アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 26日

中年のドカ呑み inバーボンストリート~締めのちゃんぽん


偶然入ったオイスターバーで
ちゃんぽん宴会にまで進展、

e0034987_4383474.jpg

サービス旺盛の
牡蠣マスターとの再会を誓い
お勘定タイム。

(チップ込で80ドル奮発も惜しゅうなかった程)

e0034987_441570.jpg

バーで意気投合、
激甘ショットまで頂いた
愉快な酔っ払い客らと

e0034987_4433019.jpg

この後も酌み交わし第2ラウンド
向かう事になったのですが

e0034987_443499.jpg

指定されたバーが見つからず
ウロチョロしよる合間に

お兄ちゃんらとはぐれちまった。
ああ誠に残念‥

e0034987_4441646.jpg

まぁあれから一緒にまた呑んどりゃ
へべれけとったろうし。ホっ

じゃがせっかく
バーボンストリートおるんじゃけ

e0034987_445262.jpg

ハシゴ徘徊せん訳にはいきません。

(向こうに見えるのがジャクソン・スクエア)

e0034987_4454619.jpg

バーボン・ストリートから
St Peter Street入ったとこにあるのが
あの有名な「プリザベーション・ホール」

遅い時間でも行列出来とる!

e0034987_446213.jpg

未だ入った事ないのですが
撮影できんし呑めんけここは素通り、

同じく有名な
呑みスポットPat O’Brien’s へ。

e0034987_447044.jpg

そりゃ観光客ばっかりじゃけども
松葉づえ野郎があまり歩かず行けて
くつろげる、ゆうたら

e0034987_4472445.jpg

この中庭バーが最適じゃ思うたんよ。

(17年前もここで呑んだけ
ちょっと知ったげゆうてみた)

e0034987_4475817.jpg

この極上のセッティングで
改めてビアー呑み直し。

呑みオンリーでも
サーバー付いてくれて

e0034987_4482354.jpg

つまみのポップコーンまで
出してくれるんよ。

噴水の癒やしサウンドと
グルービーな色彩が

e0034987_449944.jpg

酔っぱらいの
ガハハハ笑いと混じって
究極の癒やし提供してくれるんじゃけ

酒呑みヘブンって
地上に存在したんじゃね。

e0034987_451026.jpg

この雰囲気に
更に酔いとうてふひひ

e0034987_4513578.jpg

ここでのイチ押しカクテル
「ハリケーン」
までオーダーする浮かれブリ。

e0034987_4515131.jpg

2種類のラムを
オレンジ&フルーツジュースで割った
強めのカクテルなんじゃが

e0034987_4524722.jpg

やっぱり本場の呑まずして

バーボン・ストリート行ったでウホホ、
うれげに自慢できません。

e0034987_4531043.jpg

じゃがすでに
ちゃんぽんした後じゃけ
呑み終える頃にゃ

もう楽しゅうてしょうが無い酔っぱぁに。

e0034987_4534141.jpg

でも用足し行った際
黒人のおばちゃんが(おそらく地元の)
手洗う人らに
お手拭き差し上げよっちゃって、

チップ目当てなんじゃろうけど
華やかな世界の裏で
その姿にむしょうに切なくなってから。

e0034987_4542923.jpg

酔うた勢いで
私ゃおばちゃんのお手手握りながら
(そっとドル札忍ばせ)

ニューオーリンズへの想い
たらたら語ったよ。

17年ぶり帰ってきたんじゃけど
この街は未だわしの故郷じゃ思うとる、て。

e0034987_455273.jpg

今から思やぁ酒呑んどったとは言え
ちいとオーバーじゃったの
恥ずかぴーんじゃがね。

観光客で賑わう裏には
地元市民が抱える苦労は尽きん、てのも
後日気づかされる事に。

(詳細はまたその都度)

e0034987_4563294.jpg

さ、中庭バーで完全に
出来上がったとこで

バーボンストリートでのハシゴ呑み、
大成功に終わったと言えよう。

e0034987_4565826.jpg

やはりここはシラフでおるより
出来上がったほうが
断然愉しめるもんね。

e0034987_4572646.jpg

ほいじゃが
ピンクのストリップバーしか
まともに撮れとらんってことは

e0034987_4575465.jpg

エエ呑み方したゆう証拠じゃね。
フヒヒ

e0034987_4581248.jpg

酔っ払いをとりこにする
バーボン・ストリートと
翌日の再会を誓い

ひとまず
大人の夜遊びから撤退。

e0034987_4583983.jpg

中年らしゅう
ウコン持参しといて良かった、
それでも翌朝ちと響いたけど。

(若うも無いのが朝から呑みよったけえねぇ)

e0034987_459572.jpg

自業自得

(つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2015-03-26 05:07 | 中年のニューオーリオンズ弾丸遠征 | Comments(7)
Commented by tuguki2964 at 2015-03-26 14:04
意気投合したお兄ちゃんたちと次なる店に向かう途中ではぐれてしまったのは残念ですが、でも、それも、旅の行きずれのご縁の面白さかも...。
でっ、あの、どんどこ盛られたシーフードとおかわりの牡蠣でチップ込80ドルは破格でしょう~~~!

じぇに~さんの ‟揺れる視線” の一枚に写った、これまた視点が緩みかけているように見受けられるおいたんがキュートです。
Commented by kaneniwa at 2015-03-26 17:03
ああ、懐かしいなぁ、プリザベーションホール!
私はここでディキシーバンドのライブも聞きました。
ここは特に観光客の鑑賞客が多いのですが、
それでも歴史あるその独特の雰囲気には
やっぱり魅了されました。

ニューオリンズは私としてはいい思い出ばかり
なのですが、今思えば、
ストリップも見ておけばよかったと思います。
心底思います。

BYマーヒー
Commented by Godeepsouth at 2015-03-26 23:22
Tugukiさま、そうなんですよ。
旅先で愉しいひと時過ごした後
連絡先も交換せず
はぐれたらそれまで、っていう
行きずり的浪漫も
旅ならではの楽しみですもんね♪

あれだけサービスしてくれて
しかもショット付きで80ドル、
ホンマ大満足でしたよ☆ 

わはは、揺れて写ったのは
100%、酒の影響です。
普段呑まんおいちゃんのほうが
翌日ケロッとしとったのは
やはり体格の差でしょうか‥
今思い出すだけで
ホロ酔いなりそうな程のドカ呑み、
もうとうぶん出来ん思います(苦笑
Commented by Godeepsouth at 2015-03-26 23:22
マーヒーさま、おぉ、さすが
Preservation Hall行っとってでしたか!
外観から特別な雰囲気醸し出しとる
Dixielandジャズの聖地ですもんね。

一度はその歴史を味わいに
中入ってみたいものですが
毎度その列の長さにギブアップ、
特に呑み歩きしよると
待つ、いう行為なかなか難しゅうて(苦笑)
バーボンストリートのなら
呑みに行く感覚で
気軽にストリップバー入れそうですよ♪

ちなみにアラバマ州住んどった時
二種類のストリップバー行ったのですが
(男性ストリッパーおるとこも)
やはお姉ちゃんによる
悩殺ポールダンスのほうが
断然見栄えあったの思い出しました。
Commented by らおう at 2015-03-27 12:39 x
ちゃんとてをあろうとったんかいの
Commented by Godeepsouth at 2015-03-27 21:07
らおう様、
ぷ、ちゃんとあらいました毛。
足も洗うたし。(余計)

点取れよらんねカープ‥
Commented by Godeepsouth at 2015-03-27 21:08
ワハハ、
ゆうたとたん
二点取って追いついとる!きゃー


名前
URL
削除用パスワード


<< キッチン大改造3週目~呑んべえ...      春の珍景、お騒がせチビ山羊リターンズ >>