アメリカ南部ど田舎奮闘記

southrocks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2019年里帰り( 28 )


2019年 09月 15日

中年の日本帰郷 Vol.23 満開桜の岩国満喫コース【ロープウェイ~岩国城】


錦帯橋での絶景堪能後
今度は山登り!

(4月8日当時)
e0034987_05053283.jpg

ロープウェイからの桜なんて
人生初じゃなかろうか!

e0034987_05054438.jpg

ましてやママんと
お気に入り叔父ちゃん夫婦揃っての
桜堪能コースとか、

e0034987_05055397.jpg

今こうして
夢じゃ無かったの確認しよる。

e0034987_06113309.jpg

ロープウェイ降りて
山道ちょっと歩くと

そこはもう城内。

e0034987_06114137.jpg

どこ見渡しても
桜のある季節とか、


e0034987_08004190.jpg

ウキウキ越し
もう夢見心地な。

e0034987_08195390.jpg

割と観光客おったに関わらず、

人が写っとらん
絶妙のタイミングで取れた一枚も
うれげに加えておこう。

e0034987_08005043.jpg

これまで何度も
訪れてきた岩国城ですが

この中高年メンバー(マイナスおいちゃん)
という素晴らしいメンバーで
お城に入らん選択はありません。

e0034987_08200221.jpg

中は他のお城のように
レトロモノ展示されとる
ミュージアムなっとるんじゃが

無性に反応した銃に
ときめきのレトロ字体、そして

e0034987_08201064.jpg

建築オタク目線写真しか
撮っとらん。

(釘ひとつも使われとらんの凄いよね)

e0034987_08202002.jpg

岩国城で一番の見所は
最上階からの眺め。

e0034987_08202998.jpg

歩いてきたばかりの
錦帯橋、右側に見えるかね。

e0034987_08232774.jpg

モヤがかっとらん時は
瀬戸内海に浮かぶ島まで
ハッキリ見えるらしいが

e0034987_08243479.jpg

桜とのコラボに
うっとり出来ただけで大満足。

これは錦帯橋を真ん中にして
撮ったバージョン。
(あまり変わりゃぁせんか)

e0034987_08233809.jpg

ロープウェイで
下山した後は

はるか昔クソガキ時代
遠足で訪れた事もある公園散策。

e0034987_08244462.jpg

こうして
何十年もの月日を経て

かつて歩いた場所
再訪出来よる事に、

e0034987_08301653.jpg

いちいち感激しよるのも
オバハンと化した証拠と言えよう。

おばさんネタで
自分を出さず
ママんを変わりに載せるセコさ。ふひひ

e0034987_08302685.jpg

水上の桜が
一箇所に溜まるこの部分、

「桜筏」いう美しい言葉で
呼ばれとるのも今更知るなんて。

e0034987_08304594.jpg

やはり
このホッとする懐かしさ、
祖国でしか味わえんのも再確認。

そんな中高年の
胸キュンスポット、

e0034987_08305267.jpg

いつまでも
このままであってほしい
ババくさい事思いながら

桜舞う景色、
ひたすら撮りまくりよった。

e0034987_08310123.jpg

桜満開時に日本帰るの
人生初じゃったあまり
執拗に桜語りよるのお許し下さい。

岩国バリ最高~!

e0034987_08311114.jpg

ちなみに今週、
夜勤明けからの早朝番で
時差ボケ引きずるあまり、

再び1週間放置してしもうたのも
お許しをば。

未だ桜満開に浸る
望郷中年のうだうだは続く。

e0034987_08311901.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ


by godeepsouth | 2019-09-15 10:14 | 2019年里帰り | Comments(1)
2019年 09月 03日

中年の日本帰郷 Vol.22 桜満開の岩国散策【錦帯橋~昭和香る桜街道】


人生初めて堪能する
錦帯橋と桜の供宴、

(4月8日当時)
e0034987_11143307.jpg

もう二度とこの目で
見ること無いかもしれん、思うと

ついつい
ゆっくり歩いてしまうよね。

e0034987_11242603.jpg

だってもう
吸い込まれそうになるほどの
錦川の美しさに

今更ながら感動。

e0034987_11243433.jpg

しかも
どこ見渡しても桜満開!

e0034987_11365602.jpg

こんな夢の縮図に
わしら入っとったなんて
アンビリーバボー。

お気に入り叔父ちゃん夫婦含む
このシニアメンバーで
岩国散策出来るのも
2度とあるか無いかじゃけ

e0034987_11373550.jpg

出来る限り
ゆっくり歩きよりましたが

向こう岸まで
たどり着いてしまいました。

e0034987_11374640.jpg

しばらく来んうちに
お土産屋&観光客倍増、

ネットとスマホの普及で
どんどん変貌遂げよるの
嬉しいやら複雑やら。

(言うことまでいちいち年寄り化)

e0034987_11375566.jpg

ここから
更に続く桜街道は
昔のままでホッ

e0034987_11380416.jpg

この日珍しく
申し分無いほどの晴天じゃったおかげで

桜の美しさが余計に映え

e0034987_11381333.jpg

これまで撮れた事なかった
日本の桜写真カメラオタクフォルダーに
ようけ保存できたのも

帰省自慢ハイライト。

e0034987_11382524.jpg

お、なんか
衣装まとった人らおる!

(オタクカメラ再びスタンバイ)

e0034987_11384358.jpg

するとカワエエ女の子が
わしらに近づき

「甘茶いかがですか~」

e0034987_11401611.jpg

ガキ嫌いでも
萌えるよね♡

e0034987_11402606.jpg

どうやら
お釈迦様関連の行事「花まつり」の一環で
甘茶配りよってらしい。

e0034987_11404547.jpg

更に小ちゃな男の子も
Good Job! (誰様)

e0034987_11403575.jpg

祭りのこたよう知らんが
張り切ってお釈迦様にお水かけてあげよる
ママんの親戚トリオ、
いちおカトリックのような気ィするが、

ここは
あえて突っ込まずにおろう。

e0034987_11405446.jpg

そして
この重要文化財に指定された
古い家こそ

e0034987_11410525.jpg

はるか昔、
高校生じゃったパパんが
いっとき滞在しとったいう下宿先。

実はこの日
閉館日じゃったに関わらず

e0034987_11412691.jpg

かつて暮らした人の家族じゃいうので
特別に入らせてくれちゃった
優しいガイドさんには心底感謝。

e0034987_11411926.jpg

普段観光客の入れんとこから
家の中覗かせてくれちゃって、

(昭和初期にタイムスリップしたかのような
ドツボな内装でしたが
敬意を払って撮影せず)

ガイドさんに何度も何度も
お礼しておきました。

e0034987_11501730.jpg

こういう旅先での
思わぬ触れ合い、たまらんね。

e0034987_11502502.jpg

さ、次回は
あの乗り物でワクワク桜見散策!

(お決まりコースじゃけ
はぁバレたか)

e0034987_11503389.jpg

キャピキャピ中高年の
遠足はつづく



にほんブログ村 海外生活ブログ


by godeepsouth | 2019-09-03 13:15 | 2019年里帰り | Comments(6)
2019年 08月 18日

中年の日本帰郷 Vol.21 桜満開の岩国散策【錦帯橋からの絶景編】


前夜の大宴会で
酒ビールワインの
トリプルちゃんぽん暴走の果て、

寝潰れた恥ずかしい姿
ここで晒されたパパんですが

e0034987_06372391.jpg

翌朝
何事も無かったかのような
ケロっとした顔で納豆混ぜ混ぜ。

前日遅くまで
ママんが一生懸命
味噌漬けにした黒鯛グリルも揃い
豪華朝食セットアップ完了!

e0034987_06374792.jpg

じゃのに
冴えん顔しとるのは

二日酔いに悩まされ
朝ご飯ほとんど手ぇ付けずの
おいちゃん。

あ~あ、ほいじゃけ
ちゃんぽん慣れしとらん奴にゃ
わしらと
同じように呑ませちゃいけんのに。

e0034987_06380134.jpg

今回も
パパんが責められるパターンに。
ぷぷぷ。(おいちゃんも凝りとらんのぉ)

味噌風味しっかり効いた
黒鯛(チヌ)のグリルは
おいちゃんの分までしかと堪能。

(ちゃんぽん慣れで得。ふひひ)

e0034987_06380952.jpg

こうして皆での朝食後、
パパんと二日酔いのおいちゃん
実家に放置、いや置いたまま

叔父ちゃん夫婦そして
ママんとわしで
ウキウキ日帰り旅行へ!

きゃぴきゃぴ優先席トリオが
幼稚園児のように見え
思わず萌え~

e0034987_06381992.jpg

なんてったって
おいちゃんおらんけ
いちいち英語で説明する
手間無いなった事で

思いもよらん休息Dayとなり
わしにとっても大助かり。ウヒヒ

e0034987_06382666.jpg

こうして
日本語だけ使える状況で
ゆったり列車に揺られるの
何十年ブリじゃろうか。

こういう広告まで新鮮で
いちいち撮りよる。

e0034987_06383589.jpg

そういや
当時GW前じゃったの思い出し、
懐かしさにまたきゅ~ん。

そして
随分久しぶりとなる
JR岩国駅到着!

e0034987_06384446.jpg

しばらく来んうちに
構内オシャレに変身しとって
ビビったのですが

いざ外出ると
広島駅周辺とは違い、

自分の覚えとるままの光景
未だ存在しとるのが嬉しゅうて
中年ハートきゅ~ん♡

e0034987_06385289.jpg

岩国駅からの
バスへの乗り方も
忘れんよう記録に残しておこう。

はぁ行き先
バレたようなもんじゃが

e0034987_06390031.jpg

桜シーズンの岩国と言えば
もうこの場所しか
考えつきません。有りえません。

e0034987_06390916.jpg

かつて何度も訪れた
有名観光地とは言え

川沿いのピンク色に
まず息奪われました。

e0034987_06391917.jpg

いやまさか桜満開時に
再会できるとは思わなんだ
錦帯橋!きゃー!

e0034987_06392933.jpg

もう錦帯橋と桜のコンボ
堪能するの
生涯初めてだけに

しばらく
お口ぽか~ん。

e0034987_06444835.jpg

当時平日の午前中でしたが
さすが観光客多かったのも納得。

改めて
この時期帰って来れて良かった‥。
(何度リピートしたろう)

e0034987_06443770.jpg

スナックのママさんこと
叔母ちゃんにとっては

初めての錦帯橋じゃったようで、
わざわざ広島までお呼びしたのは
正解じゃった、

勝手に地元目線で
エエ気分になりました。

e0034987_06450343.jpg

じゃが
この絶景見損ねたおいちゃん、
もったいな~。

わしはラク出来たけど。ふひひ

e0034987_06451126.jpg

さ、ここまで来たからには
向こうまで
渡らん選択なぞありません。

e0034987_06452030.jpg

ていうか
ママんがちゃっかり
岩国城までロープウェイで行ける
コンボチケット手配しとった。

(ママん無しでわしら何が出来よう)

e0034987_06453839.jpg

微笑ましい
老人トリオと歩く錦帯橋が

一生忘れられん思い出になったのも
この絶景!

e0034987_06452998.jpg

街中流れる錦川
ここまで綺麗じゃったとは!

e0034987_06455140.jpg

そして
川沿いを彩る鮮やかピンクに
ため息ばかり。

e0034987_06470746.jpg

もう
吸い込まれそうなるほどの美しさ!

e0034987_06471503.jpg

生きとって良かった‥

橋のド真ん中で
中年鼓動ドキドキさせよったの
昨日のように覚えとる。

e0034987_06472698.jpg

週末ともなると
パーキングも埋め尽くされるの思うと

こうして
お気に入り叔父ちゃん夫婦、そして
スーパーママんと
ゆったり歩けたのは
実に幸いでした。

e0034987_06473600.jpg

じゃが
中高年の桜見散策は
まだ始まったばかり。

岩国ドリーム絶景コースはつづく。

e0034987_06474768.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2019-08-18 08:18 | 2019年里帰り | Comments(6)
2019年 08月 06日

中年の日本帰郷 Vol.20 中高年の暴走ちゃんぽん宴会【パパんその場で潰れる編】


はるばる豊橋から
お気に入り叔父ちゃん夫婦
お迎えし、

e0034987_10451971.jpg

釣れたて鯛と捕れたて猪肉で
更に老人が暴走化した
究極の酒盛り、

どういう経緯で
こうなったか
さすがに覚えてはおらんが

e0034987_10452762.jpg

もうとにかく
陽気な親戚達と今のうち
沢山暴走メモリー造りしとうて

これまで頻繁に会えずにおったの
取り返せとばかりに
ノンストップ呑みバリ最高!

e0034987_10453470.jpg

相変わらず
派手な酔っぱらリアクションで
楽しませてくれたパパンにとっても

e0034987_10454604.jpg

気の会う親戚との
再会祝杯だけに

80歳にして
わしでさえ真似出来ん量
ガブガブやりよる。

e0034987_10455306.jpg

並々注がれた
ちゃんぽん3連発すでにカラ、
更に日本酒独占状態いう有様は

人間離れ、いうより
もはや呆れるレベル。

e0034987_10460252.jpg

まぁ
あっさり出来上がり
変パフォーマンス増える当たり
いちお人間らしさ保っとる模様。

(いらん酔っぱら分析)

e0034987_10461028.jpg

じゃがさすがに
「たいがいにしんさいや」
ママんの雷どっか~んくらい

名残惜しげに
最後の一滴バキューム。

e0034987_10461846.jpg

叔父ちゃん叔母ちゃん用ベッド
パパン部屋に設けたけ

今晩だけリビングの
ソファベッドで
お寝んねすることになったパパん、

e0034987_10462499.jpg

まだわしらが
呑み食いにまだ盛り上がりよる中

その場で寝る体勢なりよるの
皆で大笑い。本人も。

e0034987_10463221.jpg

もっとウケたのは
あっという間に寝こけてしまったパパん。

まるで明るいお通夜のような
セッティングに
久々ヒクヒクなる程笑ったような。
(縁起でもない)

e0034987_10464168.jpg

おちゃめな叔父ちゃんも
潰れたパパんと記念撮影ナイス!

一生もんの
Drunkメモリー、

わしの酒人生に
またひとつ刻まれました。

e0034987_10464974.jpg

こうして
中高年らがガハハハしょうる合間も
ママん孤軍奮闘、

釣れたてチヌが
今度は味噌漬けに!おおお

e0034987_10465787.jpg

事前にこんな
働きよるの知っとりゃ
お手伝いしたのに。

(はぁ4ヶ月前の話なりよるけ
好き勝手言えよる。ハイ退場

e0034987_10470534.jpg

翌日皆で
外泊することなっとったけ
今のうちに
全部小分けしときたいとの事じゃが

e0034987_10472263.jpg

大量の肴フィレ肉を
こうにちゃちゃっと仕込め寄る
ママん技、

わしがいくら努力しようも
敵いません。

e0034987_10471342.jpg

しかも
いつの間にか用意された
混ぜご飯のおにぎり。

脱帽

e0034987_10472904.jpg

中年の日本遠征記、

実はママんの活躍記録
なっとる事に気づくの、
あまりにも遅いか。退場

e0034987_10473695.jpg

翌朝につづく。



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2019-08-06 10:01 | 2019年里帰り | Comments(8)
2019年 07月 29日

中年の日本帰郷 Vol.19 釣れたて肴でちゃんぽん大宴会【暴走おじちゃん加入編】


筏釣りから
ごっそり持ち帰った
釣れたて黒鯛(チヌ)と真鯛ですが

今夜の刺し身になるのが
この二匹。

e0034987_16040070.jpg

さっそく
ママんがテキパキ
捌いてくれよるの
もはや当たり前には思わんどこう。

次からは
わしらが捌き担当らしいけ。
(おいちゃん頑張ってけろ)

e0034987_16041092.jpg

そして盛り付けられた
釣れたてプリプリ!

この晩特に
豪華な肴尽くしじゃったのは

e0034987_16042410.jpg

なんと今回
はるばる愛知県は豊橋から
駆けつけてくれちゃった

お気に入り叔父ちゃんとの
再会祝杯でもあったけ!
(4月7日当時)

e0034987_16043293.jpg

昨年我々中高年が
豊橋訪問した際も

招待して頂いた
浜名湖温泉ホテルで
生涯忘れられんひととき
堪能させて頂いた記憶も新しいが

(昨年のまた出しよる)

e0034987_10534941.jpg

そんな
お気に入り叔父ちゃん夫婦、
今度はぜひ広島に
お呼びしたかったんよ。

カラオケスナックのママさんでもある
叔母ちゃまに至っては
お店休業までして
来てくれただけでなく

e0034987_16044040.jpg

なんと
捕れたてイノシシ肉まで
持って来てくれちゃってから!

うほほ!
肉になった状態の初めてじゃ!

e0034987_16045176.jpg

これも後ほどママん技で
極上つまみになるワケじゃが

とりあえず
叔父ちゃん来て頂いたからには
恒例の被り物用意、

今年は復活祭目前、
いうこともあり

e0034987_16051843.jpg

バニーちゃんになって頂きました。
いやんカワエエ~

e0034987_16050937.jpg

「お尻のポンポンありゃ完璧だに」

懐かしの倉吉弁で
(ママんファミリーの地元)
即ノッてくれる叔父ちゃん
バリ最高~

e0034987_16052849.jpg

その横でパパん、
すでに暴走モード。

e0034987_16053741.jpg

アペタイザーの刺し身頂きよる時点で
すでに酔っぱら顔、
さすがに吹いた。

やれ先が思いやられるわい。

e0034987_16054944.jpg

陽気な叔父ちゃん揃い
呑んべえ密度パワーアップした席で

パパんものっけから絶好調、

e0034987_16060694.jpg

このお爺ちゃんら
いったん呑み出すと
もう誰も止められやしません。

e0034987_16061579.jpg

そんな合間キッチンでは
猪肉がスーパーママんアクションで
実に美味しそうな姿に!

ママん無しで
わしら果たして
やっていけるのでしょうか。

e0034987_16063282.jpg

そのいっぽうで
暴走爺ちゃんら、

肉の出来上がりに備え
いつの間にか用意されとった
赤ワインオープン。

e0034987_16064443.jpg

もう笑いの止まらん
日本酒・ビアー・ワインの
トリプルちゃんぽん、
わしにとっちゃ究極のドリーム宴なんじゃが

こういう呑み方
慣れとらんおいちゃん、
再び翌朝辛い思いすることに。

e0034987_16065241.jpg

そして
とんかつ風に
揚げられたイノシシ肉登場!
ビューティホー!

e0034987_16070082.jpg

さすが捕れたてホヤホヤ、
柔らかジューシーな
ホロホロ肉は感動の旨さ。

e0034987_16071652.jpg

あえて例えるなら
鹿肉にチキンもも肉が混じったような
柔らか食感でしょうか。
(もっと分からんか)

同じく猪肉初のおいちゃんも
「ウマイ!」(日本語で)

e0034987_16070912.jpg

もうここからは
酔っぱら暴走爺ちゃん
呑みたい放題。

e0034987_16072884.jpg

お土産で頂いた
日本酒から
一時も離れようとしません。

e0034987_16073570.jpg

改めて親族集会言うんは
こうに暴走するべき、いうの
地元の村人にも
見せて差し上げたい程じゃが

さすがに
こりゃお手本にはならんか。ふひひ

e0034987_16074692.jpg

さらなる暴走につづく。



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2019-07-29 12:01 | 2019年里帰り | Comments(4)
2019年 07月 22日

中年の日本帰郷 Vol.18 牡蠣筏で念願のチヌ釣り【成果見せびらかし編】


昼過ぎから
釣れる頻度スローダウンしたものの

e0034987_01410379.jpg

チヌに代わって
真鯛が当たりだしてから。

中でも
一番大きいの釣り上げたのが
釣りギャル・じゅんきー様!

キュートな貫禄ポーズは
まるで釣り雑誌のアイドル。

e0034987_01412210.jpg

筏釣りも終盤に入り
最後のドデカい一発出やせんか
期待したものの

結局午後から
チヌ釣っちゃたのは名人のみ。
(たぶん)

e0034987_01413586.jpg

キャプテンが迎えにくるのが
4時じゃったけ
3時半には片付け開始。

チヌ名人の山ぴー先生曰く、
この日は【当たりが渋め】
じゃったらしいが

e0034987_01414388.jpg

朝早い時間に
でかいチヌ釣りあげたぶん

昼からはもう
この文句なし環境で
リラックスモードなれたくらい
わしにとっちゃ大満足。

e0034987_01415084.jpg

そして
お楽しみでもあった
肴お披露目タイム!

e0034987_01415996.jpg

並べた際
2枚のチヌが跳ねた勢いで
海にドボンしてしまいましたが

この量、文句無し!

e0034987_01420732.jpg

自分の釣った
おそらく一番でかいチヌ見る度
未だ溢れるキモい笑み。ふひひ(退場)

釣りギャルじゅんきー様は
真鯛数匹だけキープしてじゃったけ

e0034987_01421609.jpg

わしらのクーラーに投入されよる
大量の肴見ながら
ママん大丈夫じゃろうか、
一瞬苦笑い。

そがな言うなら
自分らでさばけぇですか。

e0034987_01423508.jpg

そして
釣りマニアにはたまらん瞬間、
お魚との撮影セッションに
キャピキャピしよると

e0034987_01424172.jpg

キャプテンのお迎えボート
再び登場。

これにて筏釣り終了~

e0034987_01425155.jpg

大掛かりな荷物運びの後
リターン乗船。

e0034987_01425981.jpg

念願のチヌ釣り上げた
やりきった感と

素晴らしい釣り仲間との
楽しい思い出しか無い牡蠣筏から
離れてしまう寂しさ混じり

帰りはちょっぴり
センチメンタル・クルーズに。

e0034987_01430720.jpg

黄砂の影響で
昼から視界ぼんやりなったのですが

そのぶん
山々のレイヤーが幻想的で
瀬戸内海いうんはいつ見てもええね。
(故郷びいき)

e0034987_01431514.jpg

そして10分もせんうちに
対岸にある奥新渡船到着。

e0034987_01432566.jpg

船からの
荷物おろし作業まで
楽しゅうて。

e0034987_01433283.jpg

もうここから
釣り三昧な老後送れるよう、

今のうちしっかり労働しよう、
本気で思いよる。

e0034987_01434055.jpg

ちなみに
ここでの貝掘りは有料らしい。
ちっ

e0034987_01435963.jpg

いやぁ
こんな忘れられん
釣り体験できたのも

e0034987_01435329.jpg

初対面ながら、
快くお付き合いしてくれちゃった
釣り仲間達のおかげ。

チヌ名人、山ぴー先生に至っては
翌日お仕事に関わらず
岡山から駆けつけてくれちゃって

お礼の言葉尽きません。

e0034987_01442452.jpg

実はかつての
同級生いうのが発覚した
釣りギャル・じゅんきー様との
20数年越しビックリ再会も

紛れも無い
遠征ハイライト。
(またうれげに出しよる)

e0034987_01441528.jpg

フィッシングへの情熱が
導いてくれたこの絆、
一生大切にしよう、決意、

牡蠣筏釣り遠征第2弾
早くも楽しみではあるが
次帰れる目処が… トホホ

e0034987_01440776.jpg

夜の暴走大宴会につづく。



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2019-07-22 14:07 | 2019年里帰り | Comments(4)
2019年 07月 17日

中年の日本帰郷 Vol.17 初の牡蠣筏釣り~今度は真鯛ラッシュ編


いきなり
皆にチヌ掛かり

イケイケモード
漂っとったのですが

e0034987_21333565.jpg

あれから
しばらくスローダウン状態に。

まぁホイホイ釣れる状態なんて
長続きせんのがまた釣り、

気長に間近の牡蠣筏
うっとり眺めよると

e0034987_21364780.jpg

おいちゃんに
またチヌ引っかかったようで

名人と再び
ウホウホ記念撮影。

e0034987_21334727.jpg

故郷の海で
新たな思い出増えてエかったのぉ。

わしが釣ったのより
小ちゃいけ
上から目線でコメント出来よる。
(嫌な性格)

e0034987_21335798.jpg

その後また
ゆる~い時間流れたのですが

e0034987_21340907.jpg

今度はおいちゃん、

旨そうな鯛釣りあげとる!

e0034987_21342872.jpg

もうこの
天然カラーの美しさ、
まるで生きた宝石!

e0034987_21350258.jpg

おいちゃんのごつい手に
すっぽり収まるサイズじゃけ

刺し身より
そのまま塩焼きじゃね。

(エラソげ言う割に人任せ。退場)

e0034987_21351829.jpg

わしらの海で
真鯛まで釣れたの
一生自慢できるのぉ。

(上から目線アゲイン)

e0034987_21352664.jpg

その後
釣りギャルこと
じゅんきー様がなんと
一回り大きい真鯛釣り上げてから!

顔毛おいちゃんの
へなちょこポーズ見た後だけに
可愛さ200倍♡

e0034987_21354595.jpg

いちおわしも
同じ時間帯に真鯛釣った事
ここで強調しておこう。

写真見つかり次第
うれげに載せる予定うひひ。

e0034987_21355326.jpg

この当たりから
徐々に風が強くなり

e0034987_21360367.jpg

肴の当たりも
鈍くなってきたけぇ
お昼休憩することに。

e0034987_21361659.jpg

写真は
カップ麺用のお湯沸かす
チヌ名人と釣りギャル。

e0034987_21362836.jpg

わしらが頂いたのは
ここでも大活躍、ママんのお弁当。

事前に用意してくれた
サンドイッチはもちろん、
冷え切った焼きそばでさえ
美味しゅうて完食。

牡蠣筏ピクニックも
忘れられん瀬戸内メモリー。

e0034987_21363721.jpg

そして
昼からさっそく

おいちゃんフグ釣りよる。皆爆笑

e0034987_21365642.jpg

この時点で
「フグ名人」決定。ぷぷぷー

e0034987_21370375.jpg

まぁなんか釣れただけ
マシな程
ゆっくりな時間流れる中

e0034987_21371129.jpg

ちゃっかり釣り上げとっての
さすがチヌ名人!

写り方も名人級!

e0034987_21371920.jpg

結局昼から釣れたチヌ
この一匹だけでしたが

真鯛サプライズにも恵まれ
文句なし!

e0034987_21372852.jpg

改めて思い返す
夢のようなひとときに
未だ中年心温まりよるが

次回は
キャプテンのお迎えそして
肴見せびらかし編。

e0034987_21373752.jpg

次いつ帰れるんじゃろうか。
(ため息



にほんブログ村 海外生活ブログ


by godeepsouth | 2019-07-17 09:58 | 2019年里帰り | Comments(6)
2019年 07月 11日

中年の日本帰郷 Vol.16 初の牡蠣筏釣り〜チヌ掛かりラッシュ編


釣りサイド
筏の反対側に移動した我々、

e0034987_10114832.jpg

目前の宮島うっとり眺めよると
間もなく
水面下に動きが!!

e0034987_10115592.jpg

なんといきなり
おいちゃんにチヌ掛かったらしゅう
一気に慌しゅうなる中年筏。

e0034987_10120552.jpg

チヌ釣りのプロ、
山ぴー先生の巧みなヘルプもあり
初心者のおいちゃん、
無事リールイン

もう見るからに旨そげな
活きのええプリプリ!

e0034987_10121336.jpg

チヌ釣り名人が
慣れた手つきで針外し、

e0034987_10122282.jpg

おいちゃん念願の
決めポーズ!

長年の
チヌ釣りドリーム叶ったのも
素晴らしき仲間達のおかげ。

e0034987_10124231.jpg

釣り名人は
撮影演出のプロでもあったなんて。

e0034987_10124965.jpg

もう隅々まで
気の利いたサービスしてくれての
たまりません。

e0034987_10125743.jpg

そして
釣りオタクには
欠かせん長さチェック。

e0034987_10130574.jpg

特大サイズでは無いものの
刺し身にするにはじゅうぶん。

(さばき係ママんすまん)

e0034987_10131318.jpg

釣れたのは
筏に設置された
キープ用ネットへ。

e0034987_10132142.jpg

釣りするに最適な環境揃った
牡蠣筏に恵まれとりながら、

日本離れてから
釣りにハマるたぁ勿体な~

e0034987_08295948.jpg

おいちゃんの初チヌで
盛り上がったとこで

今度は釣りギャル、じゅんきー様にも
ええ当たり出てから!

e0034987_10132914.jpg

慣れた手つきで
ささっと針抜きしとってのさすが!

e0034987_10134706.jpg

ここまでの
ハイレベル釣りギャルになれるよう
わしも修行続けにゃいけん。

e0034987_10133605.jpg

そしておいちゃんとわしに比べ
遥かに見栄えのええ
キュートなお披露目ポーズ

釣りギャルパワーばり最高!

e0034987_10135510.jpg

そして間も無く
チヌ名人、2匹目ゲット!

e0034987_10140489.jpg

まだデカイの釣り上げとらんの
わしだけいう、
(4年前のアラスカ鮭釣り遠征でも
そうでしたが)

変なプレッシャー
感じ始めたその時

キター!
しかも普通よりかなりデカめ!うひゃひゃ

e0034987_10141264.jpg

もうとにかく逃さんよう
歯ぁ食いしばり
凄い顔して釣り上げたのは覚えとる。

山ぴー先生が
すばやくネットですくっくれたおかげで

おそらく
一番デカイのであろう
見せびらかし写真撮影成功!うひひ

e0034987_10142758.jpg

いっちょ前に
持ちあげてみましたが
この充実の重さ!たまらん!

そりゃ顔崩れるわいね。
(はぁ崩れかけとるが)

体長46cmは(確か)
じゅうぶん自慢できるサイズ、らしく
諦めず戦った甲斐はあった。

e0034987_10141950.jpg

こうして記事の最後に
自分のエエとこ披露する
都合の良さ。ふひひ(退場)

釣り開始2時間以内で
皆にチヌ掛かり、
今日は当たり日かもしれんね~

e0034987_10143747.jpg

いうて
当時はキャピキャピしよれた。

その後の
時間が長う感じられたのは
なんでじゃろう。(すでにネタばれ?)

でもこの絶景、文句無し!

e0034987_10144464.jpg

(つづく



にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2019-07-11 08:55 | 2019年里帰り | Comments(6)
2019年 07月 06日

中年の日本帰郷 Vol.15 牡蠣筏で初のチヌ釣り【ずっこけスタート編】


筏釣りのプロこと、
山ぴー先生のご指導のおかげで

餌団子落としおびき寄せる
フカセ釣りの基本習った我々、

e0034987_03471197.jpg

ぎこちないながらも
さっそく実践開始、(4月7日当時)

狙いは
牡蠣筏の真下潜んどるであろう
美味しいチヌちゃんですが

e0034987_03515267.jpg

このメンバーで
最初に「当たり」が来たのは
まさかのおいちゃん、

e0034987_03454206.jpg

いきなりのエエ手応えに
おいちゃん張り切って
リールインするも

山ぴー先生なぜかケラケラ、

e0034987_06053707.jpg

それもそのハズ、
「フグじゃフグ」

わしら爆笑
おいちゃんガクーン。

e0034987_03521323.jpg

思やぁ約5年前、
絶景波止場で初めて釣ったのも
フグでわろうたが

初の筏釣りでも
念願の一匹目が
「ブヒっ」

e0034987_03522160.jpg

釣り人おちょくるような
間抜けな音発するけ
余計にくせ者イメージ強いんじゃが
(カワエエ顔して)

あれからおいちゃん
フグ釣り名人、
いう肩書付くことに。ぷぷ

e0034987_03522826.jpg

いきなりのフグに
和やかな雰囲気となった
我々の牡蠣筏ですが

キター!

e0034987_03524565.jpg

山ぴー先生曰く
もう当たった感じで
チヌじゃ分かるらしい。

慣れた手付きでネットに捕獲、

e0034987_06103777.jpg

キープするには
充分の大きさらしい
釣れたて初撮影!

さすがチヌ釣り名人、
エエお顔しとってじゃねぇ。

e0034987_06145749.jpg

構えポーズまで
極め取ってのさすがじゃ。

e0034987_03525290.jpg

しかも
名前入り専用釣りチェアー
ツボった。

e0034987_03530745.jpg

さすが
数々のチヌ釣りトーナメント
出場されとってのもあり

釣りグッズも自分流に極めとっての
かっこええ~

e0034987_03531692.jpg

わしが極めとる事いうたら
呑めん場でいかにして
コソ呑みするか、ぐらい。(聞いとりゃせんか)

e0034987_03535077.jpg

一時間くらい釣りしたとこで
珈琲ブレーク。

山ぴー先生
釣りだけで無し、

e0034987_03540186.jpg

慣れた手付きでガスバーナー扱う
牡蠣筏の珈琲職人、そして
バリスタでもあったとは。

アメリカから持ち帰った
スタバのインスタント珈琲
皆で頂きましたが

e0034987_03541395.jpg

たまにしか飲まんスターバックス珈琲が
(ダンキン派でもあるけ)
格別に美味しかったのも

素晴らしい釣り仲間達と
この忘れられん瞬間
シェアできたけえ。

e0034987_03545730.jpg

しかも
筏に浮かびながら、いう
日本でしか体験できん
このユニーク・セッティング、

未だ地元村の釣りフレンズに
写真見せびらかしちゃ
自慢しまくりよる。

e0034987_03550972.jpg

その合間
同級生の釣りギャルことじゅんきー様は
アメリカ土産写真撮影。

チョコレートだのスナックだの
ありきたりのばかりで失礼しました。

e0034987_04025092.jpg

初対面思いきや、
実は初対面じゃなかったのが
判明したのもあり、

珈琲囲んでの座談会が
もう楽しゅうて
釣り来たの一瞬忘れるほどでしたが

e0034987_04030213.jpg

皆にチヌ釣れるまで
帰りのボートに乗れやしません。

休憩後はこの場所から
反対側へ移動、
さらなるチャレンジに挑む事に。

e0034987_04031624.jpg

ちなみに
わしの念願の一匹目は
なんと海タナゴ!もちろんキープ。

おいちゃんがフグ釣って
ずっこけた後だけに
この心地ええ優越感。ふひひ(退場)

e0034987_04033168.jpg

さ、次回は
宮島目前に迫る別サイドから
チヌ狙いうち!

e0034987_03552086.jpg

フグとの葛藤もつづく。




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2019-07-06 07:04 | 2019年里帰り | Comments(6)
2019年 07月 01日

中年の日本帰郷 Vol.14 瀬戸内海で初の筏釣り【出陣編】


事前に用意してくれとった
ママん弁当積み、

朝早いに関わらず
快くアッシー引き受けてくれたパパん号で
いよいよ遠征出陣!

(4月7日)
e0034987_21515565.jpg

実は今年入ってすぐ
どツボな瀬戸内海釣りブログ発見、

しかも地元出身ギャル、いうのもあり
連絡せずにはおれんかった
新たな釣り仲間が

わしらにとって初の筏釣り
ご一緒してくれることになり、

e0034987_22150516.jpg

数ヶ月前から
ワクワクそわそわしよったんよ。

30分走ったとこで
釣り仲間との待ち合わせ場所
「奥新渡船」到着!

e0034987_22151524.jpg

ここからキャプテンの船で
牡蠣筏へ向かうんじゃが

(宮浜温泉のすぐそば)



ブログでのやり取りを経て
ようやくお会いできた
今回の「釣り仲間」

e0034987_22152784.jpg

筏釣りプラン&渡船手配してくれちゃった
釣りギャルブログの主
「じゅんきー」様、

そして海釣りこの道30年以上の
大ベテランでいらっしゃる
山ぴー先生こと山下先生。

この日の為にわざわざ岡山から
かけつけてくれちゃって
なんてお礼をば‥

e0034987_22153837.jpg

じゅんきー様も
海釣り経験豊富でいらして
初心者に嬉しい情報満載ブログには
どれ程助けられたか。

そんなキュートな釣りギャルが
故郷に存在しただけで
ウキウキじゃのに

e0034987_22154945.jpg

なんとじゅんきー様と
同い歳、しかも
同じ中高通っとった事が発覚!そんなバナナ

まさかの偶然に
アゴ外れかけましたが

e0034987_22162257.jpg

彼女曰く
なんか見たことある顔じゃったらしい。

本名聞いたらおぼろげながら
記憶ある名前じゃったけ

それで初対面なのに
初対面じゃない気がしたんじゃね。

e0034987_22163074.jpg

いやぁ当時クラス違ったとは言え
まさかの同級生と
数十年越しの再会とか

もういきなりのサプライズ連続に
釣りする以前から
うほうほテンション隠せません。

歳重ねど
お互い当時から変わっとらん、
てことじゃね。うひゃひゃ

e0034987_22160035.jpg

釣り好きじゃったおかげで
凄い偶然にも恵まれ、

今回の遠征、
我釣り人生で一大ハイライトになるの確信、

e0034987_22161419.jpg

しかもボートから
初めて眺めるビューティホー牡蠣筏に
感激しっぱなし。

e0034987_22163995.jpg

宮島行きフェリーからは
決して堪能できん光景だけに

(すぐ向こうに見えるは宮島)

e0034987_22164841.jpg

穏やかで美しい
故郷の海、

夢見心地で撮りまくりました。

e0034987_22165905.jpg

そして奥新渡船から
10分足らず、

我々の釣り場となる
牡蠣筏が目前に!キャー

e0034987_22171077.jpg

屋根付きだけで無し
簡易トイレまであるの、
どれ程安心したことか。

e0034987_22171873.jpg

そして海釣りベテランの
山ぴー先生が

わしら初心者の為に
チヌ釣り専用釣りギアーから餌まで
全て用意してくれちゃって、
お礼の言葉足りません。

e0034987_22172731.jpg

こうして
筏上陸したのが朝7時25分、

キャプテンのお迎えは
午後4時とのことで

これから
8時間に渡るウキウキ筏釣り、
夢じゃ無かったんよね。

e0034987_22173568.jpg

これも
素晴らしい釣り仲間に
恵まれたおかげなの、決して忘れるまい。

わしが歓喜に浸っとる合間
さっそくプロによる
餌の仕込み。

e0034987_22174717.jpg

これは「団子」にする用
配合作業なのですが

プロの仕込み技、
しっかり密着しておこ
思いながら

どがな餌つこうたか
はぁ忘れちまった。

e0034987_22175603.jpg

わしらにとって
初めて尽くしなのに

慣れた手順での
連携プレーには終始感心。

e0034987_22180597.jpg

パウダー状の餌に
少しづつ海水加え
団子にしやすいペースト状に。

(忘れんよう記録しとかねば)

e0034987_22181650.jpg

こうしてプロ仕様の
チヌ釣りセットアップ完了!

e0034987_22182867.jpg

こんな素晴らしい環境で
一日中釣り堪能とか、

やっぱ毎年帰りとうなるよね。

e0034987_22183977.jpg

スーパー釣りギャル、じゅんきー様が
慣れた手付きで
ロッド扱いよっての中

e0034987_22192342.jpg

初心者のわしらは
山ぴー先生から
まずは竿の握り方教わりました。

e0034987_22191008.jpg

そして
今回我々初めてトライする
フカセ釣りの基本も
丁寧に説明してくれちゃって。

e0034987_22195142.jpg

これも忘れんよう
写真として記録。

小海老付けた針を
配合した餌ペーストで包み
(おむすび作るように)

団子状にしたのを
オタマみたいなのに乗っけ
ゆっくり落とす。

e0034987_22194329.jpg

団子が底に落ちパカっと割れたら
ラインちょっと引き

そのままだら~んさせた状態で
当たりを待つ。

水に溶けてくの全て餌になるけ
魚がより集まるとか。

e0034987_22200068.jpg

山ぴー先生の
丁寧な手ほどきのおかげで

フカセ釣りという
新たな釣り法学んだ我々、

e0034987_22193336.jpg

いよいよ待ちに待った
本格チヌ釣り体勢に!

e0034987_22202385.jpg

素晴らしき釣り仲間に恵まれた
人生初の筏釣り、

果たして
成果は出るのでしょうか。

e0034987_22203762.jpg

肴との格闘につづく。




にほんブログ村 海外生活ブログ

by godeepsouth | 2019-07-01 23:56 | 2019年里帰り | Comments(6)