アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 09日

田舎村での古き良きカントリー野外ウェディング


2週間前ですが

裏の空き地では
初となる結婚式に呼ばれ、
うれげに参加。

e0034987_04132829.jpg

今回式あげる
田舎フレンズが
カントリーなセッティングにこだわり

親族共同で所有する
この空き地
提供したとのことじゃが
雨あがりでべちょべちょ。

e0034987_04135079.jpg

前日のリハーサルは
ずぶ濡れ状態じゃったらしく
リハーサルディナーは急遽室内に変更、

式当日も小雨続きだっただけに
皆ヒヤヒヤでしたが

始まる直前なって
ピタっと止んだのはありがたい。

e0034987_04142261.jpg

ああでも
1930年代風に決めた
Groomsman達に萌え~

おそろいの帽子にキュンキュン♥

e0034987_04145265.jpg

優雅なクラシック調ドレスの
Bridesmaidsと並ぶと
まるで映画のワンシーン。

(先頭のカウボーイハット兄ちゃんが
花婿のPJ君23歳。若っ)

e0034987_04151861.jpg

せっかくじゃけぇ
古映画風に加工。

意地でも野外ウェディングにこだわった
ワケが分かりました。

e0034987_04153453.jpg

もっと萌えたのが
小ちゃな助っ人たち。

いやんカワエエ~

e0034987_04155191.jpg

まずは
わしらのフレンドPJ君、
緊張の面持ちで
スタンバイ

e0034987_04184561.jpg

そしてBridesmaidsとGroomsmen
揃って登場

e0034987_04163156.jpg

その頃、
一台のトラックがタイミング良く現れ
ちょっと離れたとこで停車後

お父様に連れられた
カウボーイブーツの花嫁登場!

きゃーこれも映画みたーい
(すっかりミーハー目線)

e0034987_04211104.jpg

前日のリハーサルディナー後は
この瞬間まで
お互い顔合わせられんけ

よりドラマチック仕立てなっとんじゃが
(日本でもそがなじゃったかいね)

e0034987_04213846.jpg

この時点でもまだ
花婿から見えんよう
徹底されとるのさすが。

花嫁のケイラちゃんは
赤毛のアン彷彿させる
素朴でカワエエ田舎娘。

まだ若いのに結婚するの勿体な~
(余計なお世話)

e0034987_04221040.jpg

そして
花嫁登場の瞬間、
その美しさにPJ君、
歓喜の雄叫びガッツポーズ。

カメラ操作に
もたもたするあまり
その瞬間撮れとらんのトホホ。

e0034987_04201459.jpg

田舎らしい
非常にアットホームな式でしたが

Bridesmaidsの目つき怖~

e0034987_04202943.jpg

おそらく
当時気温12度ぐらいしか無かったけ
肌寒かった思われる。

事前に酒呑んで行っても
寒う感じたけ。(退場)

e0034987_04204522.jpg

こうして
ファーストキスも
撮れんまま終了~
(カメラオタクじゃのに情けない)

でも幸せ絶頂新婚ホヤホヤに
顔ゆるみっぱなし。

e0034987_04222985.jpg

派手なゴージャスウェディングより
素朴で温かい
カントリースタイル選んだあたり
より親近感が。

e0034987_04224235.jpg

じゃが
わしが招待された結婚式、

半数近くが離婚に終わっとる事実、
決して漏らすまい。

e0034987_04230529.jpg

そがな言うたら
もう結婚式呼んでもらえんなるけ
ここだけの話。

e0034987_04233594.jpg

PJ君とKaraちゃん
ええ子らじゃけ
フォーエバー幸せで
おらにゃいけんよ♥

e0034987_04235512.jpg

次回は
素朴な田舎レセプション。(酒無し)



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2018-11-09 06:04 | ド田舎ならではネタ | Comments(8)
Commented by getteng at 2018-11-09 15:12
じぇに-ちゃん
日本のように坊主丸儲けみたいに金をとられて、形式的な結婚式よりもずっとおされですよ。
お嫁さんはまだ処女ですかね?
で、おめでたいお二人は、これから何年続くんでしょうね?
Commented by naozoom at 2018-11-09 22:22
カントリー野外ウェディング、痺れますね。
心から素敵だなと思います、ホント!

PJ君23歳の頃、オイラは海外一人旅に出るために貯金に励んでいたなぁ。
当時は彼女よりも自分のやりたいことが一番大事だったから、なんてことを
書くとその相手には大変申し訳ないですが、そのまま夢を叶え続けてきて
縁を逃しまくったかも?(笑)
まぁ、今は幸せだから全てよしですね♪
Commented by godeepsouth at 2018-11-10 00:32
Gettengさま、
ぷぷ、また困った爺ちゃん発言
かましよってじゃ。笑

若いカップルだけに
いかに金かけず美しく演出するかに
こだわったようです。

酒無しとは言え
古き良きアメリカ絶妙に再現され、
カントリー好きにとっちゃ
印象に残る結婚式でした。
Commented by godeepsouth at 2018-11-10 00:33
Naozoさま、
はい、素朴ながら
予想以上のイカしたセッティング
久しぶりときめいたです。

ほんまおいらにとっちゃ
23歳で結婚に落ちつくなんて
考えられんですよね。
まだ若い時期は
色んな人との出会い楽しんだほうが
人生観も経験も視野も
広がるのに。

やはり田舎じゃと
早う落ち着いて
若いうちに子供作るパターン
多いようです。

その点
若い独身時代時にしか
できん事優先させた上で
落ち着きつつあるおいら、
まさに理想パターンですね♫
(勝手に‥笑)
Commented by tuguki1964 at 2018-11-10 17:00
きゃ~~~っ!
ハンチングとサスペンダーの坊やたちのセピア写真。
まるで 明日に向かって撃て! みたいだよ~~!
Commented by getteng at 2018-11-11 00:25
じぇに-ちゃん
冗談抜きで、この結婚式は素晴らしいですよ。
あなたがたはいつどのようにされたのか知りませんが、再度こういう形式でおやりになったらいかがですか。
老生は、寒そうですから出席は辞退しますが・・・。
Commented by godeepsouth at 2018-11-11 01:49
Tugukiさま、
おおそうでした!
頭でイメージしとった古映画
イマイチ思い出せずおったですが
明日に向かって撃て、で
脳内電球点灯しました!
Commented by godeepsouth at 2018-11-11 01:49
Gettengさま、
今年やたら雨多い中
思い切った野外ウェイディングでしたが
この日のために
ゼニかけて調達したいう干し草、
無駄にならんで良かったです。

結婚式は招かれる側んが
ラクでええです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 日本遠征記 Part.33 中...      日本遠征記 Part.32 中... >>