アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 17日

中年の西部遠征Vol.35~絶景を彩るトワイライト夕焼け


地元ナバホ住民のおかげで
遭遇できた
秘密の絶景スポットにて

e0034987_0172289.jpg

岩萌えする我々

e0034987_0175619.jpg

曇りがかったとったぶん
よりカラフルで

躍動感増した空にうっとり。

e0034987_0184336.jpg

途中から
雨まじりの強風なりましたが

それさえ
映画のようにダイナミックでもう

e0034987_0205112.jpg

喜んで
顔面に雨打たせました。

サンセット近づくにつれ
更にエエ感じに!

e0034987_0232712.jpg

すると誰かが一声

「虹出とる!」

e0034987_0244159.jpg

絶景を更に彩る
七色ビーム!おおぉ

e0034987_0252080.jpg

まるでわしらの為に
演出してくれとるかのようで

e0034987_0255538.jpg

思わぬ
大自然の夕暮れショーに

おっさんの雄叫びが
谷にこだましました。

e0034987_0275683.jpg

しかもダブルレインボーとか、
もう出来過ぎな
セッティング!鳥肌!

e0034987_0285237.jpg

岩山でポーズ決める
最年少ライル君が
(おいちゃんの従兄弟)

神々しゅうさえ見えちまった。

e0034987_0293075.jpg

なびく長髪が
よけいドラマチックで憎いよの。

そして間もなく
サンセット

e0034987_0301437.jpg

西のはるか彼方に
沈んでいくお日様に

e0034987_0312063.jpg

皆釘付け。

e0034987_031423.jpg

太陽が地平線に
どんどん吸い込まれていくけ

e0034987_032267.jpg

一秒たりとも
瞬きしとれません。

e0034987_033893.jpg

かつての古代住民も
全く同じサンセット

千年以上も前から
見続けてきたんじゃ、思うと

e0034987_0334488.jpg

これはまさに
時空を越えた絶景と言えよう。

(いちいちオーバー表現なりよる)

e0034987_034965.jpg

まさか
ボランティア遠征でも

古代の神秘体験
再び堪能できるなんて。

e0034987_0345029.jpg

有給出んとは言え
こればかりは
ゼニじゃ買えん貴重メモリー。

e0034987_0372798.jpg

それ思うと
これからも西部へのボランティア遠征
参加してみよ、
いう気にはなりよる。

e0034987_0381417.jpg

と同時に
いかに酒隠し持ち参加するか

e0034987_0391214.jpg

新たな戦略&知恵も
絞り出しよる。

e0034987_039281.jpg

翌日につづく
(退場

e0034987_0385546.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2018-02-17 00:45 | 2017年・中年の西部リターン遠征 | Comments(6)
Commented by getteng at 2018-02-17 07:43
じぇに-ちゃん
向こうの人たちも虹が出ると感激し、写真に収めるのだ!
タイトルは隠れ呑兵衛の同行日記にでもしたらいかがですか。

当地も昼間ちょいと歩いても汗ばみ、就眠中も寝苦しさを感じ始めました。
いよいよ”水温む”季節です。
貴地は日本の”四季”は意識されることはありますか?
Commented by cloversdesign at 2018-02-17 09:33
これは、実眼でみたら涙が出るほどの感動ですね〜

あの、南部から西部へ飛ぶ飛行機の中から下界を見るだけでも
鳥肌立つくらいですから(汗)
人間ってなんてちっぽけなのさ、、俗な悩みなんて全部吹き飛んでしまいますね。
Commented by naozoom at 2018-02-17 16:53
このようなところや360度地平線の中で人間は自分ひとりって場所で
風景を独占していたオイラはなんちゅー贅沢もんじゃと思います。
仕事を辞めるとか資金を貯めるのも含めて行くまでに多くの苦労はありますが、
行けば自分にとってのパラダイス♪
いろいろ大変でしたが、野宿するときの薪集めや野糞、夜空に浮かぶ満天の星空、
大地から上る朝日、沈んでいく夕日、その環境でJIM BEAMのポケット瓶や
4リッターのカスクワイン(白)をひとりで味わうのは快感でした。
今の自分は愛情豊かなおっちゃn(笑)ですが、妻子に同じような風景を見せて
やりたいとホントに心から思い続けています。今は無理ですが、いつの日か実現
できるようにしたいですね。まずは目指せ脱サラってとこかな。(笑)
Commented by godeepsouth at 2018-02-18 01:51
Gettengさま、
今回の遠征メンバー、
ナバホ居住地初めて訪れる仲間
ほとんどじゃったけ
皆たいそう感激しよっちゃったです。

ガマンの遠征中
街で呑める仲間と堂々呑めたのは
唯一の気休めでした。

こちらも四季あるですけ
シーズン毎の限定ビール
堪能できよるのはありがたいです。
Commented by godeepsouth at 2018-02-18 01:51
クローバーさま、
はい、もうしばらく圧倒され
わおーしか言葉に出来んかったです。

遥か彼方まで続く地平線見よると
ちっぽけな人間が
小さなことであーだこーだ、
ほんまバカバカしゅう感じたですよ。

南東部から横断するなら
ひたすら緑ばっかり続く
オクラホマシティ-までは飛行機で、
そっからは
茶色の広大な土地体感したいけ
車移動がええな、
勝手に思いよります笑
Commented by godeepsouth at 2018-02-18 01:52
Naozoさま、
ほんまなんちゅう贅沢、ですよ☆

確かに行ってしまえば
その思い出あるだけで
後の苦労も屁のカッパ、思えるですもんね。

遠征先で
いくらおおごとなっても、
試練に直面しても
何年、何十年か経つと
心底エエ経験じゃった、胸張って言えるし、、
なんてったって
当時懐かしみながら
ぷはぁ、する瞬間、プライスレス☆

それだけに
愛情豊かなおっちゃん、
(変換仕切れとらんかったみたいじゃね笑)
今のうちにぜひご家族と
野宿とはいわんが
ぜひ Let's 地平線体験♪And野外放尿♪
(ハイ退場
名前
URL
削除用パスワード


<< 中高年のワケ有り集会~いきなり...      山羊牧場への道~新入り・ピレネ... >>