アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 22日

中高年の西部遠征Vol.53 ニューメキシコ州からリターン大陸横断いざ出陣!


丸11日過ごした
ニューメキシコ州ナバホ居住地、

e0034987_09010546.jpg

とうとう
発つ日が来てしまいました。
(2017年7月19日)

e0034987_09113795.jpg

慣れん集団行動
そして共同生活に
ちと苦労はしましたが

e0034987_09114841.jpg

あれから
11ヶ月経った今

e0034987_09121121.jpg

思い出すのは
仲間らとの貴重な、
楽しいひとときばかり。

e0034987_09122420.jpg

当たり前のように
散策しよった

この古代の丘も
またいつ戻って来れるんじゃろう、

e0034987_09111917.jpg

アジトで最後に味わう
珈琲すすりながら

おセンチなったの
覚えとる。

e0034987_09120252.jpg

帰りは
行きと同じく
チャーリーおじさんのトラックと
(新ピカTOYOTA)

e0034987_09123887.jpg

でかいフォードでの
二台がかり。

e0034987_09125155.jpg

家主の奥様
メアリーおばさん、

出発前夜は
一気に寂しゅうなるいうて
涙ポロポロ
流してらっしゃたのですが

e0034987_09130048.jpg

当日は
もう吹っ切れたかのように
スマイル見送り。
じーん

e0034987_09131244.jpg

新たな「家族」との
再会を誓い

我々中高年キャラバン
再び長い道のりへ。

e0034987_09132521.jpg

出発当時
モニカ姐ちゃん運転するトラック
一緒に乗ったんじゃけど

いきなり
お馬さんに阻まれとる。ぷぷ

e0034987_09135754.jpg

ナバホ居住地ならではの
光景に恵まれると
名残惜し度MAX

e0034987_09140687.jpg

とうぶん見納めとなる
乾いた大地、

e0034987_09142165.jpg

岩山ゴロゴロ
ナバホハイウェイ、

e0034987_09143296.jpg

そして今度こそ
走り納めとなったルート66も

心温まる中年メモリー

e0034987_09144731.jpg

Route 66から
主要ハイウェイへ。(I-40 East)

e0034987_09145908.jpg

ここから東へ
延々走るんじゃが

e0034987_09151008.jpg

また地平線萌えできるウヒヒ。

全然苦になりません。

e0034987_09152101.jpg

広々したトラックで
ありがたく
助手席View堪能させてもらえたし。

e0034987_09153558.jpg

2時間走ったとこで
地平線の向こうから

アルバカーキの街が
見えてきました。

e0034987_09154608.jpg

ちょうどお昼の時間じゃったけ
いったんハイウェイ降り

ロードトリップの
定番めし屋となったCracker Barrelへ。

e0034987_09160930.jpg

せっかくじゃけぇ
チェーン店じゃ無いとこが
良かったのですが

皆が喜ぶいうたら
ここが一番無難なんよ。
(集団行動では妥協必須)

e0034987_09162031.jpg

それでも
ローカル色溢れるメニューあったのは
嬉しいサプライズでした。

(グリーンチリペッパー入り
とことろチーズソース完食)

e0034987_09162898.jpg

さ、高カロリー補給した後は
次なる大都市、
テキサス州Amarillo目指し

再び砂漠ハイウェイへ。

e0034987_09163805.jpg

思えば
前回大陸横断した際(2010年)
帰りはアルバカーキから
飛行機使ったぶん

e0034987_09164709.jpg

ここから東走るの(I-40)
わしにとって人生初!

e0034987_09170378.jpg

来た時とは
とうぜん景色も違うけ

初めてアメリカ降り立った際の(大昔)
あの初々しい感動
よみがえりました。

e0034987_09173477.jpg

やたら緑ばっかりで
感動に乏しい
南東部戻ってしまう前に

e0034987_09174662.jpg

もうしばらくは
壮大な西部堪能できる思うと
自然に笑みが。

e0034987_09180135.jpg

いやぁ
ロードトリップってええね。
(西部限定)

e0034987_09181173.jpg

テキサス突入につづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2018-06-22 02:09 | 2017年・中年の西部リターン遠征 | Comments(6)
Commented by getteng at 2018-06-22 07:28
じぇに-ちゃん
この馬って、やはり野生なんでしょうね?
Commented by godeepsouth at 2018-06-22 08:58
Gettengさま、
いちお飼い主おるものの
ほぼ放し飼い状態らしいです。

居住地じゃ
よくある事とか。
Commented by cloversdesign at 2018-06-22 12:01
西部のなんもない砂漠を見てると東部の樹海が懐かしいです。

日本へ帰った時も迫り来る山に最初は感動しました。でもこちらへ帰って地平線を見ると
明け放れた感が、、あ〜帰ってきたみたいな

結局、隣の芝生は青いっちゅうことですかね(笑)
Commented by naozoom at 2018-06-22 21:26
カンガルーやコアラのいる左側通行の国、まあ、オーストラリアですけど、
よく似ている風景の中をバイクで一人旅したオイラにゃ刺激強すぎです。

乾燥した大地を吹き抜けていく風の音、突然出くわす野生動物、夜空に
輝く満天の星空を見上げて天の川を英語で何故milky wayと言うのかと実感し、
周囲100キロ以内に人間は自分ひとりだけの環境で野宿する快感とそこでの
焚き火とぷはぁに超開放的な野糞など多々。(笑)
やっぱ、父ちゃんはこんなところにバイクに乗ってひとりできたんだよって、
家族を連れてもう一度旅しに行かないといかんかなぁ。
そう思いますが、妻子があの環境に耐えられるのか悩んでしまいますねぇ。
何もなくて誰もいない360度の地平線を独り占めできる快感を理解するのは
困難ですからね。(笑)
Commented by godeepsouth at 2018-06-22 21:53
クローバーさま、
はい、やはり無いものねだり
なるんでしょうねぇ。

そういえばナバホの友人
初めてジョージアお招きした際
「樹海」に
たいそう感激しちゃって
しばらく裏の森から出てこず
ちと心配なったの思い出しました。
Commented by godeepsouth at 2018-06-22 21:54
Naozoさま、
ほんま地平線独り占め!の快感、
いったん覚えてしまうと
禁断症状出始めるんですよね。

野外スクワットも
人間本来の生活
再現&実践しよるような感じで
古代オタクの血が騒ぐし(笑

やはり
こういうアドベンチャーって
向き不向きありますけえね。
自称・中年探検隊隊長ではありますが
Wifi使えん環境ずっとおると
落ち着かんなったり、、

ま、ネット環境整った時点で
秘境、言えんのですが(苦笑
いつかお母ちゃん
説得できるとええですね♪

ちなみに
オーストラリアが左側通行じゃったの
今初めて知りました(恥
名前
URL
削除用パスワード


<< まさかの山ごもり~オバちゃん達...      山羊牧場への道~新たなふわふわ... >>