アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 30日

ニューオーリンズ弾丸遠征【完結編】 見納めネオン街& ヒヤヒヤ帰還


ああ恋しいのぉ

(2014年12月22日)

e0034987_425220.jpg

当時まだ
松葉づえ欠かせんかったおいちゃん、

今でこそ懐かしいんじゃが

e0034987_4263048.jpg

松葉づえで
バーボンストリート歩き
これで見納めであってくれ、

なんど思うたことか。

e0034987_4281484.jpg

ほいでも
ピンクネオン浴びるのも
しばらく見納めになるんじゃ思うと

e0034987_4283947.jpg

見るもの全てが愛しゅうて、

取り憑かれたように
撮りまくりました。

e0034987_4285810.jpg

ネオンの灯りって
なんでこうも
酔っぱらいをとりこにさせるのでしょう。

特に怪しいピンクの
癒やし効果ゆうたら♥

e0034987_4293457.jpg

わしの人生も
ネオン街から始まった思うと

(どうでもエエことじゃろうが
まぁ浸らせてえや)

e0034987_4301668.jpg

初心、原点に帰って
気分リセットするに

これ以上パーフェクトな環境って
あるんじゃろうか。

e0034987_4303538.jpg

その人生の原点に
また来年も戻ってこよう、
拳を固めました。

e0034987_431038.jpg

バーボンストリートとの再会を
約束したほろ酔い中年

e0034987_4311931.jpg

再び煌く大通り、
Canal Street へ

e0034987_4314425.jpg

次回ここ来る頃は
おいちゃん松葉づえ無しで
歩けよるハズじゃけ

ニューオーリンズとの再会が
待ち遠しゅうてたまりません。

e0034987_4321018.jpg

当時のホリデーイルミネーションにも
懐かしさで胸キュン。

この街が一番きらめく冬場に来たのは
正解であった。

e0034987_4322811.jpg

年寄りにゃ
夏場はしんどいけえのう。

そして翌朝、

e0034987_4325088.jpg

最後の最後まで労ってくれちゃった
ホテル従業員にも再会を誓い、

雨のニューオーリンズを
後にした我々

e0034987_433686.jpg

滞在日じゃのうて
帰る日なって雨降ったのは
ラッキーであった‥

かに思われた。

e0034987_433374.jpg

楽しみにしとった湖の絶景も
あああ真っ白

ガっビーン(死語)

e0034987_4335682.jpg

本来なら

この光景にキャーキャー出来たのに。

e0034987_4344630.jpg

次回のお預けとなってしまいました。
トホホ

e0034987_435517.jpg

更に運悪いことにこの日

帰り道となる
ミシシッピ州南東部全域に
竜巻警報勃発!

e0034987_4353477.jpg

当時の天気図見ると
チビるよね。

e0034987_4362175.jpg

ルイジアナ州からミシシッピ入った際体感した
嵐の前の静けさ、
香り、ナマ温かい湿気に
わしらビクビク。

e0034987_4364136.jpg

ラジオにたびたび
入り込んでくるあの竜巻警報音‥

もう二度と経験したあない、
思いました。

e0034987_4373357.jpg

ちなみに
この日ミシシッピ州襲った竜巻、

「クリスマスDayトルネード」
と報道されたのですが
多数の死傷者出てしまいました。

e0034987_442359.jpg

アラバマ州入っても
暴風雨止まらず

結局一日中雨に打たれながらの
帰途なっちまいましたが

e0034987_4435222.jpg

寿命縮みの竜巻警報響いた中

無傷で帰れたのに
心底感謝しました。

e0034987_4443668.jpg

即エネルギー補給したのは
言うまでも無い。

e0034987_445173.jpg

ニューオーリンズ弾丸遠征2015年バージョンに
続くとエエなぁ。

e0034987_4452815.jpg

とりあえず
ぷはぁ♡



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2015-07-30 04:51 | 中年のニューオーリオンズ弾丸遠征 | Comments(10)
Commented by getteng at 2015-07-30 07:08
じぇに-さん
死に物狂いのご帰還でした。
竜巻に遭ったら車ごと持っていかれそうですね。
ジョ-ジアに入るまではお二人とも顔がこわばっていたはずです。
怪我をして、車まで破損しても誰も面倒みてくれませんよね?
竜巻に遭っていまだにロ-ンで苦しんでいる人たちもいるのかも・・・。
Commented by tuguki2964 at 2015-07-30 13:26
あ~~っ、ご無事で何より。
ほんと、そちらのトルネードのニュースって、見るたびにその破壊力の
姿に震え上がります。
地震、ハリケーン、トルネード。
自然災害の前には、人間なんてまだまだ無力ですね。

雨のために見られなかった絶景に、わたしがうん十年
前に出会って座右の銘としている言葉を捧げさせて
頂きます。

‟心残りの無い旅と人生ほど味気ないものはない。”
Commented by らおう at 2015-07-30 15:43 x
ちょんわちゃんわ〜〜〜
その人生の原点に
また来年も戻ってこよう、
拳を固めました。
   ↑
うぷぷ流れ川か思うたよ

mac替えてから大苦戦中よね
2世代粘ったら 互換性ギリとはなんとも世知辛い・・
iphotoがエライ事になっとりますよ 誰かたすけてーーー^^
Commented by Godeepsouth at 2015-07-31 01:39
Gettengさま、
労りのお言葉ありがとうございます。
ミシシッピの田舎じゃ携帯もネット回線も無く
ラジオの警報だけが頼りで
終始心臓パクパクしよったです。

あともう1時間出発遅れとったら
もろ直撃しとったでしょうけ
またも危機一髪でした。

ほんま竜巻来ると一瞬で
何もかも失うけ、小ちゃい家で
質素に暮らすのが一番ええですよ。
地元でもよく勃発しよるけ
庭に地下シェルター欲しいのですが
いつになるやら‥
Commented by Godeepsouth at 2015-07-31 01:40
Tugukiさま、
どうも有難うございます。
ミシシッピ南部でどこどこに竜巻警報、
いうラジオ入るのですが
地名言われても分からんけ
おどおどしながら地図追いよりました。

携帯に緊急Alert機能あるとは言え
電波も回線も無い箇所じゃと
ぜんぜん使えんけ
やはり地図で位置確認は
基本じゃ、改めて思うたです。

おぉ、それ
まさにおいらを癒やす名言ですよ!
毎日心残りあるけぇ
日々頑張れよるんかもしれんですし。

心残り、エエ言葉に思えてきました笑
Commented by Godeepsouth at 2015-07-31 01:41
らおう様、
ほうなんですよ.
流川で大人への変貌遂げたけ
実際原点じゃ思うとるんよ勝手に♪
足あろうて、いや卒業して
はぁ20年経ちよるけど
今こうして立派なオトナになったのも(ぷーっ)
どっぶり浸かったあのクレイジーな
数年間あったけえこそ☆うぷぷ

iPhotoって5ドルくらい
払わにゃいけんのかいねぇ。
Google Photoならタダで使い放題できるよ。
容量重いと自動的にサイズ縮小させられるけど。

うちのアップルちゃんも
古うなりよるけ~次のiOSアップデート
はぁ対象外なりよるわ。
買い変えるタイミング、ほんま悩むよね~
Commented by getteng at 2015-08-01 06:29
じぇに-さん
貴国にはシェルタ-専門の建設業がいるそうですね。
先日、TV映画「リゾ-リ&アイルズ」で観ました。
建設業者は発注主に内緒で地下からの進入口を造り、盗みを働くというものでした。
地価全体をシェルタ-にし、その上に家屋を造り、いわば2層にしたものを造られたらいかがですか。
Commented by Godeepsouth at 2015-08-01 07:06
Gettengさま、
はい、シェルター専門業者おりますよ。
特に竜巻の多いオクラホマでは
シェルターやBasement(地下)スペース
必須のようです。

地下への侵入、浪漫あって
なかなかええもんですよね。
うちの庭掘ると何でてくるか
分からんですが。
Commented by getteng at 2015-08-02 08:43
じぇに-さん
”犯人は故郷に戻る”という言い伝えがありますが、貴姉も最後の棲み処は流川or薬研堀のママとして帰ってくるのかな?
でも、その時はもうおいらはこの世にいないですが・・・。
Commented by Godeepsouth at 2015-08-02 23:11
Gettengさま、
やはりもう一度流川にまみれてみたいですが
現実的に無理そうなので
ここで地味に成りきりママ活動
してく思います。

実際呑み屋やるより
客の立場でおるほうが
常に楽しめるですし。
まぁカウンター内おるときも
客と呑みよりましたが(笑
名前
URL
削除用パスワード


<< ちょっぴり切ない地元村の歴史スポット      中年の脱力庭仕事アップデート ... >>