アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 07日

10代の青春再び~ハイスクールフットボール生観戦【ロード遠征編】


昨シーズン1勝しかできず
馬鹿にされ放題の
地元チームですが

今年の初戦まさかの大勝で
調子こいた我々、

e0034987_08571312.jpg

ロードゲームでもある2戦目、
1時間離れた田舎街まで
(Tallapoosa, GA)
来てしまいました。

おいちゃんにとっても
このハイスクールは初めて、

e0034987_08575595.jpg

地元チームカラー身にまとい
正門ゲートから
入ろうとした際、

そこらおった
相手チームのファン:
「ビジター用ゲートあっちにあるけ
そっから入りんさい」

e0034987_09004859.jpg

敵であるに関わらず、
優しゅう誘導してくれちゃって

e0034987_09003660.jpg

田舎の住民は
基本優しいの実感。

e0034987_09002394.jpg

ビジターサイドでは
ユニフォーム身にまとった
選手らがすでに待機、

e0034987_09010277.jpg

ホームゲームに比べて
選手らとの距離が
かなり近いのは嬉しいサプライズ。

画像真ん中の
ふわふわロングヘアー君が
初戦に4つのタッチダウンパス決めた
クオーターバック。(シニア)

e0034987_09012883.jpg

距離が近いのは
選手らだけでなく
ぴちぴちチア姉ちゃん♥
(退場)

e0034987_09014080.jpg

しかも
ホームチームサイドに
モロ陽が当たりよるの
ばりラッキー

e0034987_09332342.jpg
こうして
まずはシニアの選手ら登場で
試合前コイントス。

e0034987_09021516.jpg

そして選手登場の場面は
なんぼ見ても胸キュン。

e0034987_09023010.jpg

部活動にかける青春より
はよ大人の世界
デビューしたかったあまり

経験しそびれた
我ハイスクールの青春、

無理やり
取り戻そうしよるのもある。
(聞いちゃおらんか)

e0034987_09023986.jpg

Pre-game prayerの後
(試合前の祈り)

e0034987_09025441.jpg

いよいよキックオフ!

相手チーム選手
皆でデカイの揃いで
ビビったんじゃが

e0034987_09030843.jpg

初戦の
素晴らしい戦いブリ思い出し

わしらバリ
意気がっとったんよ。

e0034987_09032071.jpg

じゃが
最初の攻撃で
いきなりタッチダウン献上、

e0034987_09033471.jpg

まぁ
これで目覚めてくれるじゃろ、
思うもつかの間、

初戦絶好調じゃったオフェンスも
リズムに乗れずズルズル失点、

気づけば前半ですでに
28-0

e0034987_09042984.jpg

相手は
格上チームじゃったにしろ
手っ取り早く3点獲得できる
フィールドゴールより

その倍得点入る
タッチダウンにこだわるあまり
ことごとくギャンブル失敗、

e0034987_09063403.jpg

結局得点できずのまま
ハーフタイム突入。

おいちゃんチームの
マーチングバンドパフォーマンスの後

e0034987_09071677.jpg

相手高校バンドが
大掛かりなセットで登場。

同じく田舎高校じゃのに
素晴らしいエンターテイメント、
よそチームながら感心しました。

若さってエエな。

e0034987_09074222.jpg

後半
なんとか巻き返してくれる
信じとりましたが

主力選手の怪我もあり
すっかり諦めモード。

相手チームも
即膝ついてくれたのはジーン。

e0034987_09075689.jpg

チア姉ちゃんらによる
必死の応援もむなし

e0034987_09081000.jpg

結局得点できずまま
無情の試合終了、

e0034987_09084191.jpg

今年こそは!
期待しとったとこで
一気にズドーン、

e0034987_09085115.jpg

今季初のロード遠征は
無念のボロ負け。
35-0

e0034987_09082562.jpg

周りのファンらぁ
淡々とした表情で
スタジアム後にする中

e0034987_09090733.jpg

選手らも
悔しいであろうに
最後まで
熱い声援送るファン、家族の元へ
挨拶。

思わず高校野球思い出し
目尻のシワ
更に深くなりました。

e0034987_09092584.jpg

遠いとこまで来て
トホホな惨敗ではありましたが

一番悔しい思いしとるのは
この若き選手達、思うと
徐々に感情移入しちまいよる。

e0034987_09093686.jpg

この負けから
いかに立ち直るか、
翌週のホームゲームも参戦予定。

失われた青春時代
無理やり満喫しようともしよる。
ふひひ

e0034987_10424401.jpg

つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2018-09-07 11:02 | ハイスクールの青春~田舎編 | Comments(4)
Commented by getteng at 2018-09-07 11:16
じぇに-ちゃん
中学時代、軟式野球部にいて、地元の球場開きの第1試合に出てショ-トを守ったのですが、
親や知り合いがの者が来ていると日頃より張り切ってしまった覚えがあります。
日頃はズックのスパイクシュ-ズに黒ずみを塗りたくったものを履くのですが、
この日はおばさんからのプレゼントの革のスパイクシュ-ズで・・・。
ちなみに、第二試合は高校、第三試合は社会人でした。
老生にも屁と夢精ばかりしていた「青春」があったのだ(´;ω;`)ウゥゥ
Commented at 2018-09-07 22:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by godeepsouth at 2018-09-08 01:03
Gettengさま、
おぉ、中学時代から
軟式野球の青春謳歌されたですか!
若いならではの夢精も
ずいぶん前の事じゃ思いますが(笑
今でも青春の思い出として
語れるのってエエですねぇ☆

しかもズック、いう表現
ずいぶん久しぶり聞いてぷぷぷ、
いや、たいそう心和みました。

昭和時代の高校野球、
歴史に残る名勝負多いのは
より泥臭くい
ど根性スピリット
ぶつかり合うたけぇでしょうか。
Commented by godeepsouth at 2018-09-08 01:04
非公開さま、
ほんま試合終了後
同じこと思うたですよ。

いずれこの子ら社会人なり
家族持ちなった日にゃ
子供らにも
笑い話として語れるじゃろうし、
1年後は誰も今日の試合なんて
気にしちゃおらんけ
頭上げて切り替えんさい、
親目線で眺めよりました。

おぉ、そのスパイクの青春サウンド、
そして入場時の描写想像できて
こっちまでアドレナリンが!

高校野球のアナウンスも
大好きでした。
ウグイス嬢のあの独自の響き、
自分の知る時代から
さほど変わっとらんのも
ありがたいです。

肘ですと今なら
もろトミー・ジョン手術ですよね?!
プロの投手なら
早めに手術受ける選択しか無いでしょうが
生活していくに
さほど影響無いなら
自分も放置しとる思います。

1リットルのジョッキ
持ち上げる事さえできれば(笑
名前
URL
削除用パスワード


<< 中高年のフロリダ再訪【其の3】...      日本遠征記 Part.22 東... >>