アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 30日

日本遠征記 Part.7 寒中波止場釣り再チャレンジ @宮島の対岸


滞在丸2日目朝
(4月7日)

e0034987_02410066.jpg

またも豪華朝ご飯で
エネルギー蓄え、
ええがに出した後は(何を?)

e0034987_02413278.jpg

さっそく
波止場で戦う準備。

e0034987_02424521.jpg

前日寄った釣具店では
初心者のわしらの為に
スタッフが付きっきりで

オススメ波止場釣りグッズ
選んでくれちゃったんじゃけど

(そのぶんゼニよう注ぎ込んだ)

e0034987_02431527.jpg

スタッフのアドバイス通りに
エサ調合、

そして
パパんにアッシーお頼みして
いざ出陣。

e0034987_02434485.jpg


目前には宮島、いう
日本でもトップ10に入るであろう
絶景波止場でありながら

e0034987_02441500.jpg

おいちゃん
馴れ馴れしゅう
「わしの釣り場」
呼びやがりよる。無礼な。

じゃがこの日に限って
滞在中一番の寒さ、
(朝の気温4度あるかないか)

e0034987_02470342.jpg

そんな日に限って
冷風モロ浴びながら
痩せ我慢釣りとかトホホ

e0034987_02454609.jpg

それでも
釣りバトルに
諦める選択はありません。

ほいじゃが海釣りに関しちゃ
まだまだ初心者、

e0034987_02444535.jpg

慣れん手付きで
ぎこちなくモタモタやりよるの
見かねたか

e0034987_03123737.jpg

そこらで
イカ釣り来とっちゃった
ジモティおじさん

e0034987_02473247.jpg

餌の投げ方から
竿のセッティング法
丁寧に指導してくれちゃって、
なんてお優しい…。

(どんくさい投げ方笑われたけど)

e0034987_03140361.jpg

その成果もあり

e0034987_03160175.jpg

待望の一匹目はメバル!
ちいちゃっ

e0034987_03165857.jpg

まぁ
こまいのでも
カラカラに揚げれば旨あなるけ
有り難くキープ。

e0034987_03175520.jpg

その後
コツ掴んだおいちゃんに
メバルかかり始めましたが

e0034987_03184657.jpg

潮満ちてくると
岩の陰に潜んどる魚
釣れにくくなるけ

寒さと時間との格闘に。

e0034987_03205263.jpg

強風で荒れとるの
分かるかね。

e0034987_03243241.jpg

釣り指導してくれちゃった
地元のおじさん、
(名前聞いたらサカイさん、とのこと)

寒さのあまり
あれからすぐ
お帰りなられましたが

Mr. サカイさん、
あの日は丁寧なご指導
ありがとうございました!

e0034987_03220900.jpg

またご縁ありますように。

e0034987_03250683.jpg

いやぁ
波止場釣りには
かなり過酷な状況じゃったけ

e0034987_03314464.jpg

さすがに
他に釣りする無謀バカ
おらんかったんじゃけど

e0034987_03420917.jpg

束の間の太陽で
若干あったこうなったけ

e0034987_03430202.jpg

観光客目線で
宮島行き来するフェリー眺めたり

改めて
故郷の絶景堪能。

e0034987_03503971.jpg

ようやく
リラックスモード
なれたとこで

岩国基地から
ミリタリーチョッパー飛んできやがる。

e0034987_03522465.jpg

日本じゃのに
横にも

e0034987_03511423.jpg

上にも
やかましいアメリカンやれん。

まぁ基地からの轟音も
故郷サウンドなんじゃがね。

e0034987_03534686.jpg

満潮で
岩場がすっぽり沈んだ後は

波止場から
ヤケクソ釣り。

e0034987_04020262.jpg

ほんまは
チヌ釣ろう
張り切っとったのですが

e0034987_03553649.jpg

かわええメバルばかり
来てくれたのは
嬉しい誤算。

(どうやらこの辺りは
メバルんがようけ釣れるらしい)

e0034987_03564955.jpg

満潮なった上
餌も底ついて来たとこで

e0034987_04080626.jpg

最後の
あがきとなった頃

なんとこれまでにない
デカいのヒット!

e0034987_04034483.jpg

なんじゃろなんじゃろ、
ワクワクする瞬間、
釣りオタクにゃもう絶頂寸前♥

e0034987_04050479.jpg

そして
おおお!華麗な踊り!

e0034987_04053282.jpg

こりゃ
初めて見る肴じゃが

なんちゅう名前じゃったかいねぇ。
(頻度の忘れグセやれん)

e0034987_04060992.jpg

メバルより大きいの
釣れるた思わんかったけ

寒いの耐えた甲斐あった‥。

e0034987_04004006.jpg

これじゃけ
止められんのよ波止場釣り。

(いかにも自分が
釣り上げたかのように書きよる)

e0034987_04083478.jpg

でも釣りのほんまの
楽しみは

釣った魚が
【肴】に変身する過程。フヒヒ

e0034987_04085295.jpg

人任せ魚サバキにつづく。




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2018-05-30 09:49 | 2018年 中年のニッポン弾丸遠征 | Comments(8)
Commented by 中年親父(^_^) at 2018-05-30 11:04 x
覚えていらっしゃいますでしょうか?
アメブロで活躍していた(笑)中年親父(^_^)です。
すっかりブログから遠ざかってましたが、何でもアメブロでは
「アメブロ以外のお気に入り機能は終了との事で早速ブックマーク登録しました。
日本での日々楽しく拝見させて頂いてましたよ♪
来月には56歳となりブログ完全復活の東京オリンピックまで元気でいられるか
多少心配ですが(汗)「高齢親父の盆栽日記」復活を目指して
頑張ろうと思ってます(^_^)/じぇにーさんもお元気で!
Commented by dranino at 2018-05-30 16:04
メバルはな、タナに当たりゃあ
入れ食いよ❤

で、この魚は『ウミタナゴ』かな?

この前、マツダ池で竜が鯉釣ったよ。
でっかい鯉じゃった。(^_-)
Commented by naozoom at 2018-05-30 21:47
豪華朝ご飯ですでに目の毒、絶景波止場でさらに!(笑)
オーストラリアやニュージーランドにおった頃、海で釣れないときには
海中を覗き込むことをしておりましたが、なーんと、そこでアワビや
ウニを見つけた途端に釣りはひとまず置いておいて、獲るのに夢中に
なったりしたのもいい思い出になっています。
持ち帰ったブツを醤油やワサビ醤油で食うのは至福のひとときでしたが、
日本に帰ったら比較にならんほど味わう幸になるんだろうな。
Commented by godeepsouth at 2018-05-31 00:47
中年親父(^_^) さま、
おぉ、なんて嬉しいサプライズ!
もちろん覚えておりますよ♪

ネオン街「勇退」されてから(笑)
どうしとってんじゃろ、
思いよっただけに、
近況&復活報告に
懐かしさと喜びでニタニタしよります。

ワタクシも
キャバから足洗い、いや(苦笑
卒業して20年以上経過し
すっかり中年BBA部類入りながら
覚えて頂いて
ありがとうございます!

お互いこれから
いかに中年ライフ開き直って楽しむか
呑みながら語り会いましょう☆

中年親父(^_^)様の復活ブログも
後ほどブックマークさせて頂きますね♪
Commented by godeepsouth at 2018-05-31 00:48
draninoさま、
ほうじゃほうじゃ、
ウミタナゴじゃった!
おかげさまで
ずっと思い出せずにおった
鬱憤晴れました☆

そういやお父ちゃんも
瀬戸内の釣り事情詳しかったんよね。
これからも
頼りにさせてもらいますわ♪

マツダでの三連戦
記憶無いけぇラッキ~(苦笑
Commented by godeepsouth at 2018-05-31 00:48
Naozoさま、
うはは、
毎度目の毒画像失礼しよります。
これから更にパワーアップするものと(笑

おぉ、アワビやウニまで捕れるなら
もう釣りはすっぽかして
ずっと海中潜っとる思うです。
近年なって瀬戸内海も
だいぶ綺麗になったものの
ダウンアンダーの海
透明度全然違うんでしょうね。

海で育ったモンには
釣れたて新鮮肴&絶景波止場
恋しいばかりですが
ここじゃ
川や湖でのジャングル探検はもちろん、
釣った鱒でぷはぁ~出来よるけ
贅沢は言わんようにします。
Commented by getteng at 2018-05-31 07:34
じぇに-ちゃん
どんな料理に化けたかが楽しみですね。
Commented by godeepsouth at 2018-05-31 22:36
Gettengさま、
はい、ママんマジックで
豪華な肴に変身した様子
後ほどたっぷり
披露致したい思います。
またクヌヤロ発言くるかな(笑
名前
URL
削除用パスワード


<< スーパーお爺ちゃんの新ピカマシーン      中高年の西部遠征Vol.49 ... >>