体はわりと静かでしたが

e0034987_5512484.jpg

この素晴らしい眺めに
お爺ちゃんも大満足。

おいらのメシ代全部
払ってくれちゃったけ

e0034987_5514884.jpg

遠慮して呑まんかったワシのイメージ
少しはアップしたじゃろうか。
(せんか)

e0034987_5515934.jpg

せっかくじゃけ
周り少し散策したのですが
更に帰りとう無いなりました。

完璧なパティオ
見てしもうたワケじゃけ!

e0034987_5522058.jpg

そして街中とは思えん清流.. ため息

e0034987_5531844.jpg

呑み・スポーツ観戦・アウトドア
全て兼ね備わったドリーム酒場に
巡り会えたのも
中年の快挙と言えよう。

次回は絶対ここでぷはぁしよう、
拳を固めました。

e0034987_5551441.jpg

それにしても
アンカレッジ発つ日に限って
次々穴場発見するなんて。トホホ

e0034987_5564559.jpg

こうして約7日間
アラスカンアドベンチャーを共にした
レンタカーともさようなら。

e0034987_557154.jpg

現実への帰り口でもある
空港に戻って来てしまいました。

e0034987_5574020.jpg

名残り惜しげに
ターマック眺めながら

当時リアルタイムで
ブログちょこっとアップしたのは
覚えとる。

e0034987_5571263.jpg

しばし人だかりから離れたとこ
座っとったのですが

まるで化け物見たような顔して
通りがかる奴が。

e0034987_5581928.jpg

厳しい現実見えてく中

最後の最後まで
アラスカ堪能せずして
あっさり帰れるかいや。ガハハ

e0034987_5585016.jpg

(現実逃避でもある)

オールナイト飛行の楽しみは
なんてったって
搭乗前からエエに気分なれること。

e0034987_559697.jpg

コンコースのバーで
ゆったり呑むなんて
何年ブリじゃろうか。

ああこれも旅の醍醐味ぷはぁ♥

e0034987_5592740.jpg

ゆうてビール画像
うれげにツイートしようとした寸前
乱入され未遂に。ちっ

e0034987_5595874.jpg

ま、最後の一杯は
地元アラスカンAmber Aleで

中年探検隊としての
任務成功を祝いました。(ワシ払い。ちっ)

e0034987_601611.jpg

トイレ何度か往復しよるうちに
無情の搭乗時間。

e0034987_61591.jpg

バックパック背負ったお爺ちゃん
こうに眺めるのも
見納めなんじゃろうか、

ついしんみり思うたり。

e0034987_614298.jpg

さ、次回はテイクオフ、

そして遂にアラスカ遠征完結編!

e0034987_62546.jpg

ゆうとりながら
フライングしたりして。

e0034987_63122.jpg

ふひひ



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-04-10 06:07 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(10)
2016年 04月 06日

大詰め・アラスカ遠征記~街中の鮭釣りスポット


最終日と言えど

夜のフライトまで
まだ時間たっぷりあったけ

e0034987_3292427.jpg

ホテル裏にある
小川まで散歩することに。

当時8月31日、
すでに肌寒かったんじゃけど

e0034987_3295472.jpg

雨の多いアンカレッジで
青天に恵まれたのは実にラッキー。

e0034987_330845.jpg

今回の遠征,
おっちゃんらがHalibut釣り出た日だけ
雨降ったのがまた笑ける。ぷぷぷ

e0034987_3304377.jpg

鉄道の駅越えると

ジモティの集まる鮭釣りスポット、
Ship Creek見えてくるんじゃけど

e0034987_3312341.jpg

せっかくじゃけ
この川沿いトレイル視察してみることに。

e0034987_3331885.jpg

最初地図で見た際
貨物だの鉄道レールに囲まれとるけ

さほど期待せずにおったのですが

e0034987_3334457.jpg

おぉぉ!

e0034987_334835.jpg

ダウンタウンに位置するとは思えんほどの
透明度!

e0034987_3353383.jpg

近くに工場あるのに
ここまで綺麗に整備されとるのも

e0034987_3343052.jpg

自然の鮭守ろうと、
厳しい釣りルール徹底されとるけえじゃろうね。

e0034987_3351696.jpg

人口28万ちょいの大都市で (今調べた)
この景観‥

e0034987_336867.jpg

便利な都会生活と
大自然のアウトドアライフ同時に満喫できる
アンカレッジに

本気で移住しとうなりました。
(ただし冬は本土に帰るインチキ市民)

e0034987_3363455.jpg

しかも
密かに貨物オタクじゃけ
この景色たまらんのんよ。

e0034987_337249.jpg

小川より萌え貨物ばっかり
撮ってしまいよる。

碧天とのコントラストにうっとり。

e0034987_3373022.jpg

積まれたコンテナ
執拗に撮りよるような奴
他におるんじゃろうか。

e0034987_3384277.jpg

橋まで差し掛かると、
お、

e0034987_339427.jpg

おぉぉ釣りよる釣りよる!
エエなぁ

e0034987_3391933.jpg

ここらが
鮭釣りホットスポットらしいの

いずれアンカレッジ市民なった時のために
インプットしておこう。

e0034987_3394161.jpg

コンテナに萌えながら鮭釣り‥

いつか実現させちゃろう、
新たな中年目標が出来ました。

e0034987_340663.jpg

で、お散歩中なんと
前日のクルーズ船で一緒になった
熟年カップルと遭遇!

彼らもアラスカ最終日らしゅうて
なんたる偶然。

e0034987_3404567.jpg

アラスカ広いんか思うたら狭いよね~。うへへ

さ、ホテルチェックアウト済ませた後は
ダウンタウンからミッドタウンへ。

e0034987_3415933.jpg

腹ごしらえの前に
観光客らしゅう土産屋チェック。

ガイドに必ず出てくるのが
ここの有名オブジェ、チョコレート噴水!
うぎゃー

e0034987_343453.jpg

わしがちいと
まともに育っとりゃキャーキャー
ときめくんじゃろうが (どうでもエエか)

e0034987_3452216.jpg

甘ったるいチョコレート液が
もはやおぞましゅう見えるの
ワシだけじゃろうか。

「飛び込み禁止」サインわろうた。

e0034987_3441270.jpg

見るためだけのモノ、
て記載されとる、いうことは
食べれんのじゃろうね、衛生的にも。オエェ

e0034987_3444778.jpg

お土産屋自体は
チャーミングでときめいたけど
何も買わずに退店。

e0034987_345385.jpg

ミッドタウン来たついで

ヒマげに専属の労働組合にも
寄って来ました。
(おいちゃんのリクエストで)

e0034987_346321.jpg

さっそく登録してみたら
Juneau(アラスカ州都)から仕事オファー、
いきなり来週集合命令、ズッコケました。

さすがに断ったけど
うれげに記念撮影、
これも貴重な中年メモリー。

e0034987_3471622.jpg

さ、この後は更に食べるで。ウヒヒ
(終わりそうでつづく


ほいじゃがブレーブスや、

開幕戦くらい勝とうで。
e0034987_349565.jpg

ましてや
聖地ターナー・フィールドでの開幕
今年で最後じゃったのに。

e0034987_3503498.jpg

それで
かつての豪華な名将達も揃い

e0034987_355496.jpg

元監督ボビー様も元気にご登場!

e0034987_3505479.jpg

プレーオフばりに
盛り上がったのに。

e0034987_351468.jpg

ま、こうにうだうだやりながら
呑めるひと時、
どれだけ待ち焦がれたことか‥

e0034987_3521793.jpg

そして二年ぶり戻ってこられた
ブルペンの貴公子に

e0034987_3523831.jpg

またキャーキャー出来よるなんて♡
(歳は忘れろ)

それだけに今年の開幕だけは
勝って欲しかったんじゃが

e0034987_3525736.jpg

野球エブリデー生活戻ったのが
嬉しいんよ。

勝っても負けてもフヒヒ

e0034987_3533983.jpg

I loveベースボール♡



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-04-06 04:05 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(12)
2016年 03月 31日

アラスカ遠征記~アンカレッジのヒップなカフェ「Midnight Sun Cafe」


公務でアンカレッジ到着した
ジョン・ケリー国務長官と
偶然居合わせた我々、

e0034987_4232353.jpg

翌朝彼の滞在したヒルトン
歩いてみると

黒い政府の車が
すでにフロント囲んどる!

e0034987_426418.jpg

なんで政府のじゃ
分かったかいうと

車のナンバープレートが
どれもワシントンDCのじゃけぇ。

e0034987_4264351.jpg

こんな機会滅多に無いけ
怪しまれん程度に
のぞき見撮りしたんじゃけど

(すでに怪しかったろうなぁ)

e0034987_427933.jpg

ライセンスプレートの番号まで
撮って良かったんじゃろうか。
(もう遅)

e0034987_4273887.jpg

ホテル内覗いた際
黒スーツの人らばっかりおったのには
圧倒されました。

e0034987_428376.jpg

ポリも常にスタンバイ、
さすがの警戒体制じゃ。

朝早うから徘徊したのも

e0034987_429280.jpg

わしらホテルの朝食逃したけ。
(ああどんくさ)

まぁその分
ダウンタウンにより詳しゅうなったのは
嬉しい収穫。

e0034987_4303167.jpg

調子こきよったら
ちと迷うたけど。

(グーグル・マップ頼りにしたけえじゃ)

e0034987_4311916.jpg

そこらでヒマげにしとった
警備のお姉さんのヘルプもあり

我々目当てのカフェに到達、

e0034987_432411.jpg

ホテルから一番近うて
評判も良かった

「Midnight Sun Cafe」

e0034987_4324137.jpg

若者受けしそうな
ヒップな内装そして

e0034987_4355957.jpg

店内流れる
サイケデリックなオールディーズがツボで

わしのような歳でも
じゅうぶんフィットじゃ。
自信を持ちました。

e0034987_4361950.jpg

ここのフルーツ丸ごと手造りマフィンも
甘さ極力控えめで大当たり!

e0034987_4363823.jpg

アンカレッジ住むことなったら
ここの常連なって

うれげにラップトップ広げ
勉強するフリしよう、決意。

e0034987_4371630.jpg

そんな叶いも無さげな妄想に
うっとり出来たのも

アンカレッジでの
胸きゅん中年メモリー、

e0034987_4382722.jpg

ホテルのタダ朝食逃した悔しさは
とうに消えた。

e0034987_439455.jpg

さ、アラスカ最終日じゃ言えど
帰りのフライトまで
時間たっぷりあったけ

(呑んだくれには嬉しいオールナイト飛行)

e0034987_4392059.jpg

ここから更に
アンカレッジうろうろする事に。

ダラダラ続くのも中年らしさ。いやん

e0034987_439381.jpg

ちなみに当時の朝刊に偶然

リトルリーグワールドシリーズで
優勝した東京のチームがトップ記事に!
(スポーツセクション)

e0034987_440123.jpg

8 点差ひっくり返しての
劇的逆転優勝、
日本でも大きい記事なったんじゃろうか。

これからもずっと
野球続けて欲しいなぁ(おばちゃん目線)

e0034987_443321.jpg

ババぁ目線といえば

な、なんと我ブルペンの貴公子が
ブレーブスに帰ってきました!

e0034987_4433454.jpg

2年前の傷心移籍から
まさかのはなぢブー展開!キャー♡♡ 

やっぱわしらって
繋がれとったんじゃね。ウひひひ

e0034987_444451.jpg

我聖地アトランタのこと
Baseball Homeじゃ言うてくれて
惚れなおすよね~ウルウル

それどころか
はぁ両思いじゃけ♥ はなぢ

e0034987_4455143.jpg

ありがとうブレーブス

そしてありがとう15番

e0034987_44632100.jpg

ぷはぁ♡



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-03-31 04:52 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(12)
2016年 03月 27日

アラスカ遠征記~ダウンタウンAnchorageでの思わぬ遭遇


アラスカで迎える
最後の夜、

e0034987_3524821.jpg

洒落たレストランで
贅沢堪能した後

e0034987_3533276.jpg

おいちゃんとお爺ちゃんは
ホテル戻りましたが

e0034987_3534516.jpg

まだまだヤングなわしは
用足しだけ済ませ
(いちいちええか)

再び外へ。

e0034987_354186.jpg

最後じゃけとことん
トワイライト・アラスカ
堪能しときたかったんよ。

しかも一人歩きいう
ちょっとした冒険に

e0034987_3544980.jpg

初心のドキドキ思い出しながら
まず裏の駅へ。 (Anchorage Depot)

おぉまた会えた萌え列車!

e0034987_3552942.jpg

更に歩くと

任務終え
眠りにつく別の列車が。

e0034987_3555143.jpg

ああ、なんぼ見てもうっとり‥

e0034987_3565753.jpg

ダイナミックに沈む夕陽見ながら
帰りとう無いのぉ、

切なさで乙女ハートキューンしたのは
よう覚えとる。

e0034987_3573431.jpg

愛しの鉄道と
またの再会を誓い

再びメインストリートへ。

e0034987_3575722.jpg

じゃが
なんかヤケにポリ車ピカピカしとるで。

あんな近くで
事故あったんじゃろうか、
うれげに近づいて見ると

e0034987_3581750.jpg

うわ、道路通行止め!
ヒルトンホテルの前で?!

e0034987_3592580.jpg

って事はもしやこれ
同じ時期アラスカ来とっちゃった
「オバマ大統領?」

そこらの通行人に聞いたら

「ジョン・ケリー来るらしいで」

e0034987_40812.jpg

うおお、
なんというタイミングでしょう!

ダウンタウンの至るとこで
ポリ見かけたワケが分かりました。

e0034987_403846.jpg

そりゃテレビ出とっても
さほど見向きもせんジョン・ケリーですが

いちお
政界の有名人じゃけえね。

格好の撮りネタなるのぉウヒヒ、
即野次馬の一部と化。

e0034987_424983.jpg

そばで見張りよった警官も
親切に甘い声で

「Get your camera ready」 (撮る準備しときんさい)

不覚にもときめいちまったよ。

e0034987_43206.jpg

それでも目当ては
有名人ジョン・ケリー

ホテル戻ったおいちゃんにも
思わぬ野次馬チャンスじゃけ
すぐ出てくるよう連絡
(奴ぁ興味なさげじゃったけど)

e0034987_435870.jpg

こういう政治的Processionじゃ
主要人物がどの車乗っとるか分からんよう
同じ車何台も走るんじゃけど

おそらくジョン・ケリーは
この右の車におったと見た。

e0034987_445699.jpg

その後すぐ道路クリアーなったし。

おいちゃん出て来た頃にゃ
すでに「入場」し終わっとったけ
ブツブツ言いながら退散。

それでも
偶然こんな場面に出くわすなんて!

e0034987_455725.jpg

しかもヒルトンとわしらの庶民用ホテル
目と鼻の先じゃけ

同じ日にオバマやジョン・ケリーと
アンカレッジおった偶然
一生うれげに自慢しちゃろウヘヘ

e0034987_472999.jpg

そんな自己満も
おいちゃんお爺ちゃんにとっちゃ
「たかがジョンケリー」

鼻で笑われましたが

e0034987_464986.jpg

最後の最後にして

粋なサプライズで締めくくってくれる
アラスカ憎々しいのぉぉ。

e0034987_482655.jpg

贅沢いうならジョン・ケリーより
オバマ君の登場見たかったけど

萌え鉄道と
甘い声でささやいてくれた警官の街、
アンカレッジに

e0034987_491328.jpg

余計惚れたのは
言うまでも無い。

e0034987_49374.jpg

アラスカ最終日につづく




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-03-27 04:18 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(10)
2016年 03月 21日

アラスカ遠征記~アンカレッジの洒落たAsian レストラン&バー


沿岸ハイウェイから見える海が
大きくなると

e0034987_414222.jpg

そこはもうアンカレッジ、

市内入ってまず向かったは

e0034987_415737.jpg

贅沢にも
街のほぼ中心部に位置する
グランドホテル

(ダウンタウンの中じゃ
手軽なほうじゃったけど)

e0034987_416732.jpg

わしらには似つかわしゅう無い
可愛げなホテルでしたが

e0034987_4162575.jpg

アラスカ鉄道の駅すぐ前、
いうマニアなロケーションならではの

たまらん眺めにウホウホ。

e0034987_4164186.jpg

やっぱ最後の夜は
少々奮発してでも

ダウンタウンのホテル
滞在しときたかったんよ。

e0034987_417437.jpg

自分らの脚で
ウロウロできるけえね。

e0034987_4174212.jpg

アラスカ紹介モノ番組でも
度々出てくる
巨大グリズリーも目前に登場、

e0034987_418744.jpg

で、最後の夜は特別感味わおうと

このAsian漂う
小洒落たレストランに決定、

(ワシが勝手に決めたようなもんじゃが)

e0034987_4184655.jpg

レストランエリアが
すでに満員じゃったけ
ラウンジ席に誘導されたのが

わしには大当たり。
この大人モダンな雰囲気!

e0034987_4195745.jpg

かつての同伴時代
贅沢な大人の別世界に目がくらんだ
心地よさも蘇り(どうでもエエか)

まずは地ビールぷはぁ

e0034987_4211052.jpg

ラウンジの客層みな
上流インテリっぽいの見ると

e0034987_4214084.jpg

田舎Barもエエが

たまには都会の洗練された空間に
浸かるのもええね。
若返りそうなけ、(気だけ)

e0034987_422339.jpg

で、気になったのが
バーの向こうでシャカシャカする

e0034987_4231761.jpg

ちょんまげお兄ちゃん。

かなり腕のええバーテンで

e0034987_4233439.jpg

兄ちゃんの機敏な動き
追うだけでも楽しゅうて、

お爺ちゃんまで
「シェーカーに生卵入れとったでェ」
ちゃっかり観察しよってのウケた。

e0034987_424554.jpg

そんな小洒落たアジアン料理店で
頂いたのが

おいちゃんチョイス、
「アヒルと地元野菜のソテー」

e0034987_4255098.jpg

麺類に飢えとったワシは
タイ風ピリ辛ヌードル、

お爺ちゃんは
ココナッツミルク入ったカレー

e0034987_426155.jpg

さすがに
アップスケールなレストランだけあって
盛り付けも上品でどれも旨い!

この3品に地ビール二杯で
100ドル越えましたが (チップ込み)

e0034987_427099.jpg

わしらの田舎じゃ堪能できん
大人空間での贅沢グルメ、

そして
ちょんまげ兄ちゃんパフォーマンスにゃ
大満足。

e0034987_4272551.jpg

暗くなるにつれ
かなり肌寒くなったアンカレッジでしたが
(当時8月末)

e0034987_4275269.jpg

その寒さでさえ
心地えかったんよ。

(濃い地ビールがよう効いたらしい)

e0034987_4282312.jpg

ガイドブックや
ネットでしか見ることなかったストリート

まさに歩きよるワケじゃけえね。

e0034987_4283757.jpg

しかしこれだけで
終わるハズが無かった。

e0034987_429721.jpg

中年のダウンタウン徘徊
実は始まったばかり。フヒヒ

e0034987_4292069.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-03-21 04:36 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(6)
2016年 03月 17日

アラスカ遠征記~憧れの「Alaska Railroad」密着! 


極寒の街Whittier、
氷河クルーズの拠点に過ぎん
思いきや、

e0034987_4234133.jpg

ちゃっかり嬉しいサプライズ
演出してくれるとは!

ぬおおお

e0034987_424161.jpg

中年ハートを射止めたアラスカ鉄道と

7年後越しの再会!キャー

e0034987_4243932.jpg

ちょうど
観光客降りて来たとこ出くわすという
どんぴしゃタイミングに

e0034987_4252998.jpg

鉄道オタクの血が沸騰、
気がつけばウホウホ密着。

e0034987_4254640.jpg

ああもう
この色、形、車輪全てが
かっこええて

e0034987_4263424.jpg

ほんまに
中年鼓動パクパクしたんじゃけ。

e0034987_4271795.jpg

今回の遠征では
乗車すること無かったのですが

今となってはお爺ちゃんにも
鉄道萌え体験させたげたかったのぉ。
(来年にチャンスあるか?!)

e0034987_4275639.jpg

鉄道ラバーじゃないと分かるまい
このときめき♡ 

世界一美しい鉄道じゃ
断言できるけ。

e0034987_4302265.jpg

このまま列車での前で
うっとり固まっときたかったんじゃけど

お腹すくまでに
アンカレッジ戻っときたかった
我々中高年、

e0034987_4383667.jpg

Whittierから
絶景ハイウェイリターン

e0034987_4344645.jpg

しばらく
氷河の川沿い走ったんじゃけど

e0034987_435775.jpg

ここら
アンカレッジからのアクセスええ割に
人もまばらで

e0034987_436490.jpg

宿も店もほとんど建っとらんぶん
アウトドアマニアにとっちゃ
まさに穴場スポット。

e0034987_4365720.jpg

ジモティぶって探検するには
ここらがエエよ。
(アラスカ州民でもないもんが知ったげ)

山岳地帯を抜け

e0034987_438487.jpg

再び見えてきた海が (Turnagain Arm)

遠征の終着点を告げとるようで

e0034987_4393835.jpg

おセンチ感アップ。

旅の終わりって
なんか切ないんよねぇ。

e0034987_4432948.jpg

じゃが
ことこどく思わぬサプライズで
我々をとりこにするアラスカ、

e0034987_446838.jpg

アンカレッジ戻ってからも
それは続く事に。

アラスカ最後の夜に
つづく

e0034987_4464144.jpg


ちなみに
わしらが氷河探検に出た翌日

うはは!わろうた。

e0034987_4473349.jpg

オバマ君も
同じ海でウキウキ氷河探検!
(わしらの税金でかいな)

e0034987_4485796.jpg

そんなん当時知るワケない。

じゃが
偶然遭遇したとしても
オバマ君て気付くじゃろうか。

e0034987_4491364.jpg

ぷぷぷ



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-03-17 04:59 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(19)
2016年 03月 13日

アラスカ遠征記~氷河クルーズでじかに見た温暖化


4時間未満の
クルーズじゃったとは言え

e0034987_447617.jpg

氷河の氷入り
マルガリータまで頂き

e0034987_4475749.jpg

実にプライスレスな
ひと時となった
我々最後のアラスカンアドベンチャー

(プカプカ浮いとるのはSea Otter)

e0034987_448817.jpg

景観損なう中年
ここにもおった。

e0034987_4482314.jpg

氷河の邪魔じゃ
どけえやババぁ、ですか。

ジジババ扱いにゃ
もはや慣れた。

e0034987_4484762.jpg

我々のクルーズ船、

我々呑んだくれが湧いた
氷河カクテルパフォーマンスの後は

e0034987_449890.jpg

Uターン、帰りの途に。

e0034987_4492051.jpg

分厚い氷に覆われた箇所見て
ホッとしたものの

e0034987_453388.jpg

やはり年々規模
小ちゃくなりよるらしく

(アラスカの積雪量
今年もワースト更新したらしい)

e0034987_454466.jpg

いずれ消えてく
氷河も多いとか。

ここのも
徐々に後退していきよるし。

e0034987_454183.jpg

そして実際消えて無いなった
氷河も目の当たりに!

この向かって右側なんじゃが

e0034987_4545171.jpg

溶けて
U字型なっとるの分かるかね。

ああ切ないのぉ‥

e0034987_455673.jpg

そりゃ当時夏でも
かなり寒かったのですが

e0034987_4555986.jpg

至る箇所から
氷河の溶け水流れ出よるの見ると

心配でやれん。

e0034987_4561518.jpg

いかに温暖化が深刻なか
体感したのも
ホロ苦アラスカンメモリー。

e0034987_4562826.jpg

オセンチに浸りよると
再び街が見えてきました。

e0034987_4565392.jpg

極寒の港町Whittier
改めて眺めると

すぐ裏に氷河山あるけ

e0034987_458402.jpg

なんであがぁに
寒いんかが分かりました。

e0034987_4593965.jpg

ヒマげに
Google Earthでも確認

e0034987_4595267.jpg

四方八方から
凍てつく強風吹き付けるのは

海と山と氷河に挟まれた
地形のせいじゃったんじゃね。
(偉そげ)

e0034987_50536.jpg

クルーズ目当てでしか
来ること無いであろう極寒の地

またいつ戻ってこれるか
分からんけ

e0034987_502541.jpg

凍てつく強風でさえ
身体全体に吸収しておこう、

e0034987_511267.jpg

最後の最後まで船のデッキで
ヤセ我慢撮り。

e0034987_58736.jpg

あくび野郎おるで。ぷぷぷ

e0034987_512752.jpg

せっかくじゃけ船内で
記念の一枚。

あれからガイドお姉ちゃん
追っかけ出来ず残念‥。

e0034987_521611.jpg

さっさと降りやがれですか。

次回は陸路!

e0034987_524151.jpg

終わりそうで
つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-03-13 05:12 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(14)
2016年 03月 09日

アラスカ遠征記~氷河クルーズでの粋な計らい


碧の絶景を前に

e0034987_450990.jpg

ガイドお姉ちゃんも混じって
皆で和気あいあいの大撮影会。

e0034987_4545464.jpg

お、わしに向けて
ラブビーム発射しとりげな。ウヒヒ

e0034987_4551098.jpg

若いキャピキャピ
セルフィー組もおれば

e0034987_455241.jpg

景観損ねる
中年もおったり

e0034987_4555334.jpg

観光客アクション追うのも
楽しゅうて

この時点でクルーズ料金
元以上取れたガッツポーズ。
(ケチ思考)

e0034987_4563933.jpg

我々のクルーズ船
数カ所の氷河周ってくれるんじゃけど

e0034987_5213665.jpg

次来たとこは
辺りに氷プカプカ、

e0034987_457728.jpg

それが太陽に反射して
キラキラ輝いとるのが
また美しゅうて。

e0034987_4574351.jpg

自然の「宝石」にうっとりしよると

e0034987_5222819.jpg

クルーズ船員が
わしら観光客向けに
なにやらアクション開始。

e0034987_51242.jpg

網ですくい出したけ
なんの魚釣れるんじゃろうか、思いきや

どうやら氷河のかけら
すくいあげ

e0034987_532044.jpg

その氷で
わしらにカクテル作ってくれるらしい!
(有料じゃったけど)

e0034987_581673.jpg

アラスカならではの粋なサービスに
大人になって良かった‥
心底思いました。

e0034987_59418.jpg

不純物混じっとらん
まさにピュアな氷で

e0034987_511323.jpg

酒呑ましてくれる、
いう予期せぬ朗報に
釣られんワケがありません。ウヒヒ

e0034987_5122496.jpg

船内のバー直行すると
すぐ後ろに並んどったおじさん、

「あんたも氷河カクテル狙いかいの。ウハハハ」

e0034987_5132457.jpg

デーモン閣下のような響きに
皆もつられ笑い。

呑んだくれの
ポジティブパワー、たまりません。

e0034987_5134783.jpg

で、この若いプリプリ兄ちゃんに
作ってもろうたのは

人生初となる
氷河入りマルガリータ!キャー

e0034987_5145024.jpg

このセッティングで
旨くならんワケがありません。

ああもう、マルガリータ越しの氷河
延々眺めとりたい‥

e0034987_5153833.jpg

こうにいちいち撮りよるの
わしだけじゃったんじゃが

残しときたいんよ
探検呑みの証。

e0034987_5161045.jpg

ショートクルーズに関わらず
タダつまみも出たし。
(魚のフライ)

e0034987_5173842.jpg

なんてったって
豊富な知識と弾ける若さで
おいらを癒やしてくれた
ガイドお姉ちゃん♡

(エリザベスいうカワエエ名前じゃった)

e0034987_5175946.jpg

クルーズ船のレンジャー、いう役目を
心底楽しんどってのに

若いながらも
尊敬せずにおれません。

e0034987_5182545.jpg

仕事にパッション持てるって
なかなか出来んもんね。

e0034987_5185370.jpg

さ、次回は
探検大詰め上陸編!(たぶん)

e0034987_5191628.jpg

いやぁ旅ってエエね、

失うもんより得るもん
はるかに多いけ。(偉そげ)

e0034987_5231824.jpg

つづく



にほんブログ村へ

by godeepsouth | 2016-03-09 05:30 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(10)
2016年 03月 05日

アラスカ遠征記~圧巻、ラストアドベンチャー【氷河探検】


今回初めて
港町Whittierに来た理由は

e0034987_028165.jpg

この船!

e0034987_0284289.jpg

そう、我々の目当ては
旅のクライマックスとも言える
氷河クルーズ、

e0034987_0331841.jpg

アンカレッジ戻るついでに
Whittierからのショートクルーズ
予約出来たけ (HPより抜粋)

e0034987_0334636.jpg

わしらの都合にもぴったり
大助かり。

e0034987_0345839.jpg

ガイドしてくれるレンジャーも
ぴちぴちお姉ちゃん大当たり♡

e0034987_0353584.jpg

これも前日の極寒釣りに
耐えぬいたご褒美と言えよう。ウシシ

e0034987_0391844.jpg

そりゃ水上でも
しゃれんならん寒さでしたが

アラスカンアドベンジャーも
これで最後じゃ思うと

e0034987_040963.jpg

デッキ出て
撮りまくらずにおれません。

e0034987_0402059.jpg

漁船見ると釣り竿投げとうて
ウズウズしましたが

e0034987_0403520.jpg

放置されたままの沈没船見て
尻が引き締まりました。

e0034987_0413214.jpg

さ、ここから
スピードアップ、

e0034987_0424643.jpg

氷河も
ちらほら見えて来だすワケじゃが

e0034987_0432476.jpg

物凄い強風で
垂直に立っとれんほど。

そんな中アホみたいに
やせ我慢撮りしよるのワシだけ。

e0034987_0441636.jpg

氷河の規模小ちゃく
なってきよるとは言え

厚みのある氷河
見え始めると

e0034987_0483118.jpg

さすが圧巻、
アドレナリンじわじわ

e0034987_0484229.jpg

徐々にガイドブックの写真みたいな
光景広がり

e0034987_0502975.jpg

「エンジンいったん止めるけぇ
しばらく写真撮りよりんさい」

キャプテンのアナウンス。

e0034987_0505829.jpg

このクソ寒いのに
半袖おるのわろうた。

アメリカ人の体感温度、
一生理解できません。

e0034987_0511136.jpg

それにしても
この時点ですでに

e0034987_0515137.jpg

乙女鼓動パクパクなのに

e0034987_052329.jpg

ダブル滝キター!

e0034987_052218.jpg

もの凄い轟音じゃけ
どれだけ溶けよるんか
心配なほど。

e0034987_0571571.jpg

氷河の溶け水が
海水に混じっとるのが
また美しゅうて‥ ため息。

e0034987_0575036.jpg

温暖化モロ影響受けとるとは言え

氷河だけが作り出せる
神秘的な蒼色

e0034987_1103958.jpg

この目で確認出来たのも
我探検人生のハイライトじゃ言えよう。

(勝手に浸りよる)

e0034987_113090.jpg

ミルキー色に染まった海水、
そして澄んだ空、

違うシェードの蒼色レイヤー
なんぼ見ても飽きません。

e0034987_121339.jpg

ガイド姉ちゃんにも
天候にも恵まれた最後の冒険、

お楽しみは
まだまだこれからでした。

e0034987_132936.jpg

ウヒヒな後半に続く

当然呑みも絡むんじゃがね。
(ぷちネタばらし)

e0034987_124930.jpg


P.S 今更なんじゃが
画像クリックすると大きゅうなるよ。



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-03-05 01:16 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(5)