アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 06日

中年の弾丸ロード遠征・アラバマ~ミシシッピ州突破編 


地元村出たのが
12月20日朝8時

e0034987_3583420.jpg

ここからふたつの州をまたぐ
長いRoad Trip となるんじゃが

いちお
うれげに地図載っけてみた。

e0034987_3591459.jpg

田舎村から30分も走りゃ
見えてくるアラバマ州

e0034987_4404757.jpg

瀬戸内海思わせる湖 (Lake Weiss)
走って更に30分

e0034987_3594417.jpg

アラバマ州の中都市
Gadsdenで乙女スクワット。

e0034987_414841.jpg

スッキリしたとこで
ようやく主要ハイウェイに乗った我々

e0034987_445169.jpg

まず目指すはバーミンガム

e0034987_463030.jpg

ハイウェイの
看板っていちいち撮ってしまうんよね。

一般道とは違い
見どころなんて無いし。

e0034987_475051.jpg

バーミンガム抜けると
タスカルーサ、

我ライバル校
アラバマ大学あるとこじゃけ
屁かましてさっさと逃げました。

e0034987_49329.jpg

(道路の状態悪いし。

そっから約1時間
ミシシッピ州と17年ブリ再会!

e0034987_410488.jpg

そりゃ感激でキャーキャーやるわいね。

こういう州を超える瞬間って
未だガキんちょみたいに
ウキウキなるんよ。

e0034987_4104992.jpg

撮り専いう言いわけで
助手席座れたのもラッキー
(これまでこき使わされたワケじゃけ)

ミシシッピ州入って
最初の主要都市Meridianで
いったんハイウェイ降り
e0034987_411467.jpg

昼飯休憩。

この “Cracker Barrel”
e0034987_4122471.jpg

古き良きBarn Houseイメージされた
レストラン&ギフトショップチェーン
なんじゃけど

e0034987_4124042.jpg

やたら老人多いのが特徴、
わしらも含む。

e0034987_4125793.jpg

南部の家庭料理専門ってのが
人気の秘訣なんじゃろうね。

この日頂いた
柔らかいチキンソースも
歯の弱いお年寄り仕様。

e0034987_4132335.jpg

おいちゃんは
メタボ南部人らしく揚げ海老。

e0034987_4133823.jpg

さ、エエがに食べて
エエがぁに出した後は

このまま
一気に南へ疾走

e0034987_4141245.jpg

Gulf Coast表記出てくると
確実に近づいとるんじゃ、思うて

疲れるどころか無駄元気。

e0034987_4144061.jpg

Bret Favreの出身校、
サザンミシシッピ大学のある
Hattiesburg抜けると

e0034987_415483.jpg

とうとう出てきたNew Orleansの文字!

キャー
ほんまにドキドキしよったんじゃけ。

e0034987_4153223.jpg

ミシシッピ州南部に入ると
もう山なんてありません。

e0034987_4155317.jpg

平らな地に大きな空、

ずっと恋しかったんよ。

e0034987_4162076.jpg

どんよりしとるけど
眩しい思いするより暗いんが好き。フヒヒ

こういう風景の移り変わり
飛行機じゃ堪能できんもんね。

e0034987_4164293.jpg

Meridianでの
昼飯休憩から2時間半
(おうち出て約7時間)

うおおお
この青い看板は!

e0034987_4171279.jpg

キャーとうとう来た
ルイジアナ州! はなぢ

セインツのロゴに
フランス語表記は
さすがエキゾチックルイジアナ♡

e0034987_4173489.jpg

徐々に何もない田舎ハイウェイから

街の風景なってくぶりに
またキャーキャー

e0034987_421329.jpg

長旅のクライマックスとも言えるのが

我々を待ち構えた
この長い橋

e0034987_4223193.jpg

そしてどでかい湖!
ぬおおお

e0034987_423571.jpg

これがあの
Lake Pontchartrain!

e0034987_424855.jpg

またうれげに
地図載せてみたり。

e0034987_4242296.jpg

10号線北から入ったんじゃけど
こりゃまるで海じゃの。

e0034987_4254070.jpg

向こうに見える橋も
果てし無く続きよるし。

e0034987_426409.jpg

ハリケーンカトリナで
壊滅して以来
建てなおされたらしい。

e0034987_427243.jpg

主要ハイウェイから眺める光景は
まるでキーウエスト
(走った事ないけど)

e0034987_4275388.jpg

この時ばかりは
晴天じゃなかったのが残念で‥

(だって帰りも。 ガクーン)

e0034987_428947.jpg

橋渡り終えた
我々を迎えたのは

ぶっとい椰子の木!

e0034987_4294864.jpg

ジョージアの田舎じゃ
絶対見ることできんけ貴重なんよ。

州ふたつまたぐと
さすがに別世界なんじゃね。今更

e0034987_430685.jpg

なごうなったけ
興奮のまま次回に続く。

短くまとめるスキル無くてすいません。

e0034987_4302489.jpg

アレすると
短いんじゃがねぇ

退場



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2015-01-06 04:39 | 中年のニューオーリオンズ弾丸遠征 | Comments(19)
Commented by getteng at 2015-01-06 08:03
じぇに-さん

大昔、「ルイジアナ・ママ」って歌がありましたよね?
歌手はワンダ-・ジャックソン?
うん、「フジヤマ・ママ」ってのもありました。
目的地は、それこそ大昔のフランスの植民地ですよね?
御御苦労さまです。
(こういう二重敬語を使う広島人がいます。
これでは御御御付けと同じです)

今日の当地は土砂降りとなりました。
昨夜はまた変な夢を見ました。
会社を解雇され、江田島でスクラップ屋(steel)をやることに・・・。
Commented by 泊まりのトトロ at 2015-01-06 08:47 x
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
アラバマと聞くとどうしてもジム・モリソンのアラバマ・ソングの声が脳内に響きます。
しかし今回は一貫して山陰のような曇り空ですな〜
しかし州を跨いでのドライブ旅行やってみたいです。
Commented by Godeepsouth at 2015-01-06 23:49
Gettengさま、ぷぷ
フジヤマ・ママとかゆうとってじゃと
またわこう無いんがバレますよ。
(もうすでに遅いですが)

もともとはフランス移民とスペイン系移民が
住み着いた地でありますけ
特にニューオーリンズは
アメリカじゃ思えんほど異国情緒豊かなです。

その子孫ら (ケイジャンアメリカン) の英語や文化も
特徴あっておもしろいですよ♪

広島弁の二重敬語バージョン
まだ聞いたことないかもです。
夢の内容覚えとるってことは
まだまだ大丈夫ですね。(何が? 笑)
Commented by Godeepsouth at 2015-01-06 23:50
泊まりのトトロさま、
ハッピーニューイヤー♪
こちらこそ改めて宜しゅうです。

ジムモリソンええよね~
あの年代のヒッピーソング大好きです✌ 

確かに山陰って
曇りがちなイメージありますよね^^;
今回の弾丸遠征、
天候におもいっきり恵まれませんでしたが
ニューオーリンズの街は
曇っても土砂降りでもムードあるけ~
天気悪いのぜんぜん気にならんかったです。

基本曇った日のほうが
お目目シャキーンするし。(笑)
Commented by getteng at 2015-01-07 00:18
じぇに-さん

ニュ-オルリンズといえばデキシ-ランドジャズの本場ですね。
それに、ジャンバラヤという食べ物がなかったですかね?
違ったかな?

貴姉が乙女汁なら、こっちら乙女座です。
先刻、終戦時は小2だったか、小3だったかと・・・。
逆算したら、どうも小4だったみたい。
だから、短小なのかな?
乙女座って顔じゃござんせんが・・・。
Commented by Tomomi at 2015-01-07 00:26 x
Cracker Barrel もハイウェイの看板も大好きでたくさん写真を撮りました。数年前、ジョージアの南、バルドスタからニューオリンズまで出かけた時には嵐のような大雨に遭い、あまり観光できませんでしたが、しっかりと美味しいガンボは食べました。南部は野菜も肉も味が濃くていいですね。
ペンサコーラだったかその先だったか覚えていませんが、Jenniさんの写真にあるような、海みたいな巨大な沼地のような場所を通りました。曇天の日で吸い込まれそうな、ちょっと怖いような景色でした。写真を見てそーそーこんな感じ!と思い出しました。
Commented by Godeepsouth at 2015-01-07 00:33
Gettengさま、
うわ、夜更かししとってじゃ。
はよお寝んねせにゃ
またトイレ探す夢で起きますよ。

ジャンバラヤはまさにケイジャン料理、
独自のスパイス効いて
アメリカ郷土料理の中じゃ
一番好きな部類です。

終戦を生き延びた方たちの
逞しさ、一生尊敬いたしますわ。
それで昔あの界隈、
流川抗争時代も
ブイブイ言わせよったのですね笑

そういやお互い乙女座でしたね☆
いえいえ、じゅうぶん乙女なお顔しとってですよ。
キラキラキラーお目目は健在ですし♪
Commented by Godeepsouth at 2015-01-07 00:44
Tomomiさま、
おぉ、Cracker Barrel行っとってでしたか!
長いRoad Tripにはちょうどええ
休憩スポットなんですよね。
外の椅子勝手に座ってくつろげるし(笑) 

Gulf Coastってほんま
突然の大雨多いですよね‥
今回も行き帰り太陽見んかったですし
帰りなんて終始大雨、
近くでトルネード勃発したり
ラジオの警報なる度硬直しよりました。
(またいずれレポするつもりですが)

その海のような沼地は
もしやMobile Bayでしょうか。
ミシシッピ州のPascagoula Riverにかかる橋(I-10 )も
川とは思えんほど果てし無く続いとったし。
ペンサコーラからのハイウェイも
懐かしゅうて今キュンキュンしよります。

今回は怪我人連れての
ニューオーリンズ観光でしたけ
フレンチクオーターは3分の1くらいしか回れずじまい‥
ガンボやオイスターは
しっかり頂いてきましたが
今年にもできれば再訪しとうてたまらんです。

いつかニューオーリンズで
呑み歩きご一緒したいですね♪

Commented by kaneniwa at 2015-01-07 01:06
じぇにーさん、25年前の記憶が
この文章と写真でよみがえります。
私はグレイハウンドバスでのアクセスでしたが、

「ニューオリンズ」の看板の文字を見た時に
何だか会いたい人に会うようなドキドキ感が
やってきました。

そして、夜の街を歩きながら(ちと怖かった)
突然の喧騒と
「バーボンストリート」
という標識看板にはさらにドキドキしたのでした。

BYマーヒー
Commented by Godeepsouth at 2015-01-07 03:12
マーヒーさま、うおお、
グレイハウンドでニューオーリンズとは
さすがタフでございますね!
そうなんですよ、
ルイジアナやニューオーリンズの看板見る度
いよいよじゃ!思うて
ほんまドキドキしたですけ。

何度か訪れた事あるとは言え
今回は実に17ぶり、
あれから容姿もサイズも髪の色もステータスも
年収も連れの男もガラッと変わっただけに
(いちいちエエか)
今までに無い特別な感情頂いて
ニューオーリンズ入りしましたよ☆ 

カトリーナ以来
かなり治安も不安定なったとは言え
観光客多いとこじゃ大丈夫そじゃったです。
バーボンストリートの記事作成する際は
マーヒー様を思い出すの確実です♫
Commented by getteng at 2015-01-07 08:06
じぇに-さん

そういえば、中学時代or高校生時代に、
知り合いのおばさんから「稀に見るヒナ男」と言われていたことがありました。
当時は、意味がよく分かりませんでしたが・・・。
そのおばさんについては、面白いことを思い出したので別便で・・・。

今朝方の夢は、ある女性に会いに行ったのですが、
橋を渡った先の事務所に書類を届けてくると言います。
間を置いて、愚生も橋を渡り椅子に座って彼女を出てくるのを待っています。
そこに、知り合いの女性が出てきて「彼女は今教えているので時間がかかる」と・・・。
愚生、その知人に「時間にルーズな女とは結婚できないね」と言う。
その知人「・・・・・・・・・」で、夢は尻切れトンボで終わりました。
これっていったい何を暗示しているのでしょうね?
Commented at 2015-01-07 13:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-01-07 13:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tuguki2964 at 2015-01-07 14:54
へ~~っ!
ジョージアとニューオリンズってそう言う位置関係なんだ~~!
世界地図はおろか、日本地図ですら、わたしの頭の中にあるものを具現化したら世界が混乱に陥ること間違いなし! の、チリオンチのアテクシゆえ、こうやって改めて見せていただくと新鮮だな~~!

でっ、新鮮と言えば…。
同じアメリカなのに、微妙に違うメインや付け合わせや盛り付け方に...萌え~~!
ちなみに、このお店...。
念のため調べてみたんですが、うちの近所には全くありませんでした。
Commented by Godeepsouth at 2015-01-07 23:59
Gettengさま、
稀に見るヒナじゃったのですね^^;
なんとも可愛らしかったのでしょう。
若かりし頃の(バリバリ現役時代の笑)
写真いつかたっぷり拝見致したいものです。

そのキラキラチャームポイントのお目目に
騙された女性も数多くおってなのでしょうね。
当時はカフェーや遊郭が
まだ華やかな時代じゃったのでしょうか。
(そこまで昔じゃ無かったかな)

女性の絡む夢が
多いのはやはり欲望の表れでしょうか笑
Commented by Godeepsouth at 2015-01-08 00:00
鍵コメさま、
これまた貴重なボッキ体験談
シェアして頂きありがとうございます。
中学じゃと好奇心も
アレもどんどん膨らむ時期でありますもんね。
そういう年代で衝撃な本番シーン、
ちょっとうらやましかったり笑

まぁ彼らもちょっとしたスリル気分味わえて
ますます盛り上がったのでしょうね。
戦後間もない頃じゃとは思いますが
精力むんむんエピソードに
朝から和みました。

いやぁしかし
ほんま惜しいチャンス逃しましたね‥
当時はまだ未経験じゃったのですか? 
(つい気になる笑
Commented by Godeepsouth at 2015-01-08 00:01
Tugukiさま、
こうして旅の軌跡眺めるのが
大好きなマップオタクでもありますけ
自己満的なのもありますが、
改めて見るとアメリカって
無駄にデカイですよね..
まぁその分風景や食べ物の違い、
こうして楽しめよるんでしょうね。

テネシー州発祥のCracker Barrel、
元々は南東部オンリーじゃったのが
徐々に全国へ広がっとるみたいです。
ニューメキシコ西部にはあったのですが
カリフォルニアへは
まだ達しておらんのは初耳です。

付け合せはサイドメニューから
選べるようになっとるんですよ。
で、この日のチョイスはフライドオクラと
きゅうりのサラダ。
サイドメニューもビーンズ、Turnip、grits、
Collard greenなど南部料理多くて
カリフォルニアンにも
ぜひ堪能して頂きたいです。
Commented at 2015-01-08 08:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Godeepsouth at 2015-01-09 00:45
鍵コメさま、
やはりまだウブな中学生じゃったのですね。
青線は当時住んでらしたとこにも
あったのでしょうか。

売春法で取り締まり厳しくなる前は
(昭和の30年代以前かな)
通りに沢山立っとったらしいですけ
戦後は思った以上に
自由奔放じゃったんですね。
ストリッパーは当時も
元気そうですし笑
名前
URL
削除用パスワード


<< 田舎クリスマスの記録 ~意表突...      日本遠征記~夢のプロ野球選手体... >>