アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 12月 13日

おいちゃん骨折二週間目からの庭萌えプロジェクト


松葉杖ライフ七日目にして

初の庭散策

e0034987_19273.jpg

とは言うものの
凸凹地面で転んでしもうちゃ
おおごとなけ

e0034987_194711.jpg

ヒヤヒヤ
見とらにゃいけんかったけど

e0034987_110163.jpg

近々焚き木として
ちょん切られる巨根(痛っ)
チェックしときたいらしい。

e0034987_1104236.jpg

まぁ松葉杖初日の
ぎこちなさに比べると

ちいたぁ上手いこと
操れるようなっとるのも

e0034987_111269.jpg

完治へのささやかなステップじゃ

思いたい。

e0034987_1111247.jpg

その約一週間後

巨根プロジェクトを仕切る
スーパーお爺ちゃん貫禄の登場!

e0034987_1121511.jpg

あんたらも
一緒に観察したいのでちゅか。

e0034987_1131534.jpg

ああん
ギックリ持ちには嬉しい悲鳴。

e0034987_114340.jpg

一番小ちゃくて
ひ弱なこのチビにゃん

知らん間に
後ろ左足怪我してしもうとってから

e0034987_1141960.jpg

よりによって
なんでおいちゃんと同じ箇所‥
ダブルでがく~ん

e0034987_11529.jpg

びっこ引きながら
痛々しゅうあるく姿に虚しさ倍増。

e0034987_1154140.jpg

一番か弱いチビにゃんに
アピールされると
ダメじゃ情が‥

e0034987_1155830.jpg

アンタは
全力で守ってあげるけぇね。

e0034987_122268.jpg

こんなこたぁ
人間にゃ言うた事ないがの。

e0034987_1161716.jpg

その翌日には
お!新たな助っ人登場

e0034987_1162852.jpg

おいちゃんの仕事仲間
ボビーおじちゃんが

薪割りヘルプに
来てくれちゃったんよ。

e0034987_1164762.jpg

おいちゃんは
偉そげに指図しながら
眺めるしか無いんじゃけど

そばで眺める、ゆうたら

e0034987_1171671.jpg

またアンタらでちゅか。

白色猫ニャン
二匹ともツンデレなのに。

e0034987_118852.jpg

色付いたのだけ
なんでこんな甘えんぼなんかね。

e0034987_1183354.jpg

なんだか
中年同士のほのぼの
居酒屋トークみたいなりよる。

e0034987_118496.jpg

貴重な週末であろうに
わざわざ手伝い来てくれての
村人たちは

e0034987_1222497.jpg

いくら中年でも
みな天使のように見えるんよ。

e0034987_1191237.jpg

わざとらしゅうない
真の助け合い体感しよると

人間の心って
元から素晴らしゅう
出来とるもんなんじゃね。

e0034987_120773.jpg

ジジくさい事本気で思いました。

さ、村人ヘルプのお陰で
巨根プロジェクトスタンバイ完了、

e0034987_1224598.jpg

上品に説明すりゃ
これちょっと立たせて
一気にちょん切るんよ。

股間押さえとうなろうが。フヒヒ

e0034987_1232166.jpg

(続く

じゃが調子こいて
フヒヒしとれません。

新たな請求に酔い覚めました。
トホホ

e0034987_1241826.jpg

今回は82%しかカバーされとらんのん。

「Surgery」 て記載されとるけど
実際は骨専門医が
素手でひん曲がった骨
元の位置戻してくれた治療。

e0034987_1251438.jpg

10分程度の「手術」で
元値が2280ドルって‥
やっとれんわい。

ほいで$405.67 自腹‥とほほ

e0034987_1254481.jpg

もうこうにちょこちょこ
インボイス送られるより

一気にまとめて
請求してくれたほうが
まだ気がラクじゃのに。

それでなくても
痛い思いしょうるゆうのにね。

e0034987_12621.jpg

まぁブツブツゆうてもしゃあない、
近うよれ♡

アンタだけよ。
中年を無条件に癒してくれるのは。

e0034987_1262348.jpg

トホホ



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2014-12-13 01:33 | おいちゃんトホホ | Comments(10)
Commented by getteng at 2014-12-13 07:48
じぇに-さん
猫ちゃんたちは必ず体の一部をくっつけているでしょう。
犬でも同じですが、これが親愛のしるしかも?

これからの薪割りが愉しいですね。
愚生は材木屋の息子だったので、よくやりましたよ。
これには背筋と腹筋が強くなければいけませんが・・・。
今やったら、完全に筋肉痛になります。

先日の定期健診で、初めて血圧脈波検査というものをしました。
結果は、動脈の硬さの程度は、右の血管の硬さは70代前半に相当し、
左は60代後半に相当すると出ました。
動脈の詰りの程度は右左共に正常範囲でした。
上腕の血圧が高めとと指摘されましたが、許容範囲内でしょう。
帰路、ホ-ムドクタ-で計測したら2回とも130/80でした。
定期健診を受ける総合病院に行くと高血圧の数字が出ます。
これって、病院側の「造病」(これは愚生の造語)かも?
要するに、か弱い老人ということです。
Commented at 2014-12-13 10:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by godeepsouth at 2014-12-14 00:29
Gettengさま、
ほんま懐いた猫にゃん
ひっつけてスリスリしてくるの好きですよね。
安心できる相手にしか
そういう挨拶せんみたいですけ
余計に甘やかしとうなりよります。

薪割り機に投資して
ほんま良かったですよ。
決してやすうは無かったですが
常に焚き木の要る状態ですけ
昨年から大活躍してくれよります。
中高年の多い村でこういう力仕事は
やはり機械に任せたほうが
身のためですもんね。

病院側もいかに患者を呼び戻すか
必死でしょうけ
そういう造病やっぱ存在するんでしょうね。
でもこっちのアホらしい医療費考えると
まだカワエエほうですよ。
まぁ日本おったにしても
病院へは行きとうないですがねぇ。

若いピチピチナースおってくれると
別ですが。
Commented by godeepsouth at 2014-12-14 00:29
鍵コメさま、
やはり外猫として生きてくの
かなり厳しいみたいです。。
うちの庭に住み着いとる猫ニャン
3年以上同じとこおるの未だおりません。
持って2年ちょっと‥
急に姿消すのがほとんどで
2~3年おきに外猫メンバー総入れ替わりしよります。
それだけに庭猫にはあまり情持たんほうが
ええ、思うとりながら
あれだけ懐いてくれるとやはり複雑です。

前までは特に懐いた猫はFixしてあげたのですが
その数カ月後にゃ姿消したり、
雄なるとボス猫以外皆やさぐれてしまうけ
来年の今頃は外猫メンバー
またガラッと変わっとるかもしれません。。

室内で複数匹、しかも犬と猫じゃと
安全は確保できるとは言え
毎日大変でしょうね。

手術費用って人間だけじゃなし、
動物のもかなりするんですよね‥
動物保険が存在するのも納得です。
毎日奮闘される飼い主のためにも
はよ状態安定してくれるとええですね♪
Commented at 2014-12-14 01:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by godeepsouth at 2014-12-14 23:36
鍵コメさま、
犬猫ちゃんと共存出来ておるのが
凄いです!
そりゃ苦労は絶えんでありましょうが
一緒に暮らせる環境にあるの
うらやましいですよ。
人間に振り回されるくらいなら
動物らに振り回されるほうが
よっぱどマシじゃ思いますし(苦笑 

でも歳とると人間同様
つきっきりの世話なるんですよね。
診察にかかる費用もバカならんですし。
歯のクリーニング、そして
クリメートまでされる徹底したケアは
尊敬もんですわ。

うちにも近年まで
外で放し飼いしとった犬おったのですよ。
ここでもわりと
登場させとったナバホの”Rez Dog”,
路上出たりして
ヒヤヒヤしながらも5年間
一緒おってくれましたが
結局車に引かれてしまい
今は故郷ナバホの土に返してやりました。
おいちゃんがずっとかわいがっとった犬だけに
数年経った今でも
未だ新たな犬飼うの躊躇しとるようです。

まぁ情言い出すと
キリないですが今の室内猫も
おばちゃんの年齢なりよりますけ
トイレの問題無しに
できるだけ長い事一緒おって欲しいです。
Commented at 2014-12-15 14:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Godeepsouth at 2014-12-16 00:51
鍵コメさま、
ナバホの犬じゃったのですよ。
説明不足すいません。。
アリゾナ州ナバホへ遠征しとった際に
運命の出会いあったそうで
そのまま連れて帰ったらしいです。
GA~AZ間三往復もした
Traveling Rez Dogでもありました。
今でも空っぽの犬小屋見る度
切ないです。
Commented at 2014-12-16 01:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Godeepsouth at 2014-12-16 02:47
鍵コメさま、
なんと最初からの記事を!!
貴重なお時間割いて頂き
申し訳無い程でもあります(苦笑)
お目目にも悪いでしょうに
有難うございます、そしてお疲れさまです。

最初の方はまだ世に公表しとらんのもあり
しょうもないひとりごとばかりで
いずれは削除してこうかと。。
思いながらほぼ放置状態なっとりますが。

グランドキャニオンも体感済みでしたか。
おいらも初めて西部遠征した際
無謀アポ無しVisitしたのですが
無理してでも行っといてよかったです。
砂漠側からパーク内入ったですけ
あの壮大なスケールにで感動しっぱなしでした。

高所恐怖症では無いのですが
さすがに手すりも何も無い岩場じゃ
足すくむ感覚なりましたよ。
歳重ねる前に(すでに重ねてしまいましたが)
渓谷内での本格トレッキングしてみたいです。

ミネソタにも広範囲で
居住地広がってますもんね。
うちの地元村も元々はチェロキーインディアンの土地ですけ
地名や川はほとんどインディアンネームです。
ハワイは地元民じゃないと
運転しにくいでしょうね^^; 
でも人生一度はハワイも体験しときたいです。
いつも素通りして日本まで飛んでしまいよりますが。

イギリスは未だ憧れますよ!
20年前ヒースロー辺りで一泊したのみですけ
いつかじっくり観光してみたいです。
目当てはPubのハシゴですが(笑

ただヨーローッパからアメリカ飛ぶ飛行機って
なんだけ危険な香りプンプンして‥
考え過ぎでしょうか^^; 
My仮想ヨーロッパ再訪も
夢だけに終わるかもしれません‥苦笑
名前
URL
削除用パスワード


<< 続)広島ネオン街徘徊記~怪しい...      日本遠征記~爆呑み仲間との再会... >>