アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 04日

中年の動物大移動プロジェクト 


日本から戻ってきた翌日

さっそく
中年プロジェクト決行。
e0034987_08224958.jpg

デカいメスにいびられ出した
(お局的存在の)

若いヤギ3匹を
お爺ちゃんちの敷地内へ
移送することにしたんじゃが
e0034987_08235179.jpg

まずはリリちゃん、

角あるおかげで
掴みやすいんじゃけど
e0034987_08290594.jpg

強制連行しよるようで

なんとも気の毒な。


次にシーバちゃん
e0034987_08301204.jpg

そして
可哀想に、

いやいや歩かされる
最年少チビ助くん、
e0034987_08304909.jpg

お爺ちゃんとこじゃ
ゆうゆう草食べれるけ

この瞬間だけ辛抱しておくれ。
e0034987_08310836.jpg
そして
お爺ちゃんとこから
代わりに移送されてきたのが

久しぶりの対面となった
雄ピレネーHank君
e0034987_08314789.jpg

この場所覚えとってくれたんか

余裕スマイルで登場
e0034987_08321565.jpg

ゲートの前で
足取り重くなりやがったけ
ちと不安になりましたが。

(後にその不安的中することに)
e0034987_08324642.jpg

さ、Hank君戻した後は
この問題児、
e0034987_08332189.jpg
脱走常習犯
ドリードッグちゃんは
足取り軽くフェンス内へ。
e0034987_08335205.jpg


Stay in the fence

何度も念押される

ドリードッグちゃん、
e0034987_08362485.jpg

ええ子にお座りしとるフリにしか

見えませんが


これまで一緒に生活しよった

デカいフワフワ


e0034987_08371600.jpg


こうして久しぶり
本来の場所に

戻って来てくれたのが
嬉しゅうて。
e0034987_08374089.jpg

犬のおる光景に
慣れたとこじゃったけ

もはやヤギだけじゃ
物足りんようなっちまった。
e0034987_08383885.jpg

おいちゃんに
ことごとく
フェンス越えるな、注意され

e0034987_08402556.jpg

しばらく2匹同士
戯れて遊んどったけ

わしら安心して
ちょっとの間「放置」
e0034987_08411070.jpg

1時間後


様子伺いに庭出ると


犬がおらん。

e0034987_08465998.jpg

フェンス中

普段潜入せん奥まで歩いてみるも


姿無し。

e0034987_08472174.jpg

前までは
雌のドリードッグちゃんしか
脱走しよらんかったのに

よりアグレッシブな
雄Hankくんまで脱走

いう恐れておった事態に。

e0034987_08502709.jpg

フェンスひん曲がった

脱走現場発見


時すでに遅し..


e0034987_08592262.jpg

その頃おいちゃんは

近所に電話しまくり犬脱走報告、

すると

500メートル離れた

同じくピレネー飼っとっての
近所のオバちゃんが
脱走犯2匹発見、

e0034987_09001579.jpg

なんと家まで運んで来て
くれちゃって、なんて優しい‥。

協力的な村人の
連帯感にまたも救われたおいら、

お騒がせ脱走コンビ
再びトレイラーに
乗っけ

お爺ちゃんとこの敷地へ
連れ戻すことに。

e0034987_09005283.jpg

じゃがこれから
脱走しとうても出来ん場所

(いわゆるジェイル)


連行されるいうのに

やたら嬉しそうなのわろうた。


e0034987_09025901.jpg

ほいじゃけ

いくら電気ケーブル噛みつき

引き裂いとっても

憎めやしません。ううう

e0034987_09074456.jpg

じゃが

わしらの脱走されまくりフェンス

徹底的に
アップグレードせん限り
連れ戻せんなんて。トホホ

e0034987_09082008.jpg


中年の奮闘はつづく



にほんブログ村 海外生活ブログ


by godeepsouth | 2018-05-04 09:47 | 癒しの4本足 | Comments(6)
Commented by ホロ酔い次女 at 2018-05-04 10:43 x
お爺ちゃんのところの柵?はどんな感じなんですか?ジェイルへ出戻るのに笑顔なワンコ可愛いですね!幸せいっぱいな表情で脱走しても憎めません。って他人事だから言えるんですよね、すみません 笑 またワンコとヤギさんのレポート楽しみにしています。
Commented by naozoom at 2018-05-04 21:09
Hankくんにドリードッグちゃん、やってくれますねぇ。(笑)
でかいワンコいるといろいろ大変ですね。
子供の頃に日本の親父の実家にはラフコリーがいて何度も噛み付かれ、
妻の実家ではマスティフの雑種のデカイのがいたので、いろんな思い出が
あります。
日本里帰りレポはもちろんですが、アメリカ南部ど田舎奮闘記も楽しみに
していますよ。素敵なパパんもママんもね♪
手料理バンザーイ、日本の味バンザーイ!!
Commented by getteng at 2018-05-04 21:15
じぇに-ちゃん
老生が現役時代に山口にインテルサットの太平洋側の地球局を建設したのですが、
その際のフェンスは原子力発言所用の頑丈なものでした。
テロ対策も考え・・・。
こういう材料を使い、忍返しも付けた方がいいでしょうね。
Commented by godeepsouth at 2018-05-04 23:10
ホロ酔い次女さま、
ナイスハンドルネームでございます。
一瞬自分の事か思いました(笑

お爺ちゃん宅の動物用フェンス、
この数日後に訪れたので
来週にでもここでレポート
致したい思いよります。

遠征記など重なり
スロー更新すいません。
(ネタが尽きんのは
自称ブロガーにとって嬉しい悲鳴ですが^^;

ほんま
ジェイル再び連行されよるに関わらず
あの爽やか笑顔、、
怒る気なんて
即失せちまいよります。
Commented by godeepsouth at 2018-05-04 23:11
Naozoさま、
おんま奴らにゃ
毎回やれやれですよ。
それなのに憎めんという‥
やっぱ愛嬌ある動物って
なにかと特なですよね。
人間じゃいくら愛嬌あっても
世渡りできんいうのに。

ラフコリー、
恥ずかしながら初めて聞く種類で
たった今
グーグルで画像拝見したですが
ロングヘアーの男前犬じゃったんですね♪
元々小ちゃいのより
大型犬に縁あるのですが
やっぱ飼うなら
一緒に豪快に駆けってくれる
デカイのですよね♪

うはは、ブログ記事毎回
あちこち飛んでしもうとるの
失礼しよります。

他の遠征ネタ色々溜まっとるけ
少々焦ってはおるですが、
酒でスイッチオンとなった
パパンの暴走ブリだけは
しっかりレポしよ思うとります。ぷぷ
Commented by godeepsouth at 2018-05-04 23:11
Gettengさま、
原子力レベルのフェンス資材、
出費できそうも無いので
せめて傷つけん程度の電流ながした
Electric Fence
取り付ける予定でおります。

何週間かかることやらですが‥
名前
URL
削除用パスワード


<< 中高年の西部遠征Vol.46 ...      日本遠征記 Part.3 初の... >>