アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 22日

中高年の西部遠征Vol.48 アリゾナ州ナバホ居住地でのボランティア活動


遠征大詰めとなった
10日目朝、(2017年7月17日)

e0034987_02205942.jpg

今度は
アリゾナ側の居住地で
1日限りのボランティア
引き受けることになり

再び西へ。

e0034987_02120916.jpg

飛行機で来たメンバー
前日帰ってしもうたけ

10人おったのが
6人になり、

e0034987_02114099.jpg

しかも
またもガキ相手せにゃいけん
いうのもあり

自分にとっちゃ
最後の試練。

e0034987_02150324.jpg

州境辺りの萌え岩に
癒やされはしたが

e0034987_02154470.jpg

現地入りするまで
バトル態勢で挑みました。

e0034987_02184226.jpg

アリゾナ州入り
ハイウェイ降りると

前日の大雨で
あわや通行困難。

e0034987_02212861.jpg

ほんの数日前来た際
あれだけカラカラじゃったのに

e0034987_02215863.jpg

さすが
何もかも極端なアリゾナ砂漠、
中年の驚きは尽きません。

e0034987_02230482.jpg

そして現地到着。

居住地内の
質素な教会だけあって

e0034987_02243656.jpg

トイレはこれだけいう
ワイルドなセッティング。

おぴっこはしばらくガマンしよう。
(頻尿ライフは試練の連続)

e0034987_02240793.jpg

先週同様
夏期バイブルスクールの一環で

e0034987_02250816.jpg

クラフトや
音楽アクティビティの
お手伝いさせてもらう事
なったんじゃが

e0034987_02194598.jpg

ニューメキシコ側では
言う事聞かん
やかましいくそガキに

ひたすら耐えた記憶新しいだけに

e0034987_02273610.jpg

クラフトテーブル
セットアップする際も

e0034987_02270659.jpg

ひたすら
テンション低かったの覚えとる。
(ボランティア再失格)

e0034987_02261910.jpg

でも幸いな事に

お母様方が
ずっと一緒おってくれたおかげで

e0034987_02294126.jpg

極端に騒ぐガキおらず、

e0034987_02291099.jpg

オリエンテーションでも
中高年メンバーの話
みなエエ子して聞きよるの、

わしのほうがビックリ!

e0034987_02304191.jpg

まぁ先週は
わしらがヴァン2台がかりで
ガキピックアップしたりと、

e0034987_02311183.jpg

親の役目も
果たさにゃいけんかったけ

状況はかなり
違うのですが

e0034987_02314533.jpg

場所変わるだけで
こうもガキの質アップするなんて。

e0034987_02321608.jpg

頼りにしとったクラフト担当、
クリスティ姉ちゃん
帰ってしもうた後でしたが

e0034987_02281003.jpg

おかげで
不安は和らぎました。

親も一緒に
おってくれる安心感‥

e0034987_02283939.jpg

アリゾナでのお手伝いなら
喜んで引き受けるのに。

e0034987_02324648.jpg

そりゃ
ボランティア言えど
ラクなほう選ぶわいね。ふひひ

(セコ過ぎ退場

e0034987_02233392.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2018-05-22 03:41 | 2017年・中年の西部リターン遠征 | Comments(4)
Commented by getteng at 2018-05-22 07:49
じぇに-ちゃん
砂漠の道が突然川のようになるとは凄いですね。
砂漠状態では絶対あり得ないワニが出てきたりしませんでしたか?
ボランティア、誠にご苦労様です。
Commented by godeepsouth at 2018-05-23 02:35
Gettengさま、
有難うございます。
はい、この辺り
湿った東部とは違い
土壌が水吸う代わりに
サラサラの土が泥と化すので
大雨なるとかなり厄介のようです。

一昔前流行った
エリマキトカゲに似た
面白い生物なら
よう見かけたような。。
Commented by naozoom at 2018-05-23 22:54
7枚目と8枚目の前日の大雨であわや通行困難な写真のような
状況はカンガルーとコアラのいる国で何度も経験しました。
乾燥しているときは赤土が粒子の細かい砂状になっていますが、
一旦雨が降るとドロドロネチョネチョの泥と化します。
現地では“Road closed”と標識が出ることが多かったですが、
そんな場所をバイクでトツゲキするのは快感でしたよ。
何せ、自分のようなアホを除き、誰も来ないので独占できますから。(笑)

エリマキトカゲは野生の本物を現地で見ました。
表現が悪いですが、車とぶつかったのか、襟を広げたまま死んでいるヤツ
でしたけど、バイクを停めてホントにいるんだとじっくり観察したほど
感動しましたね。旅の思い出のひとつです。
Commented by godeepsouth at 2018-05-23 23:54
Naozoさま、
ほんま乾燥した赤土って
すぐドロドロと化するですよね。

舗装された道路
ほとんど無い居住地内じゃ
タイヤはまって動けんなるケース
よくあるみたいですが、
バイク突撃じゃとかなり楽しそう~!
思うてしまう自分も
アホの部類に確実にフィット(笑

実際エリマキトカゲに遭遇とか、
さすがワイルドダウンアンダー☆
もし生きとったら
じっくり観察できとらんかったでしょうけ
エリマキちゃん
命無駄にせずに済んだですね(苦笑
名前
URL
削除用パスワード


<< 日本遠征記 Part.6 連夜...      中年のリベンジ鱒釣り遠征【序章... >>