アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 07月 10日

ニッポン遠征記~宮島での “限界寸前” 山登り


茶屋での休憩後
のろのろ歩き出したはエエが

e0034987_2375793.jpg

なんせ散歩のノリじゃけぇ
ちんちくりんなサンダル履いたまま

まさか山頂まで
登るんじゃ無かろうねぇ。

e0034987_2381985.jpg

そのまさかでした。

e0034987_2394734.jpg

そん時ゃロープウェー入り口まで
歩くもんじゃ思いよったけ

余裕こいて写真撮りながら
歩けよったワケじゃけどもよ。

e0034987_2392713.jpg

蒸し暑うなりよるのに
前方に見えるは
無情のノンストップ階段そして坂道。

なんぼゼーゼー登っても
ロープウェイなんて見えて来ません。

e0034987_23103017.jpg

この時点で
隊長についてくとロクな事ならんの
気づいたわけじゃけど時すでに遅し。

(いきなり脱いどりやがるし)

e0034987_23112323.jpg

もう写真なんて撮る余裕も無く

ひたすら
前に倒れるよう突き進むしか無い
意地の山登りになるたぁ‥ トホホ

一番つらかったのがこういう階段。

e0034987_23133100.jpg

短い足&重い膝思いっきり蹴つりあげ
ひとつあがるだけで精一杯。
(しかも裸足にサンダル)

ギブアップしようにも
ここまで来たらもう引き返せません。

e0034987_23132961.jpg

まだ1キロもありやがる。げっそり

まさに極限状態での戦いに
なるわけじゃが

おいちゃんに
Are you Ok? 言われても
顔毛は黙っとけ、言いそうなったり。
(性格悪いのバレちゃった)

e0034987_2312917.jpg

それくらい限界に近かったんじゃけ。

当然一番ペース遅い
足引っ張りなってしもうて
ああ情けないゆうたら。

e0034987_23152249.jpg

しかも途中から
隊長に背中プッシュしてもらうハメに。

宮島の厳しさを
思い知ることになった過酷な山登り、

e0034987_2314581.jpg

ときどき下山するハイカーらと
すれ違ったんじゃけど
やはり皆ちゃんとした登山靴 &ギア
身につけとっちゃったけえね。(反省)

e0034987_23165358.jpg

あとちょっとのとこで目前に現れた絶景に
どれほど救われたことか。

(ちょっと霞んどったけど)

e0034987_23173581.jpg

そして半ばやけくそなって
歩いた甲斐あり
頂上近くのお寺まで到達。

いやぁ人間ってタフにできとるもんなんじゃね、
本気で思うたよ。

e0034987_23175518.jpg

ロープウェイで上がって来た観光客らが
涼し気な顔しとると

なんやラクしやがって、
思わずにおれんかったけど。
(性格悪いんじゃもん)

e0034987_23185688.jpg

ありゃ、あんたも
ここまで登ってきたんね。

e0034987_23191639.jpg

とうぶん階段は見とうないなぁ
思いよったとこで

うげ、カンベンしてえや。

e0034987_2320547.jpg

頂上まであと少しゆうとこで
最後の試練‥

容赦なく我々をチャレンジしまくる宮島、
果たして頂上まで
持つのでしょうか、中年の足腰膝

e0034987_23204892.jpg

(続く

画像見ただけで
あの辛さフラッシュバックしてしもうたけ
命の水補給。

e0034987_2321990.jpg

野球には触れず逃げ
トホホ



にほんブログ村 海外生活ブログ 

by Godeepsouth | 2014-07-10 23:26 | ニッポン遠征 | Comments(16)
Commented by takashi12k20 at 2014-07-10 23:41
オオッ!凄い!宮島の弥山に歩いて登ったんですね!!
オヤジはまだ登ったこと無いんです(恥)
でもサンダルで行くとこが酒呑みの真骨頂ですね!
恐れ入りました~w
Commented by godeepsouth at 2014-07-11 00:59
呑んべえのタカシさま!ほうなんですよ~
まさかの無謀登山なっちまいまして。
あとあと家の人らに
ちゃんとした靴持ってこんけえよ、
ゆうててバカ者扱いにはされましたが
サンダル登山成功したの
あまりおらんじゃろうけ
今じゃ勝手に優越感浸りよります(笑

ありゃ普通の靴でも辛い思いますけ
ロープウェイで登っちゃってください♪

Commented by getteng at 2014-07-11 07:02
じぇに-さん
汗がショ-ツの中までぐちょぐちょだったでしょうね。
弥山のてっぺんで素っ裸になりバンザイしたら宮島の神の逆鱗に触れたかな?
愚生などは近くにある小さな黄金山(300m?)にも徒歩でで登ったことがありません。
下山だけにしましたが・・・。
Commented by getteng at 2014-07-11 07:43 x
じぇに-さん
不消霊歌火堂の消えずの霊火は撮りましたか?
愚生、この写真を年賀状に使ったことがありました。
この火が元火になっているが平和公園の慰霊碑と八幡製鉄所の溶鉱炉です。
ところで、昨日upの「脚・脚・足・足」は見てくれましたか?
貴姉と比較していかがですかい?
Commented by glass-jaw-hopper at 2014-07-11 09:09
うろ覚えですけどこの宮島裏コースはかつて毛利軍が尼子軍へ奇襲掛けたコースですよね。
Commented by dranino at 2014-07-11 09:23
今回の記事は、手に汗握りっぱなし
てすね。(;゚д゚)
野球のスコアに例えたら、登れど登れど
打たれ続け、9回表終了時点で10対0・・・。
9回裏にビール登場で、満塁ホームランが
出るも、焼け石に水。。。
10対4で大敗・・・。(>_<)
しかし、最後に出たビールは明日の試合、
いや、次回の宮島記事に良い形で繋がるはず。
(o^-^)
Commented by tuguki2964 at 2014-07-11 12:09
いやっ、この登りを、裸足にサンダルで、しかも、まったくの覚悟なしに征服したとは...じぇに~さん、あっぱれ~~~!
しかも、もしかして...。
この後、下りもあったんですよね。
わたしもかつて、夫の ‟お散歩コースらしいから...。” と言う言葉に騙され、サンダル履いて歩き始めたところが、これ、どう考えても登山道だろう...と言う経験が...。
登りもそれなりにつらかったが、本当に地獄を見たのは帰りの下りで、膝と股関節にまったくクッション性が無くなっているという、わが身の老化を痛感しました。
Commented by kaneniwa at 2014-07-11 22:16
おおおおおぉ
なつかしの山道。
この道こそ、私が学生時代に彼女と登り、
山頂で二人、ゼーゼーハハーンしていて
何だか森景で妙なことをした後のように見られた
おもひでぽろぽろの道であります。

BYマーヒー
Commented by godeepsouth at 2014-07-11 22:32
Gettengさま!たぶん汗で
股間もベタベタしよった思います。
尻と脚の境目からの汗で
ジーンズが余計重う感じたです。
次回は山登りの格好で再トライ、ってより
さっさとロープウェー乗り込みますわ。

霊火ももちろん覗いてみましたよ。
当時はもう疲れの限界じゃったけ
撮る気力もなかったですが
初めて見る事できたけ
苦労した甲斐ありましたよ。
やはり慰霊碑と繋がっとったんですね。

足記事もちろん拝見しましたよ。
どんなへなちょこな格好で撮っちゃったか
かなり気になります。
私の脚はごつくて逞しくて
たまに暴れます。
でもどんくさいけ傷跡絶えません。
Commented by godeepsouth at 2014-07-11 22:34
グラスジョーホッパーさま!
うおお、そんな歴史のある登山道じゃったとは!
宮島史についてもっと
勉強しとうなってきました。
(脳の老化防止も兼ね)
Commented by godeepsouth at 2014-07-11 22:34
draninoさま!おおおぉ、さすが
野球に例えるシリーズのプロですなぁ(笑 
負けられん状況で
ボコボコに打ちのめされようとも
最後の周年の粘りで
次回にエエがぁに持ってける、
そんな戦いじゃったですけ☆ 
負け試合でも後味悪いのと
ええのがあるように。

今日のカープの負けは
思いっきり悪いパターンじゃけ
呑み決定~(勝っても負けてもじゃけど
Commented by godeepsouth at 2014-07-11 22:36
Tugukiさま!激励どうもありがとうございます!
同じく散歩コースという甘い言葉に
騙された経験お持ちじゃったのですね‥
今回はほんま
まさかの無謀山登りでしたが
頂上まで持ってくれた
自分の老体には感謝しよりますよ。

で、下りは‥ そのまさかでした。
おっしゃるように登る時以上に
神経使いまくって倍疲れました。
関節クッションってほんま大事なんですよね~!
パカっとかならんで
とりあえず良かったのですが
その恐怖の山下りについては
後々たっぷり発信しよ思いよります。
読むだけで疲労させるかもしれんですが(笑
Commented by godeepsouth at 2014-07-11 22:36
マーヒーさま、むふふふ
素敵な思い出フラッシュバックされたようで
なによりです。
ゼーゼーハハーン♥
なぁんてと書いとってのマーヒー様、
きっとニタニタしておったに違いない。フヒヒ

Myセーラー服時代(とうの昔ですが)
坂道と階段登りきったとこに正門あったけ
ぴちぴち女子高生
学校着く頃は
皆ハァハァやりよっったですよ♡ 

パンチラも見られたろうなぁ。
(まだパンチラ話にこだわりよる)
Commented by getteng at 2014-07-12 05:55
じぇに-さん
巨と鯉がお疲れ、虎がまた勢いを吹き返したのは昨季と全く同じようそうです。
最後はやはりCSで決着しそうです。
エル砲の負傷も大事に至らず、OSGではホ-ムラン競争にも出るそうです。

最近、眼が不調で、眼鏡が合わないのか要チェックです。
やはり、歯・眼・魔羅が順調に老化しているということですね。
オナラは老化の警報機・・・。
Commented by getteng at 2014-07-12 07:01 x
じぇに-さん
もし、マ-君はトミ-ジョ-ンズ手術を受けたら、来季一杯はダメ、
黒田は居残ったらこき使われ同じ運命に・・・。
よって、今季で引退しカ-プに戻ること。
その際、此度NYYを戦力外になった元カ-プのアルフォンゾ・ソリアノも復帰させてはいかがかな?
Commented by godeepsouth at 2014-07-12 09:19
Gettengさま、やはり
後半からの勝負になりそげですね。
とりあえずエルドレッドがすぐ復帰できるのには
救われたですよ。

あらら、綺麗なお目目までもが
不調なですか‥
いつまでもかわええキラキラお目目で
おって欲しいですのに。
まぁ放屁の勢いまだあるようでしたら
大丈夫ですよ♪

マー君はおそらくトミー・ジョンでしょう。
楽天時代かなり球数いっとったのでしょうか、
メジャー行きに備えて
最小限投げとれば良かったかもですね‥
松坂も高校時代から投げすぎて
ダメなったし。

ソリアーノに後は任せて
黒田様にはさっさと広島に
避難して頂きましょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 中年探検隊のジャングル活動~夏...      続)まさかの呑み放題観戦 @地... >>