アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:中年のアラスカ遠征 in 2015( 48 )


2016年 02月 28日

アラスカ遠征記~夏でも極寒の港町 Whittier, AK


Soldotna出発して数時間、

氷河湖が見えてきました。

e0034987_5172445.jpg

これが
まず我々の目指した
Portage Glacier Rd にある

e0034987_5175022.jpg

Portage Lake 

初めて見る光景だけに
もちろん停車、

e0034987_519240.jpg

愛しのターコイズブルー
撮らずにおれません。

なんぼ見ても
吸い込まれそうな美しさ‥

e0034987_519317.jpg

とは言うても
本来ならもっと雪に覆われ
氷河の規模も大きいらしい。

e0034987_5194888.jpg

さ、ここから目指すは

我々の最後の冒険地、
Whittierなんじゃが

e0034987_5201137.jpg

そこへは氷河山に掘られた
トンネル通過せねばなりません。

e0034987_5533891.jpg

これまでは船でしか
到達出来んかったのに

陸からのアクセスをも
可能にしたこのトンネル、

e0034987_5205130.jpg

元々は物資輸送目的で
造られたらしいが

皮肉な事に
トンネル建設を早めたのは

日本軍によるアリューシャン列島攻撃。

e0034987_5215445.jpg

海路での物資輸送が
困難なったのもあり

急遽秘密の陸路完成させたらしい。

これが今でいうWhittier Tunnel
(ストリートビュー画像)

e0034987_5212568.jpg

鉄道と車の共有トンネルとしては
北アメリカじゃ最長の2.5マイル。
(4キロちょい)

e0034987_5225398.jpg

一方通行オンリーで
1時間おきにしかオープンせんけ

トンネルスケジュール確認は必須。
(知ったげ)

e0034987_5231630.jpg

時間来るまで
列つくって待機するんじゃけど

その間に線路萌え画像収めずして
鉄道オタクとして務まりません。

e0034987_525573.jpg

ワシみたいに
撮りよるのおってわろうた。

e0034987_5252128.jpg

それにしても
日米戦争の名残りでもあるトンネル、

今どれだけの日本人が
観光目的で使用しておるんじゃろうか。

e0034987_5255378.jpg

歴史の重みに
ちょっと切のうなりながら

我々キャラバンいざトンネルへ!

e0034987_5261469.jpg

おぉ、線路の上走る新感覚!

こりゃ冒険欲刺激されるよね~

e0034987_5263885.jpg

Uターン困難なトンネルで
車故障なんてなりゃ
大ごとじゃろうて。

e0034987_5271957.jpg

トンネル越えると

おぉ、再び海岸線!

e0034987_5274392.jpg

初めて踏み入れる地じゃけ
見るもの全てが新鮮で
ウキウキるんるん

e0034987_5292442.jpg

じゃが1960年まで
街全体が軍事基地じゃったのもあり

e0034987_5295783.jpg

観光地にしちゃ
地味めな印象。

e0034987_5302331.jpg

いちお海路
(Alaska Marine Highway)

そしてクルーズ船の
重要な拠点ではあるにしても

e0034987_5304188.jpg

土産屋は無く
小ちゃいレストランやカフェが
散らばる程度。

e0034987_5312014.jpg

廃墟と化した
昭和な軍人アパートには(正面の)
廃墟マニアの血が騒ぎましたが。

e0034987_5305691.jpg

更にときめいたのが
おぉ!

e0034987_531352.jpg

さすが氷河から
ダイレクトに流れるだけあって
夢のような色彩‥

e0034987_532216.jpg

ほいじゃがこの街、
優雅に散策しとれんほどの強風で
寒いのなんの。

海面の模様からも
伝わるでしょうか、

e0034987_5324619.jpg

手の感覚無いなりながらも
必死こいてボート写真撮る観光客
もちろんワシだけ。

(おいちゃんらは車内で待機)

e0034987_5334615.jpg

ここまで来ると
観光いうよりゃ執念じゃのぉ。

ほんまとにかく寒かったいう
思い出しか無い街でしたが

e0034987_5342855.jpg

ここまで書いたら
なんの探検しに来たか
バレちまうな。

さ、次回は船出!

e0034987_5345718.jpg

先にバラした。ふひひ



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-02-28 05:56 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(14)
2016年 02月 24日

アラスカ遠征記~新たな冒険へ出陣!【再ロードトリップ編】


川釣りヘブンSoldotna
最後の夜

e0034987_5143542.jpg

ひとしきり呑んだ後は
名残惜しげにキャビン撮影。

尻晒しパフォーマンスかましちゃろうか
思うたけど

e0034987_5151842.jpg

お爺ちゃんに見られちゃ
さすがにヤヴァいけ渋々ガマン。

この時点で
夜9時前じゃったんじゃけど
まだ明るいけ

e0034987_5162498.jpg

すっかり仲良うなった
青い小鳥ちゃんと最後の戯れ。

e0034987_5172871.jpg

またここ戻ってこれたら
ピーナツ存分
食べさせたげるけえね。

e0034987_5174576.jpg

鳥にまで優しゅうなれるのも
アラスカンマジック。

e0034987_5181410.jpg

こっから眺める空も
全てが名残惜しかったんじゃけど

e0034987_5183287.jpg

中年探検隊として
人生まっとうするの誓ったからには
(勝手に)

いつまでも同じ箇所に
留まってなんておれません。

e0034987_5185319.jpg

翌朝キャビンのオーナーとも
再会を約束しチェックアウト。

e0034987_5192450.jpg

こうして我々中高年キャラバン、
デカ鮭メモリーに浸りながら再出陣!

(2015年8月30日当時)

e0034987_520737.jpg

次なる目的地は
アンカレッジから来たハイウェイ(Hwy 1)
戻ってくコースなんじゃが

e0034987_5202755.jpg

まず目指すはPortage Glacier Rd.

平地から再び
クネクネ山道入ってくんじゃけど

e0034987_5205341.jpg

あれ? なんかちょっと様子が違っ‥

e0034987_5225714.jpg

おおおうっすら雪積もっとる!

e0034987_5232199.jpg

来た時はまだ雪なかったけ
わしらガキのようにキャーキャー

e0034987_5234116.jpg

だって8月に雪見る自体
ウキウキ初体験なワケじゃけぇ。

e0034987_5242047.jpg

ことごとく我々の期待に応えてくれるたぁ
さすが愛しのアラスカ、

また一生の思い出が増えました。

e0034987_5243831.jpg

夏シーズンの集中道路工事で
減速余儀なくされたのも
アラスカならでは、

寛大に受け止める余裕できたのも

e0034987_5251364.jpg

極寒釣りで
心身鍛えられたおかげじゃ言えよう。
(なんでも都合のエエようにとる)

e0034987_5263832.jpg

標高低くなってくにつれ
雪は無いなりましたが

e0034987_527353.jpg

5日前来た時とは違い
碧天で気持ちエかったけぇ

e0034987_527199.jpg

ボットン休憩所で
思いっきり緩め(なにを?)

e0034987_5273737.jpg

ひんやり美味しい空気浴びながら
ちょっと散策。(身軽になったし)

e0034987_5281945.jpg

ここでの済んだ空気
ビニール袋に詰めてしばらく
スーハースーハーしとりたかった程。あぶな

e0034987_5284780.jpg

今頃はこの辺り
ビューティホー銀世界なんじゃろうなぁ。

さ、氷河水の川
見えた辺りから

e0034987_5293791.jpg

新たな山岳エリア
突入する事なるんじゃが

e0034987_5303674.jpg

Hwy 1 から東に曲がる
Portage Glacier Rd

e0034987_5313337.jpg

7年前のアラスカ遠征じゃ
踏み入れとらん
わしらにとってヴァージングラウンド。(大袈裟)

e0034987_5315367.jpg

我々を待ち受ける
更なる絶景については

また次回ねっちり語りたい思います。

e0034987_5331816.jpg

大詰めいう割りにゃ
長々すいません。

中年じゃけしぶといんよ♥ むふふ

e0034987_5334689.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-02-24 05:37 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(8)
2016年 02月 19日

アラスカ遠征記~冒険後の打ち上げ祝杯 @地元スポーツバー


祝杯いうても
呑んだの自分だけじゃったんじゃが

e0034987_5244667.jpg

川下りから生還した夜は
前から気になっとった街のスポーツバー

Buckets Sports Grillで祝うことに。

e0034987_5251235.jpg

さすがローカル御用達だけあって
観戦呑みするには
申し分無い内装、

e0034987_5261539.jpg

もうこの時点で
呑みエンジン大加速、

探検疲れどっか飛んでいきました。

e0034987_5264096.jpg

そして
過酷探検に耐えたものだけが
味わえる(ふひひ)

e0034987_5274896.jpg

勝利の美酒ぷはぁ♡

ああもう
この街本気で住み着きたい思うよね。

e0034987_5282412.jpg

ローカルお姉ちゃんもエエ感じ。

知らん間に
カメラで追ってしまうなぁ。ウヒヒ

e0034987_5283959.jpg

ここで頂いたのは地元の四本足、
Caribouバーガーアラスカサイズ

(ちなみにここでの小サイズ
Texas Size表記なっとった。さすがじゃ)

e0034987_5291431.jpg

ソテーオニオンとマシュルームに
絡むとろけチーズ♥
ああ来て良かった。

e0034987_5295862.jpg

おいちゃんのは
Fish’n Chips(Halibutの一口フライ)

e0034987_5301564.jpg

ここまで激しゅう
作り笑いせんでも良かろうに。シワがぷぷぷー

e0034987_5302928.jpg

当時NFL開幕前、
Pregameシーズンじゃったのもあり

e0034987_5313376.jpg

うれげに贔屓チームのジャージー着用して
地元アピールする観光客、

どこにでもおるもんじゃね~。

e0034987_5315192.jpg

さ、キャビンに戻った後は
とうぜん呑みなおし。ふひひ

e0034987_5321093.jpg

約三日過ごした
川釣りヘブン、Soldotnaも今夜が最後、

しかもこの時点で
アラスカ滞在あと丸2日に迫っとったけ
(しょぼーん

e0034987_533386.jpg

この夜ばかりは地元ビール
おおいに浴びよう、決意。
(いつもか)

e0034987_5333467.jpg

ああもうこの瞬間、
ずーっと続いてくれたらなぁ。

思うときほど
あっちゅう間なんよね。トホホ

e0034987_5335342.jpg

最後の冒険につづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-02-19 05:44 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(14)
2016年 02月 15日

アラスカ遠征記~極寒・川釣りバトル【撤退編】


Kenai River
最後の釣りスポットで

e0034987_595674.jpg

ガイドのJason君が
3匹さばき終えるまでに

なんとか
あと一匹釣り上げようと
必死こく我々中高年、

e0034987_510233.jpg

再び時間とプレッシャーとの戦いに
なりましたが

e0034987_5104434.jpg

まぁ
この絶景の一部になれたただけでも
満足じゃわい、

e0034987_5113872.jpg

諦めモードなっとった
その時

うおお、
プリプリ赤いの掛かっとる!

e0034987_5115471.jpg

お爺ちゃんとこに。 ガクっ

まぁとにかく釣れたけ
ウホウホしよったんじゃけど

e0034987_5131390.jpg

この赤いの、
6月~7月までしかキープできん
Sockeyeサーモンじゃけ即リリース。とほほ

(わしらの目当てはシルバーサーモン)

e0034987_5142387.jpg

このSockeyeサーモン
すでに産卵時入っとるけ

役目終え川に散ってく
雌もようけ見かけたんよ。

e0034987_5154427.jpg

鮭のはかない一生さえ美しい‥。

ここで
無情のタイムリミット。

e0034987_5174769.jpg

こっから終着点まで
ノンストップクルージングなるわけじゃが

出発して約10マイル
下ったらしい。

e0034987_5185248.jpg

結局わしは
何匹か引っ掛けたものの
ボートまで釣り上げること出来ず

恥ずかしながら
坊主でございました。ああかっこわり~

e0034987_5192795.jpg

前日の秘境釣りでかました
輝かしい大逆転で
ヘラヘラ浮かれとったの

釣りの神様よう見とるんじゃのぉ。

e0034987_520540.jpg

まぁそれでも
手の感覚失う過酷な状況で
3匹キープは文句無し。

e0034987_5202873.jpg

そりゃわしだけ
坊主じゃったとは言え

船着場での心地ええ達成感、
プライスレス。

e0034987_5204817.jpg

今回の無謀探検、
忍耐という中年には辛い
ハードル超えただけでなく

e0034987_5211332.jpg

初・極寒チャレンジにして
いちお結果出せたワケじゃけ

我探検人生の
中年ハイライトと言えよう。
(勝手に浸りよる)

e0034987_534797.jpg

でもやっぱ
デカイの釣りあげたかったのぉ。

来年すでに
リベンジ再訪するつもりではおる。
(日本が先か?!)

e0034987_5345435.jpg

ちなみにアラスカの肴
いつが釣り時か
ひと目で分かるチャート。

e0034987_5353431.jpg

Trophy、てのは
釣り上げずデカさだけ記録して
競い合うキャッチ&リリースプログラム。
(でかい魚保護の為でもある)

アラスカにハマったおかげで
やたら鮭に詳しゅうなったはエエが

e0034987_536188.jpg

知識はあってもまず釣り上げにゃ
知ったげ言えんよね~。ちっ

(缶詰になるのは主にピンクサーモンらしい)

e0034987_537616.jpg

こんな見よると目の毒じゃけ

さっそくちまたで
欲満たして参りました。

e0034987_5374241.jpg

そりゃ本場アラスカのにゃ敵わんが
ちんけな田舎じゃ
これでじゅうぶん。

なんてったって
呑みダチとの酌み交わしぷはぁ~☆

e0034987_538347.jpg

ああこれで来週も闘える‥。

じゃが最近
ラテン系ばっかりなのビビったけ。

e0034987_5382026.jpg

中南米のアミーゴ達が
握ってくれる寿司、
ここらでしか体験できまい。

就労ビザ目当てかいの、
思わずにおれんけど。

e0034987_5385753.jpg

コソ撮りヤヴァかったかね。
(もう遅い

撮り逃げ~

e0034987_5392334.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-02-15 05:47 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(16)
2016年 02月 11日

アラスカ遠征記~極寒釣りの成果【見せびらかし編】


2015年8月29日当時
気温0度

e0034987_419477.jpg

水上での体感温度: 氷点下

そんな過酷な状況で

e0034987_436384.jpg

釣り竿思うように投げれず

(得意のバックハンドでさえもノーコン)

e0034987_417486.jpg

なんぼ釣り経験長いとは言え
(単に歳くうただけ)

まさかの大苦戦。ワシだけか

e0034987_42011.jpg

それでも
ターコイズカラーのKenai River
なんぼ眺めても飽きません。

e0034987_4194696.jpg

ゴムボートで
ラフティング探検もできるんじゃね。

さすが気温0度じゃノーサンキュー

e0034987_4211774.jpg

でもこのク○寒いのに
川辺にテント張って一泊したいう
カップルに遭遇、

彼らも生粋アラスカンでした。大尊敬じゃ

e0034987_42228.jpg

ガイドのジェイソン君
ちゃっかり珈琲分けてもらいよった。

Kenai Riverでたびたび見かけたのが
あひるさんの群れ。

e0034987_4222934.jpg

こんな美しい自然の元で
悠々暮らせるアヒルさんになりたい、
本気で思うよね。

e0034987_4224746.jpg

未だワシだけ釣れんまま
中高年ボートは
無情にも最後の釣りスポットへ。

e0034987_4231469.jpg

半日コースじゃけぇ
時間勝負なんよ。

e0034987_423375.jpg

おいちゃんは早々に
リミットでもある二匹釣ったけ
ガイドのジェイソン君と上陸、

e0034987_424927.jpg

お爺ちゃんが釣った
一匹合わせて計3匹、

ここで捌いてくれるらしいんじゃが

e0034987_424571.jpg

その前に記念撮影、

わしらボートに居残って
最後のあがきとばかりに
葛藤しよるいうのに

e0034987_4255884.jpg

おいちゃんは一人ウホウホ
見せびらかし大会。ちっ

ガイドが撮ってくれた
写真どっか~ん!ぬおおデカ!

e0034987_4294589.jpg

実はよりデカぁ見えるように
遠近法用いたポーズとっとったらしい。

(魚をより前に突き出すよう構えるテク)

要はインチキ写りかいの。

e0034987_4303942.jpg

遠近法無しじゃと
たしかにしぼんで見えるけ。

e0034987_431189.jpg

インチキテクなら
即習得できるのにね。

じゃが当時はそんな事
考える余裕なんてありません。

e0034987_431478.jpg

残されたタイムリミットで
なんとしてでも
釣り上げにゃいけんワケじゃけ。
せめてあと一匹…

端から見たプレッシャーボート

e0034987_432186.jpg

画像タイトルは
「中高年の真剣勝負」

世の中高年への
インスピレーションなるかいの。ウヒヒ

e0034987_4324117.jpg

撤退編に続く



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-02-11 04:40 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(17)
2016年 02月 05日

アラスカ遠征記~中高年の葛藤、極寒川釣りバトル


鮭パラダイス
Kenai Riverに挑む我々

(Cooper Landing, Alaska)
e0034987_343058.jpg

その美しさとは裏腹に

e0034987_3433162.jpg

いざ川乗っかると
氷点下の寒さ!

手袋持ってこんかったの
本気で悔やみました。
e0034987_3444512.jpg

しかし探検隊という
人生選んだからには

この寒さでブーたれとるようじゃ
何も務まりません。

e0034987_3453992.jpg

ましてやこの
贅沢セッティング‥ ため息

e0034987_3464444.jpg

今回我々を
引導してくれたのが

ふわふわヘアーがお茶目な
アラスカ生まれのジェイソン君。

e0034987_3491220.jpg

80年代ロッカーのような風貌は

フリースピリット漂うアウトドアヒッピー

e0034987_349322.jpg

たまにポロッと出る
下品言葉(Shit)さえも

彼らしゅうてぜんぜん違和感無し。

e0034987_354698.jpg

むしろShit出て以来
より親近感が。ふひひ

ツインテールみたいなっとる。ぷぷ

e0034987_3553220.jpg

ここでは
鱒釣りのような感じで
フック付いたルーア投げるんじゃが

e0034987_356346.jpg

手ぇかじかんで
思うように投げれません。

ちゃんと投げれても
素早くグルグル巻けずモタモタ。

e0034987_357064.jpg

寒いと
ここまで動き鈍くなるたぁ
自らの経験不足モロ実感。

e0034987_3575478.jpg

それでも一目惚れしたこの
ターコイズカラーと
戯れよるのが夢みとうで

e0034987_3583159.jpg

Kenai Riverでの川釣り、
長年の夢じゃっただけに

e0034987_3585666.jpg

凍える瞬間でさえ満喫しちゃろう、
決めました。

e0034987_40361.jpg

浸っとる間に
お、かかっとる!(ワシでは無い)

鮭一匹目の快挙
おいちゃんに取られた。ちっ

e0034987_401711.jpg

Kenai Riverのシルバーサーモンも
プリプリじゃ♥

e0034987_405767.jpg

わしんとこにも
ヒットはし出したんじゃがねぇ。
(いちお言い訳)

e0034987_413542.jpg

この川下りコース、
用足しできるようになっとる
釣りスポットもあるんじゃけど

e0034987_43263.jpg

今回乙女スクワットはガマン、
寒くてナマ尻晒しとれんかったし。

殿方じゃと
小ちゃく縮こまっとろうて。

e0034987_435410.jpg

別の釣りスポットでは
おぉぉ、

e0034987_441110.jpg

お爺ちゃん!お見事!

こりゃまた活きのエエぷりぷり!

e0034987_443198.jpg

ナイスチームワーク!
釣りってエエなぁ。

e0034987_444630.jpg

じゃが目の前で
会心のハイファイブ見せられた日にゃ
焦るよね~

e0034987_452147.jpg

でも今回またしても
ワシが最後にどっかーん!
かますセッティングは整った。

かに思われた‥

e0034987_454215.jpg

極寒釣りバトル
後半に続く。

e0034987_461085.jpg

いや、後半で終わらせるの
もったい無い気がしてきたなぁ~うへへ

e0034987_463042.jpg

中半に続く




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-02-05 04:18 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(20)
2016年 01月 30日

アラスカ遠征記~中高年の無謀チャレンジ【出陣編】


秘境サーモン釣りから
帰還した夜、

e0034987_632268.jpg

キャビンのマスターが
ファイアー起してくれたんよ。
明日から冷えるらしいけ

e0034987_6333010.jpg

本場アラスカでの
初・焚き木体験にわしらうっとり。

e0034987_6335413.jpg

この歳なっても
初体験尽きんってエエね。
若返りそうなけ。(気分だけ)

e0034987_634771.jpg

ファイアー囲んで
他の宿泊客とも呑ミニケーション
(死語かいの)
したかったんじゃけど

e0034987_6342785.jpg

皆それぞれの冒険で
忙しゅうしよって
結局わしら中高年だけ。

e0034987_6344587.jpg

翌日いちお
雨天なった際の
予備日なっとったんじゃけど

全て予定通り順調いきよるけ
フリーDayに。

e0034987_6355826.jpg

せっかくアラスカおるんじゃけ
空きの日も釣りしとらにゃ~勿体ない、

珍しゅうわしらの意見一致。

e0034987_6385075.jpg

Halibut釣りで世話なったキャプテンの
知り合いでもある
川釣りガイドに早速連絡、

e0034987_6425714.jpg

早朝なら開いとるらしいけ
急遽決定、鮭釣り探検!うほほ、連チャン

朝7時集合に
少々顔ひきつったけど。

e0034987_6435657.jpg

こういうことなら
ささっと行動できるとは言え

集合場所のCooper Landing
Soldotnaから約一時間、

e0034987_649930.jpg

長いトイレ時間考えると
朝4時起き‥

(結局3時半には起きた。興奮するんよ)

e0034987_6493894.jpg

そのうえ
更なる現実が‥

うわ、気温華氏32度てことは
摂氏0度、ほぼ氷点下!

e0034987_650371.jpg

前日のポカポカ陽気に
油断しとったけ
本性発揮しやがったアラスカぁ

e0034987_6513736.jpg

でも探検隊という
人生選んだからには

いかなるチャレンジにも
立ち向かうしかありません。
(ええネタにもなるし)

e0034987_6525956.jpg

迫り来る極寒のお見舞いも

ビール30缶ケースで鍛えた
乙女筋肉で受けてたとう、

e0034987_6551344.jpg

朝日に拳をかざしました。

(口だけはいっちょ前でおれる)

e0034987_655359.jpg

釣りガイドとの
待ち合わせ場でもあった
ボートLaunch、

e0034987_713054.jpg

パークエリアなっとるけ
紙付きトイレも完備されとって一安心。

探検先じゃ
ボットンでさえありがたい。

e0034987_72981.jpg

しかしこの日は
ほんま寒かった。

e0034987_723695.jpg

前日とはうって変わり
お日様わずかにのぞく程度。

e0034987_73118.jpg

それでも陽の昇り方からもう
いちいちかっこええん
憎いよねぇアラスカ。

e0034987_733426.jpg

駐車場から
ウォーキングトレイル降りると
うおおお

e0034987_735887.jpg

曇り空なのに
宝石のような煌き!

e0034987_741584.jpg

この辺り
Upper Kenai River (上流)
なんじゃけど

e0034987_743472.jpg

氷河から近いぶん
よりピュアな水流れとるだけに

e0034987_7201725.jpg

上流じゃ手漕ぎボートしか
入れんらしいんよ。

(エンジン付きボートは下流のみ可)

e0034987_751930.jpg

自然に集まる鮭は
徹底して保護されとるんじゃね。

e0034987_75522.jpg

そんな神秘的な美しさ、
これからわしら独り占め~ウホホ

e0034987_7113615.jpg

なんて浸っとる場合じゃ
ありませんでした。

寒うて寒うて

e0034987_711832.jpg

じゃのにわしらのガイドは
タフなよのぉ。

さすが生粋アラスカン

e0034987_7131172.jpg

さ、ここから始まる
我慢大会、いや極寒釣りバトル、

そしてファンキーな
個性派ガイドについても

e0034987_713534.jpg

また執拗に語りたい思います。

生還したけ
余裕こいとれる。ふひひ

e0034987_7141845.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-01-30 07:31 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(14)
2016年 01月 26日

アラスカ遠征記~秘境からの帰還そして祝杯


原始の秘境から
海越え約20分、

e0034987_51258100.jpg

再び街が見えてきました。

(Kenai周辺)

e0034987_5133792.jpg

googleマップで
うれげに確認Again

e0034987_5141575.jpg

水上飛行機じゃけ
そこまで高度行かんらしく

e0034987_5152276.jpg

地上の様子よう見えるのが
また楽しゅうて

e0034987_5154644.jpg

このまま
延々飛びよりたい‥
なんどため息ついた事か。

e0034987_516840.jpg

見納め操縦エリアも
怪しまれん程度に密着。ムフフ

e0034987_516297.jpg

レトロなレバーから
古い型いうの分かるんじゃが
乗り回して大丈夫なんかいな。

e0034987_5181128.jpg

ターコイズのKenai River
過ぎた辺りで

高度落とし始めた
我々の飛行マシーン

e0034987_5182827.jpg

着水地点の
湖が見えてきてしまいました。

e0034987_518452.jpg

うわぁぁ
もっと飛んどりたいのに‥

そんな心の嘆き
伝わるわけもなく
フェイント無しの着水体勢に。

e0034987_5191288.jpg

飛行機の着陸と違い
いつ着水したんか分からんほどの
スムーズ着水なんよ。

e0034987_5203168.jpg

これも熟練された
パイロットスキルじゃろうね。惚れ惚れじゃ

e0034987_5221181.jpg

ドックに着くと
スタッフがさっと駆けつけ給油、

そしてわしらで山分けした
ぷりぷり肴の重量チェック。

e0034987_5223322.jpg

ガイド兄ちゃん撮るのに
全神経集中しとったけ

トータル何キロじゃったか
記憶に無し。

e0034987_52397.jpg

結局約7時間
共に闘った釣りガイドそして

バンクーバーからの
愉快な熟年カップルとも
その場で「See you soon!」

e0034987_5233958.jpg

連絡先もなんも
交換しとりませんが

その場限りじゃけぇ
より盛り上がるんよ。むふふ

でもガイド兄ちゃんのJake君、
自身の探検録記した
ブログのようなサイトあるらしいが

e0034987_524125.jpg

せっかくアドレス書いてもろうたのに
その紙無くしてしまうチョンボを‥

でも名前覚えとったけ
あっさり見つかりました。(ストーカー?)

http://jacobgilliland.com/
(更新されとらんけど写真付きウヒヒ)

e0034987_5242256.jpg

秘境で戦い抜いた後
お爺ちゃんはキャビンでゆっくり。

わしらは
うほほ

e0034987_525534.jpg

Jake君から教えてもろうた
街で唯一の寿司バーにて

Nikko Garden (Soldotna, Alaska)

e0034987_5262662.jpg

わしの大漁を祝う事に。ウヒヒ

(もちろん日本人経営じゃないけど)

e0034987_5264251.jpg

ハッピーアワーで安うなっとった
インポートビア会心のぷはぁ~

e0034987_5283925.jpg

シェフ創作ロール頼むと
いきなりハート型わろうた。

e0034987_5291483.jpg

そして地元で釣れた
絶品盛りにはガッツポーズ!

e0034987_5293517.jpg

さすがアラスカ、
身の濃さが違うの実感。

さ、これで明日も戦える。

e0034987_5295679.jpg

懲りずにつづく
無謀探検‥



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-01-26 05:38 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(15)
2016年 01月 22日

アラスカ遠征記~釣り探検からの絶景リターンフライト


大成功に終わった
中高年の鮭釣りミッション

e0034987_5204269.jpg

まだまだ
釣り竿投げ足りん程でしたが

戻る時間なってしまいました。
時間って無情‥

e0034987_5211063.jpg

このミルキーカラーとも

e0034987_5213387.jpg

原始の絶景とも
しばしお別れなるんじゃ思うと

e0034987_5215193.jpg

もっと
スピード落として~言いとうなるよね。

e0034987_522786.jpg

どさくさ紛れに
ガイド兄ちゃんコソ撮り♥ ウヒヒ

e0034987_5222941.jpg

そして湖に戻って間もなく
絶妙なタイミングで
再び参上!おぉぉ

e0034987_5225421.jpg

わしらの頭上を華麗に舞う
夢の飛行マシーン

e0034987_524249.jpg

ああなんぼ見ても
惚れ惚れ♡

e0034987_5241850.jpg

そのまま着水思いきや
フェイント。

e0034987_525514.jpg

まるで
SOS発信しよる気なって
冒険妄想広がるよね~

e0034987_5244713.jpg

若いお兄ちゃんとなら
どこまでも漂流しとりたいがのぉ。

(ワシには無い爽やかさゆうたら!

e0034987_548619.jpg

そんな妄想をよそに

完璧な着水決めた
お迎えの飛行機

e0034987_5265238.jpg

うっとりしながら撮りよると

うわ、いらんの入った。
おっさん撮りよんじゃ無いのに。

e0034987_5271728.jpg

で、この水上飛行機、
新たに上陸するお客さん
運んどったんじゃけど

ガイド曰く
泊まりがけ(テント持参での)
狩りツアーのようで

e0034987_5281250.jpg

飛行機で移動した日は
(たった30分フライトでも)

翌日ならにゃ銃で動物撃つこと
禁じられとるらしい。

e0034987_529313.jpg

ここまで
徹底された規則存在するとは
さすがアラスカじゃ!

感心したの今思い出しました。

e0034987_5295941.jpg

さ、いよいよわしらの
むふふリターンフライト・テイクオフ!

e0034987_5302549.jpg

再び
目前に広がる絶景

e0034987_5304540.jpg

こうして
上空から眺める事できよる時代に
生まれて改めて良かった‥

(前もおなじ事いうたなぁ)

e0034987_5311171.jpg

牛乳こぼれたままのような
驚異のフォーメーション

e0034987_5313187.jpg

未だ開いた口がふさがりません。

e0034987_532883.jpg

「TBS世界ふしぎ発見」の
ミステリーハンターでさえ

e0034987_5325396.jpg

未だかつて
踏み入れた事ないであろう秘境に

e0034987_5332221.jpg

心地エエ優越感浸ったのも
今となっては
中年のアラスカメモリー。

e0034987_5333651.jpg

フヒヒしよる間に
秘境の終わり、
海岸線が見えてきました。

(結局熊とは遭遇出来ず)

e0034987_5335596.jpg

ここから再び
約20分の海超え

e0034987_534835.jpg

あああ徐々に
現実世界に戻ってしまいよる。

e0034987_5342156.jpg

この浪漫飛行
延々続きゃエエのに。

なんど乙女吐息漏れたことか。

e0034987_535210.jpg

これだけ操縦席と
接近できとるワケじゃけぇ。ウヒヒ

e0034987_5352076.jpg

センチメンタル着陸に
つづく



にほんブログ村へ

by godeepsouth | 2016-01-22 05:54 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(11)
2016年 01月 16日

アラスカ遠征記~鮭釣り探検の大成果そしてサプライズ


秘境の穴場で

e0034987_1532380.jpg

次々釣り上げられる
シルバーサーモン
(わしんとこ以外)

e0034987_155529.jpg

若いガイドも(独身)
あちこち大忙しで手が回らず

e0034987_1552316.jpg

おいちゃんが
しばらく手伝うハメに。ぷぷ

e0034987_1553764.jpg

こがぁに
ようけ釣れよるのに
わしのとこには未だサッパリ。

e0034987_155573.jpg

周りからも徐々に
名指しで冷やかされる有様。

口じゃ
「最後にどっか~ん披露するけえ」
余裕の発言かませても

e0034987_1562021.jpg

久々味わう釣りプレッシャーに
中年顔が引きつりました。

それでも誰かに釣れるたび
いちいち撮らずにゃおれんのよ。

e0034987_1571287.jpg

だってJakeお兄ちゃんが
イケメンポーズとってくれるんじゃけ。

ぎゃーおばちゃん手ェ邪魔~

e0034987_158047.jpg

若さ弾けるスマイルに
英気を養った釣りギャル(わしじゃ)

この直後
e0034987_203967.jpg

ようやく引っかかりました。
しかもデカイの!

身の詰まった暴くれもん
今度こそ逃すまい、

鼻穴全開、凄い顔して
ひたすらリールイン(画像無くてホッ)

暴れるぶん両手ちぎれそうな程
重かったのですが

e0034987_223163.jpg

頼れる兄ちゃんの手助けで
なんとか釣り上げ成功。

ああこの快挙、、
プレッシャーの中でかました
一発逆転と言えよう。

e0034987_231219.jpg

ワシの胴体より長いってことは
かなりのデカさじゃけ!

e0034987_23429.jpg

実にこの日
一番大きい鮭釣り上げたのが
まさかのわし。(わらけるよね)

これもJake兄ちゃんが
ラッキーチャームなってくれたけじゃね。
うひひ

e0034987_242691.jpg

ちなみにアラスカ州では
一日キープ出来るサーモン二匹まで、
決まっとるけ

最後にワシがもう一匹釣るまで
皆待たせるハメに。

e0034987_26441.jpg

早々に二匹釣った
バンクーバーのパトリックおじさんに
終始冷やかされながら

無事ミッション達成、

e0034987_271861.jpg

結局最後まで
プレッシャーとの戦いとなりましたが

我々の戦いの成果
どっか~ん!うほほ

e0034987_2115241.jpg

予告通り(ふひひ)
わしが一番デカイの釣ったいう
優越感。プライスレス

e0034987_29113.jpg

その後緩やかな場所へ
誘導された我々、

e0034987_283816.jpg

ここで
ガイドがなれた手つきで
解体作業。

e0034987_2123910.jpg

もう筋子の色艶からして
たまらんのに

e0034987_2142952.jpg

目前に
刺し身あらわなった時にゃ

醤油わさび持ってくりゃ良かった~酒も

e0034987_212587.jpg

執拗に嘆いたけ
うざ~思われたかもしれん。
(中年じゃけしょうがない)

Toby Keith似の
パトリックおじさんもうっとり。

e0034987_2185957.jpg

じゃが悲痛じゃったのが

あああ鮭のアラが次々湖に、、
酒呑みにゃたまらんとこじゃのに。

e0034987_224781.jpg

まぁそれで新たな鮭育ってくれるなら
うぅぅガマンじゃ。

そして留めが
このずっしり積まれたイクラ!

e0034987_2252778.jpg

わしら用じゃなしに
餌用としてキープするとの事。

ならせっかくじゃ、
作業中のJake兄ちゃんとこ
割込んで撮らせてもらいました。

e0034987_2271529.jpg

厚かましゅうてすいません、
中年のオバちゃんじゃけ
こらえてえや。

ああ見返すたび
乙女鼓動パクパクじゃ。

e0034987_2275722.jpg

ここじゃ
切る作業だけか思いきや

なんと
持参したフライパン取り出し
わしらの為に釣れたて料理!キャー

e0034987_2292265.jpg

前回無かったサービスだけに
予想外のサプライズ!
わしらウホウホ

e0034987_230553.jpg

ええHouse Husbandなれるのう
ヒューヒュー冷やかされ

照れるガイドのJakeお兄ちゃん
いけね。惚れそ

e0034987_2302446.jpg

ブラウンシュガーと
秘密の調味料で
軽く炒めただけなのに

やわかこうて
喘ぎ声でる程の旨さ。実際出た

e0034987_2304240.jpg

釣れたてをその場で
頂く極上アラスカンアドベンチャー

これ以上の贅沢は存在するまい。
(ああでも酒欲しかったのう)

e0034987_24327100.jpg

こうして大成功に終わった
秘境釣りミッション、

ほんまはずっとここで
戯れとりたかったんじゃけどね~ムフフ

e0034987_2502971.jpg

それでも我々の冒険に
終わりはありません。

e0034987_2882.jpg

帰りのウキウキフライトに
つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2016-01-16 03:00 | 中年のアラスカ遠征 in 2015 | Comments(15)