アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 30日

中年の西部リターン遠征Vol.54 アルバカーキからテキサス州の地平線ハイウェイ


この日の目的地、
テキサス州 Amarillo目指す
中高年キャラバン

(2017年7月19日当時)

e0034987_04432341.jpg

大都市アルバカーキ過ぎると

そこはもう
果てしなく広がる牧草地

e0034987_04440727.jpg

画像クリックしてもろうたら
いかに無駄に広いかが
伝わる思うのですが

e0034987_04444486.jpg

実際ハイウェイ飛ばさずして
体感できん開放感、

今すでに
バリ恋しゅうてやれん。

e0034987_04455121.jpg

じゃが
建物もろくに見当たらん
この果てしなさ、

行きのドライブで
記憶にないのは
当時雨降っとったけぇ。

e0034987_04461998.jpg

ほんまに
しばらく何もないわ
ひとけも無いわ、

e0034987_04463846.jpg

まるでお牛さんの惑星。
(大げさ)

e0034987_04465941.jpg

久しぶりに見た
人工オブジェにツボった!

コンテナのBarとか
もうなんて素晴らしい発想なんでしょう。

e0034987_09154095.jpg

そして
電柱だけしか無い
光景しばらく続いても

飽きるところか、
西部熱ますますめらめら♥

e0034987_10424009.jpg

今回の大陸横断でも
ほぼなんも無い
この4時間区間が

(アルバカーキからアマリロまでの)

e0034987_10174293.jpg

一番しびれるドライブじゃ
再確認。
ルート66とも並行して走れるし♥

サテライト地図でも
土色一色ばりたまらん!

e0034987_10192563.jpg

まぁ建築物も
大地カラーと
同化しとるのもあるが

e0034987_04474061.jpg

テキサスに近づくにつれ
岩ゴロゴロの土色から

e0034987_04483291.jpg

草木ふさふさ
し始めるんじゃが

e0034987_04494340.jpg

タイミングええとこで
萌え貨物とか‥

e0034987_04500188.jpg

ダイナミックな
地平線ハイウェイは

どこまでわしの中年ハート
奪いまくるのでしょう。

e0034987_04502213.jpg

そんな
うっとりしよる時突然

ドライバー任せとった
モニカ姐ちゃん、
トラックから
なんかもげた音しだしたのに気づき

e0034987_04503454.jpg

ハイウェイ脇に緊急停車。

ロードトリップにありがちな
スリリングな状況
わしらまで体験することなるなんて。

e0034987_04504430.jpg

なんも無いとこで
車ブレークダウンとか
映画だけの話にしとこうや。

最悪の状況
脳裏にちらつきましたが

e0034987_09155587.jpg

おっちゃんらが
検証した結果

運転続行には
問題無いとのことで
ホッ

e0034987_09160576.jpg

こっから念のため
チャーリーおじさんが
トラック運転、

e0034987_09222824.jpg

わしは再び
おいちゃん運転のヴァンで
ナビゲーション。
(聞こえのええように書きよる)

e0034987_09230349.jpg

果てしなく広がる
牧草地に
ニューメキシコ州の端っこ告げる
Mile Mark 367確認、

e0034987_09231418.jpg

間もなく
さようならサインが
出てきてしまいました。

e0034987_09232626.jpg

その直後
再びテキサス突入!

e0034987_09234442.jpg

でかい州とは言え
北部の先っちょじゃけ
1時間半で
横断出来るのですが

e0034987_09244521.jpg

テキサスを
小馬鹿にしてはいけません。

地平線がかすむ
とてつも無さに
お口が締まりません。

e0034987_09250217.jpg

Amarillo到着に
つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2018-06-30 11:30 | 2017年・中年の西部リターン遠征 | Comments(4)
Commented by getteng at 2018-06-30 11:43
じぇに-ちゃん
開拓者は果てしない広大な土地に何を見たんでしょうね?
台風の影響か、今日は朝から雨が降り続いております。
台風は頑張った文金コンビへのカムサミダプレゼントになりそうです。
Commented by naozoom at 2018-06-30 16:27
いかーん、また目の毒な写真の数々がぁ・・・。(笑)

国は違いますが、豪州(オーストラリア)の内陸だと
ナショナルハイウェイでも対向車は1時間に1台あるか
ないかってところが多いので、ちょいと交通量が多いかなと
考えてしまう自分はただの変わり者か或いはアホかと思われる
でしょうね。(笑)
そんな場所をバイクで3度一人旅しましたが、現地で出会った
オーストラリア人たちからは憧れのような眼差しを向けられて
質問されることが多々ありました。
世界150ヶ国以上からの移民がいるのに人種差別がすごい国ですが、
それは一部の人たちだけで、親切な人たちが多く、そんな人たちと
これまでの旅の話をするのは本当に良いひとときでした。
国籍はオーストラリアなのに自分の国は暮らしている周辺や短期の
旅行で行ったことがある場所か知らず、定年前に退職して国中を旅したい、
定年後にしたいという人たちからお勧めのところやアドバイスを
小さな島国から来た英語の下手な旅人であるこちらに求められることが
多かったです。
じぇにーさんの国ではそんなことは多いのでしょうか?素朴な疑問です。
Commented by godeepsouth at 2018-06-30 23:44
Gettengさま、
ほんま開拓時代
幌馬車でようあの大地横断できた、
思うですよ。

いかにして天候しのぎ
水&食料調達したか
想像しだすとキリ無いですが
やはり命がけじゃったんでしょうね。
Commented by godeepsouth at 2018-06-30 23:45
Naozoさま、
まさにここら
古き良き西部そのままでしたよ!

まぁ何も無いとは言え
西部と東部つなぐ
主要ハイウェイでもあるけ
常に長距離トラック
行き来しよったです。

それだけに30分走れば
トラック運ちゃん用施設整った
ガソリンスタンドあるけ
オーストラリアの内地走るよりは
まだ安心できるかと。
(テキサスの田舎は例外)

考えてみると
オーストラリアも
同じ開拓プロセス経とるんですよね。
もともと先住人暮らしとったとこに
白人が流入して
勝手に仕切りだし国家成立、
その後同じく移民大国なったのに
未だ根強い差別。。

ここ南部は特に白人主義多い
言われとるですが
実際暮らして見ると
差別どころか、
皆暖こう接してくれて
サザンホスピタリティの
恩恵受けまくりよります。

やはり一部の
偏った知識しか無い奴らが
差別し続けるんでしょうね。
バカにつける薬無いのが
残念です。
名前
URL
削除用パスワード


<< お騒がせピレネー犬と束の間の再...      日本遠征記 Part.11 四... >>