アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 04日

中年の弾丸遠征~建築萌え散策 @French Quarter


撮らずにおれんオブジェで溢れる
フレンチクオーター、

e0034987_17167.jpg

どのアングルからでも、
いくら安いカメラでも

e0034987_175896.jpg

うれげに載せとうなる
写真撮れとるけ

e0034987_181570.jpg

被写体がエエと
カメラの質も撮影スキルも
関係無いの再確認。

e0034987_191914.jpg

昼飯後せっかくじゃけ
松葉杖おいちゃんが
(当時怪我してまだ1ヶ月ちょい)

歩けるとこまで歩いてみたんよ。

e0034987_195595.jpg

ほんまは
フレンチクオーターじゅうのストリート
散策しまくりたかったんじゃけど

e0034987_1101831.jpg

我々の歩いた通りが(Decatur Street)
建築オタクにゃたまらん
撮り甲斐あるコースで

残念な思いなんて
即無いなりました。

e0034987_1111415.jpg

ゆっくり散策出来よるけ
Irish Pub内部コソ撮りできたし

e0034987_113167.jpg

普段は素通りしたであろう
ホリデー仕様の消防車に萌え~

(当時2014年クリスマス直前)

e0034987_1134896.jpg

そして
中年の乙女ハートを射抜いた
レトロな古壁

e0034987_1142715.jpg

痺れる色あせ具合に
その場でクネクネ悶絶できたのも
ゆっくり歩けたおかげ。

e0034987_115425.jpg

もう次々と
好みのツボどっか~ん付いてくる
呑み屋の競演、

e0034987_116630.jpg

フレンチクオーター内の
ストリートの完成度にゃ
改めて圧倒されたのですが

e0034987_1163680.jpg

極めつけがうほほ!

e0034987_1171497.jpg

あの有名なHouse Of Bluesとも
17年ぶりの再会!きゃー

(今回は中入らずじまいでしたが)

e0034987_117261.jpg

洒落っ気の無い
お兄ちゃんおると
入り易さアップするよね。

e0034987_1173714.jpg

あらゆる種類の呑み場が
乱立しとるのに

e0034987_1174991.jpg

この見事な調和・・

嗚呼ため息。

e0034987_118933.jpg

おいちゃん歩けるようになった今
余計に戻ってきとうて
たまりません。

e0034987_1183021.jpg

憎いよのぉニューオーリンズ

e0034987_1184276.jpg

(つづく

ちなみに
キッチンバー完成して以来
居座り出したのがおる。

e0034987_1185658.jpg

お呑みモノは
なにに致ちましょうか。

e0034987_1192786.jpg

四本足と呑める店目指して
ミニスカ営業がんばりまちゅ。

(客足減りそ)

e0034987_120942.jpg

カープもブレーブスも冴えんけ
ヤケ酒じゃわい。今日も

e0034987_1203099.jpg

トホホ



にほんブログ村 海外生活ブログへ飛びま~す

by godeepsouth | 2015-05-04 01:30 | 中年のニューオーリオンズ弾丸遠征 | Comments(14)
Commented by getteng at 2015-05-04 05:15
じぇに-さん

フレンチクオ-タ-の本場のジャズの店には入りました?
夜の女たちの様子はいかがですか?
確かに、この古い建物群も時代、時代で異なり、撮り甲斐がありそうですね。

お宅の家猫は運動不足かor栄養過多でダイエットしたほうがよさそうですね。

昨夜のLVでの性器、間違いた世紀の一戦とやらは、
二人とも怪我していてつまらん試合でした。
あのファイトマネ-からすると、勝者なきリング、
詐欺試合みたいなものでしたよ、ったく!
Commented by Godeepsouth at 2015-05-04 08:44
Gettengさま、
今回Jazz生演奏は
外から野次馬のみに終わりましたが
次回はじっくり堪能してみたいです。

夜お姉ちゃん
たびたびセクシーな格好して店前に
立っとるけ
夜の徘徊かなり堪能できますよ。

室内猫も
年と共に(今年で8才)
メタボなってきよるのかもしれません。

昨日の試合は
有料チャンネルでしか放送せんセコさに
冷めた目で見る人多かったですよ。
そこまでカネかけんでも
エエ試合じゃのに
世紀の一戦とか
笑えるレベルじゃ思うたです。
Commented by あーちゃん at 2015-05-04 12:42 x
にゃんこちゃん、最後のアングルたまらんよ( 〃▽〃)
可愛いく撮ってね(ハート)って顔してる(笑)
街を歩くと色んな発見があって楽しいですね♪
こないだ近所をぶらぶらしてたら懐かしいような自販機があって1人テンションあがってました(≧∇≦)ウヘ
Commented at 2015-05-04 20:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Godeepsouth at 2015-05-05 04:00
あーちゃん様、
猫にゃんのああいうアピール顔
たまらんですよね。
あんな視線で見つめられると
おいらイチコロ(死語)
なに見よるんでちゅか、
ゆうて話しかけずにはおれません、キモ声で。

レトロ散策もたまらんですよね。
消えつつある昭和探しの旅に
日本各地巡礼するのが
老後の夢です。
地酒・地ビールたしなみながら♪

懐かし自販機、ってだけで
こっちもルンルンです☆
Commented by Godeepsouth at 2015-05-05 04:01
鍵コメさま、
出るべきものが出よってなのは
正常に機能しよる証拠ですけ
これからも堂々と
こいちゃってください。
Commented at 2015-05-05 05:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tuguki2964 at 2015-05-05 12:35
あ~~っ、ほんと...。
街角の、どのショットも絵になってる~~!
その煉瓦壁や、色あせたドアだけで、アテクシ何杯もビールいけちゃいそうですよ~~!
でっ、たしかに...。
コザレタ有名店の入口にこう言うお兄さんが立っていてくれると敷居がすごく低くなる~~!

Commented by Godeepsouth at 2015-05-05 22:01
鍵米さま、
はい、水溶性の固形です。

Walk-offインフィールドフライ
もう二度と観れんかもしれんけ
かなり貴重なですよね。
(勝ったけ余裕)

長髪の似合う日本人
今のとこ坂本龍馬と
沢田研二くらいしか思いつきません。
Commented by Godeepsouth at 2015-05-05 22:02
Tugukiさま、そうなんですよ。
いつも下手な鉄砲数撃ちゃ、、的に
撮りまくりよるのですが
フレンチクォーターで
取り憑かれたように撮った写真
ほとんどDeleteせずに済んだのは
自分でもビックリでした。

ほんまピシっと決めた黒スーツより
ああいう兄ちゃん立っとってくれたほうが
断然ええですよね。
改めて見たら服の色が
周りとさり気なくマッチしとる!(笑
Commented by kaneniwa at 2015-05-06 00:30
ほんまにそうですね。
あらゆるジャンルのお店があるのに
何とも見事な統一感が魅力の街です。

私にとってはおもちゃ箱をひっくり返したような街なのに
ひとつひとつのおもちゃが上質なのか、
ひっくり返した混沌具合にさえ統一感があるかのようです。

そして、音楽もデキシーランドJAZZだけでなく、
あるいはJAZZだけでもなくいろんなジャンルの
音楽が飛び交っているのにも関わらずに
なぜか流れる統一感。通底している何か。

色んな店を飲み歩いて、
明け方に入ったピアノパーで
疲れた様子で黙々とピアノを弾く老黒人、
そのバーで疲れた声でボサノバの弾き語りをする
老白人の醸し出す雰囲気に
「ああ、たぶんリオのカーニバル明けの日の
 明け方ってこんな雰囲気なんだろうなぁ」
と、ニューオリンズで想像したことを思い出します。

BYマーヒー
Commented by Godeepsouth at 2015-05-06 01:40
マーヒーさま、
やはり何べんも訪れたい街の特色って
統一感なんですよね。
自分にとって身近な
宮島やサンタフェもそうですが、
特にニューオーリンズは
街全体が建築の芸術そのもので
その規模は全米一じゃないか、思うほど。

ビジネス街でも
スペイン&フランス風の建築物が
現役で活用されとるし、
ごちゃごちゃしとりげな
フレンチクオーターも
Jazzとお酒のおかげで
魔法の調和という驚きの法則が
存在するのでしょうね。

その明け方のけだるい情景素敵ですね♪
想像だけで
ニューオーリンズならではの
魅惑の世界にうっとりしよります。

Commented by getteng at 2015-05-07 08:37
じぇに-さん
家猫はタヌキにも似ていますが、愚生のお気に入り猫です!
よろしくご伝言願います。
愚生って猫っ可愛いする性質なのでいけませんや。
人間に対してもそうなんです。
だから、嫌いになったら梃子でも動きましぇ~ん!
Commented by Godeepsouth at 2015-05-07 22:04
Gettengさま、
うちのメタボなタヌキ猫気に入って頂き
どうもありがとうございます。
世間には猫嫌いもようけおる中
(うちの実家の人らも含む)
かわいがってくれて人たちの存在は
ほんま有り難いです。

いう自分もかつては犬派で
猫にはさほど興味なかったのが
この変わり様、、
今の田舎生活で猫に触れるようなって
そのイノセントな魅力に
即イチコロなりました。

名前
URL
削除用パスワード


<< 生まれたてチビ猫萌え観察【生後...      キッチン大改造ようやく最終日~... >>